今から大分前の話なのですがあるスポーツをしていて、下手くそで散々馬鹿にされました。体力的なハンデキャップ(つまり基礎体力)さえつければ自分は上達できると固く信じて場所(部からジム)を変えたら見違えるほど上達したのですが、今だにトラウマになっています。自分の気持ちの鎮め方をご教授願えないでしょうか。似たような経験ある方いませんか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/08/04 23:57:54
  • 終了:--

回答(9件)

id:tkyktkyk No.1

tkyktkyk回答回数2183ベストアンサー獲得回数252005/08/05 00:18:43

ポイント12pt

http://sundywind.hp.infoseek.co.jp/takigyou.html

���s�|�֓��E�_�ސ��E�[���̑��E���s�E�������傤�E���C�s�E�_�C�G�b�g�E���_�b�B�E�����̑�

リヴェンヂとして、新しく何かスポーツを始めてみるのが一番かと思います。

やはり、かつてできなかったことができるというのはトラウマの払拭に直結すると思いますので…。

が、此処では別の鎮め方を。


夏ですし、瀧行などいかがでしょう。

頭と身体が静まれば、心も平然としてくるはずです。

id:takay

できなかったスポーツ以外で人並みにこなせるスポーツは2、3あります。馬鹿にする方は他に特に何かできるというわけではありませんでした。僕は自分が人並みにできることが他人ができなくても何とも思わないのですが。

2005/08/05 00:23:10
id:nob0726 No.2

n回答回数290ベストアンサー獲得回数32005/08/05 00:19:39

ポイント12pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/ピグマリオン効果:detail]

例えばtakayさんの場合、周囲が馬鹿にする(低い評価)を与えたために上達しなかったのだと思います。しかし、もしも周囲が応援してくれれば、劣等感を抱かず、上達したと思います。(ピグマリオン効果によるもの)

私も似たような経験がありますが、ポジティブに考え、失敗を恐れずチャレンジすると周囲も変わり自信がついてきたのを覚えてます。takayさんも、ジムで頑張ったのをプラスに考え、自信をもってください。あなたではなく周囲の環境がいけなかったんです。それを打破しようとしてジムへ行った自分自身を誉めてあげると楽になると思います。

id:takay

馬鹿にする環境にいたということも上達しなかった要因のひとつではあるのですが、基礎体力というのは簡単にはつかないのです。(時間がかかる。)

2005/08/05 00:25:29
id:borin No.3

borin回答回数2053ベストアンサー獲得回数02005/08/05 00:43:37

ポイント12pt

URLはダミーです。


上手じゃなかった貴方がジムなどに通って上達したことは十分ほめられることです。

それを自信にしてそのスポーツを続けてみたらどうでしょうか?

馬鹿にした相手を見返してやるのもいいと思いますよ(^0^)

ただこのままやめてしまうにはもったいないような気がします。


馬鹿にされても頑張れる精神力は十分貴方の能力だと思うので、

それを別のスポーツに、別のことにもいかしてこれから人にほめられるようになっていったらいいと思います。


あせることはありません。

ゆっくり”貴方”を作っていったらいい。

貴方なら、きっとやれるよ。

頑張ってください。

id:takay

どうもありがとうございました。

2005/08/05 07:13:42
id:mori-no-kumasan No.4

mori-no-kumasan回答回数47ベストアンサー獲得回数02005/08/05 00:50:42

ポイント15pt

元X-JAPANのToshiのサイトです。ロングインタビューが参考になると思います。

僕は、小さい頃から、運動音痴と散々馬鹿にされて育ってきました。社会人になって自分の収入が入るようになってから、ジムに通い、水泳をやり、逆三角形の体型を作り、力瘤がでるようにしました。でも、ずっと馬鹿にされてきたことが許せませんした。で、どうしたかというと、トラウマになっていることをなくそうとすることよりも、無くならないんだということを受け入れる方法を取り入れました。「劣っていていい」「ダメでいい」って自分に言ってやるのです。要は劣っているとか、ダメとかって観念でしかなくって、評価しているだけに過ぎないんです。だからそのことで劣等することもないし、自惚れることも滑稽なことなんだなぁと、そこから自分の行為・考えを見てみることですね。そうするとアホらしくなってきてしまい、やめたくなってきます。

でもね、例えば、この質問のように気持ちを鎮めよう、鎮めようとしても、そのことが野心になっていると、気持ちが鎮まらないので、結局堂々巡りになってしまうんだ。だから、上達したのも、結局馬鹿にされたことからの野心だったってことに気づいて、どうでもいいやぁ~と思うことが、一番の気持ちの鎮め方だと思いますがいかがででしょうか?

id:takay

とても面白い考え方だと思います。

2005/08/05 07:15:02
id:jstand No.5

jstand回答回数158ベストアンサー獲得回数72005/08/05 00:51:58

ポイント12pt

http://www.hatena.ne.jp/1123167474#

人力検索はてな - 今から大分前の話なのですがあるスポーツをしていて、下手くそで散々馬鹿にされました。体力的なハンデキャップ(つまり基礎体力)さえつければ自分は上達できると固く信じ..

私も子どものころスポーツが全く出来なくて、苦労しました。

最近昔の友達で集まってスポーツをする機会があったのですが、久しぶりにやってみると、自分のほうが上手くなっていて、自信になりました。

なので、そのトラウマになったスポーツをその時に近いメンバーでやって、活躍すれば、きっとトラウマを解消できるのではないでしょうか?

その時のメンバーを集めるのは難しいと思いますが、その頃から付き合いのある人とそのスポーツをやることでも効果はあると思います。

id:takay

残念ながらそういう機会はつくれそうにありません。馬鹿にした方も随分子供だなと思うのですがどうおもいますか。

2005/08/05 07:18:31
id:pino0223 No.6

pino0223回答回数86ベストアンサー獲得回数22005/08/05 10:43:48

ポイント12pt

↑URLはダミーです。


私はすごく運動音痴です。私の周りに居る人たちはかなりのスポーツマン達ばかりで一緒にスポーツをすると差をつけられてしまいには一緒に試合等をやって貰えなくなってしまいます。でも気にしていませんよ。スポーツとは試合をしていい点数を取ったり勝ったりする事だけが目的ではなく自分が楽しむ、汗をかく事などが大切だと思っていますから。


スキーをすべりに行った時勿論のごとく私が一番滑れなくて周りの友達はどんどん先に行ってしまいました。ゆっくり滑っていたら一人の友達が言いました。「うまい下手が大切ではなく今自分が楽しいかが大切なんだからゆっくり滑ってきな」とその通りだと思います。


TAKAYさんがあるスポーツで馬鹿にされたといいましたがすべてのスポーツができないわけでもないでしょうしスポーツ以外の点で馬鹿にした彼らに勝っている点が必ずあると思います。そのスポーツにこだわる事はないんじゃないですか?


「俺、このスポーツだけはだめなんだよなあ」位言っちゃえ!(笑)

id:takay

どうも有り難うございました。

2005/08/05 10:48:26
id:katakatayama No.7

katakatayama回答回数11ベストアンサー獲得回数02005/08/05 14:08:36

ポイント15pt

場所(ジム)を変えたことで上達したとありますが、前の部でバカにされた悔しさをバネにしたことが上達につながったと考えてみてはどうでしょうか。あなたをバカにした人たちはあなたの「肥やし」になったのではないかと思います。


ボクも子供の頃、野球部にいてへたくそで、かなりバカにされてました。監督からは「野球部の癌」とさえ言われました。その後、陸上部に移ってからマラソン大会で1位になったのですが、悔しさをバネにしたというのがあったと思います。(参考までに上記URLにそのことをコラムにしています。)

id:takay

どうも有り難うございました。

2005/08/05 15:57:08
id:crimson8492 No.8

crimson8492回答回数6ベストアンサー獲得回数02005/08/05 14:13:03

ポイント15pt

URLはダミーです。


takayさんの経験は貴重な経験だと思います。

その経験を回りの人に伝えてあげることで

同じ成功体験をする人を増やして、同じ悲しみをもつ人を減らしてはいかがでしょうか?


人に馬鹿にされるレベルだったことを、自分自身の努力で自分の誇りとすることができるようになった人ってどれだけいるのでしょうか?

また、そういう経験ができた人はとても幸せなことだと思います。


takayさんが、スポーツに限らず、「できない人を馬鹿にすることは愚かなことだ」「何事も努力すれば必ず上達するはずだ」ということを

ご自身の体験をもとに、いろんな方に伝えて、その人たちの喜ぶ姿をみることで心が豊かになるのではないのでしょうか?


takayさんが、もはやtakayさんを馬鹿にした人に対しては、見返すことはできなかったとしても

takayさんと同じように、できなかったことができるようになった人が増えることは素晴らしいことだと思います。


takayさんがどれだけのトラウマを抱えてらっしゃるのかわからずに

勝手に書いておりますが、「誰かを見返す」や「自分に自信をもつ」方向以外に、「自分と出会ったことで、幸せになった人たちが増えた」とお考えになられることも1つだと思います。

id:takay

どうも有り難うございました。何か一つできても他のことができるとは限らないと思います。野球ができてもサッカーができるとは限らないし、そういうことは20歳過ぎれば判りそうなものです。でもある集団でできないことはあまり芳しくないのでしょうか。

2005/08/12 05:25:22
id:crimson8492 No.9

crimson8492回答回数6ベストアンサー獲得回数02005/08/08 19:38:39

ポイント15pt

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/14/09/020911.htm

人間力戦略ビジョン新しい時代を切り拓くたくましい日本人の育成〜画一から自立と創造へ〜

ご回答に対する私の意見ですのでポイントは結構です。


ご指摘の、「ある集団でできないことはあまり芳しくないのでしょうか。」に対する私の意見ですが

「そんなことはない」です。


勝ち負けにこだわる組織(部でもいいでしょう)の場合でも

そもそも、本来の目的は「勝つことこそが至上命題」ではないはずです。

プロ野球、プロサッカーの場合でも、優勝は重要でしょうがそれよりも

チームとして収益をあげること・企業の宣伝効果こそが至上命題でしょう。


学校(部)の場合は、優勝することの目的は宣伝行為+知名度アップというオマケでしょう。

本来の目的は、人間的成長のはずです。


できない人を馬鹿にする人がいるような部は、本来の目的を達成できていないと思いますし

その部の指導者が、彼を指導することこそが本筋でしょう。

そのような心を無くした勝利至上主義では、いくら強かろうといずれ衰退するでしょう。


katakatayamaさんのご回答の中にもありましたが

「野球部の癌」とか言うその監督は一度でも優勝できなかった場合、即辞めるべきです。

そんな監督は指導者失格であり、人格的にも幼稚で視野が狭いと思います。

指導目的ではなく、本気でそんなことを言ってるのであれば

「はじめからスーパースターを推薦で入学させろ」です。

苦手な人を入部させる仕組みがある時点で破綻しています。


スポーツ以外の場合において「できないことはあまり芳しくない」ケースですが

一見、仕事の現場ではそのようなケースが考えられるかもしれません。

しかし、仕事の現場では人を育てることが組織のミッションとされるほうが多く

採用した人を辞めさせるのは社会的には「上司の指導力に問題あり」とされます。

つまり、できないこと自体は悪くないのです。

(一方で、人を育てることも高度な能力ではありますが。)


また、「20歳過ぎれば判りそうなものです」に対しての回答ですが

20歳過ぎてもわからない人はたくさんいるのではないでしょうか?

ただそのような人は、私の知る限り、もれなく不幸で気の毒な人生です。


なるべく正論を述べたつもりです。

でも、個人的感情では

能力で人を見下す人間自体、存在価値がない気の毒な人達だと思っています。

id:takay

ご立派な回答であると思います。共感致します。

2005/08/12 05:25:32

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません