新会社法についての質問です。

株式譲渡制限会社においては取締役会を置かないことができるようですが、この場合、取締役を複数選任した場合、代表取締役の選任はどのようにして行うのでしょうか?
複数の取締役を選任した時点で取締役会が必要になるのでしょうか?
また取締役を1名のみ選任した場合代表取締役を名乗ることはできるのでしょうか?
肩書きに代表がついているのとついていないのでは大きな違いだと思うのですが。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/08/08 10:12:29
  • 終了:--

回答(1件)

id:tomoki_u No.1

tomoki_u回答回数48ベストアンサー獲得回数02005/08/08 11:01:29

ポイント100pt

ここのURLに一部説明があります。

複数の取締役を置く場合、各取締役が会社を代表することになる(会社法349Ⅱ)

ただし定款の定めに基づく取締役の互選、株主総会の決議によって一部の取締役を代表すべき取締役とすることも可能(会社法349Ⅲ)

公開会社でなければ、取締役会の設置は任意。監査役会を置く場合、委員会を置く場合には、取締役会の設置は必須。

取締役会を置く会社の取締役の員数は、1人でOK(会社法326Ⅰ)。


とのことです。

id:Sprint

ありがとうございます。

定款に定めれば言い訳ですね。

すっきりしました!

2005/08/08 11:43:34
  • id:haltake
    ”代表取締役”の肩書きについて

    恐らく、取締役会を置かない場合で取締役1名の場合、及び複数でその全員が代表権を持つ場合には、登記簿上は”代表取締役”ではなく単に”取締役”となると思われます。(現在の有限会社の場合の取り扱いがそうです)しかし、代表権を持っていることにはちがいありませんから、官公庁への申請書のような公的なものでは正式に記載すべきでしょうが、その他一般の契約書等では代表取締役と記載して差し支えないでしょう。また、現在の実務上もそうされています。
  • id:newmemo
    取締役会を設置した場合、取締役は3人以上必要です。

    > 取締役会を置く会社の取締役の員数は、1人でたります(会社法326Ⅰ)。

    明らかな間違いです。

    会社法第326条第1項は、取締役をおかなければならないと規定しているだけです。

    > (株主総会以外の機関の設置)
    > 第三百二十六条  株式会社には、一人又は二人以上の取締役を置かなければならない。

    会社法第331条第4項において、取締役会を設置した場合は、取締役の人数は3人以上でなければならないと規定されています。全く新規に法律を作成する訳ですから、見出しが「取締役の資格等」となっている第331条にちょこっとおくことが不親切だと思います。第327条若しくは第362条に規定しておけば間違いにくいでしょうね。

    > (取締役の資格等)
    > 第三百三十一条  次に掲げる者は、取締役となることができない。
    > 4  取締役会設置会社においては、取締役は、三人以上でなければならない。

    http://law.e-gov.go.jp/announce/H17HO086.html

    商法と会社法の橋渡しをする整備法第76条第2項も注意しておかなければなりません。現行の株式会社は、取締役会を設置してあるものとみなされます。

    > (株式会社の定款の記載等に関する経過措置)
    > 第七十六条
    (第1項中略)
    > 2  新株式会社(委員会設置会社を除く。)の定款には、取締役会及び監査役を置く旨の定めがあるものとみなす。

    http://law.e-gov.go.jp/announce/H17HO087.html

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません