「ISO9001を土木・建築・舗装分野で認証している会社に所属するものです。総務部(4人)の部署品質目標をたてるのに、苦労しております。

前年度の目標は『購買を把握して、支払いの遅れ 0』です。
もっと、気の利いた目標にしたいです。
何かいい目標をたててください。
人に頼む事ではないことは、重々承知しておりますが、宜しくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/07/26 19:19:00
  • 終了:--

回答(1件)

id:Massartosh No.1

Massartosh回答回数126ベストアンサー獲得回数22005/07/27 09:02:24

ポイント40pt

http://www.janis.or.jp/users/chicoi

清水匡杜士トップページ

私はISO9001導入のコンサルで審査員登録もしています。

品質目標のことと思いますが、総務部の品質目標は単独に設定するものではありません。方針のブレイクダウンとして設定されなければ、システムではなくなってしまいます。あくまでも品質システムの中における品質目標ですから、品質方針のブレイクダウンでなければなりません。

つまり、上位の方針、すなわち品質方針を総務部にブレイクダウンした品質目標でなければならないということです。そのためには、貴方の会社の経営理念、企業目的、5年後のビジョン、経営計画を理解し、その上で品質方針がなぜそのように定められたかを理解したうえでないと、総務部の品質目標は設定できません。これはどの部署の目標も同じです。

ISO9001では、品質目標しか文書化を要求していませんから、企業目的やビジョンが文書になっていない企業もよくあります。これは目先の認証取得だけを考え、経営の手段としてISO9001を考えなかった証拠です。形だけ整えれば良いという形式主義の取得で、実効はありません。

貴方の会社の総務部が目標の設定に苦慮しているということは、企業目的が明確ではないのではありませんか。明確ならその目的達成のために総務部は何をすべきかを考えれば自ずと課題と目標は見えてきます。気の利いた目標ではなく、企業目的を達成するための総務部の目標と考えるべきです。それは課題であり、スローガンでもあります。総務部の役割と機能の再定義でもあります。

貴方の会社はISO9001の社員教育をやり直すことと、企業目的を明確にして社員に理解させることが先決のように思えます。企業目的とは、貴方の会社が社会にどんな価値を創造しようとしているかという、組織の目的の定義であり、年商いくらという売上目標ではありません。

id:suzufumi

有難うございます。おっしゃる通りです。

2005/07/27 10:21:45

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません