衆院解散記念第2弾あなたは郵便局がなくなったら生活に困りますか?

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2005/08/08 22:50:45
  • 終了:--

回答(1000 / 0件)

Q01(択一)

なくなったら生活出来ません118
なくても生活は出来るけど不便にはなる624
なくてもそれほど困らない188
なくてもまった影響がない70
合計1000

集計

×
  • id:myogab
    私は無くなっても困らないけれど…

    死活問題である人がいる事を考えると、そんな理由で賛否を測ろうという態度には疑問を感じます。
  • id:YasudaS
    困るのは...

    完全に無くなるのであれば、誰も使わないので、誰も郵便やら郵便振替やらを使うこともないで、送られてくることもないので、それほど困らないと思うんだよね。経営が成り立つのであれば、民業で代替サービスも出来るし、経営が成り立たないもので無理をされても、高くて使えないので、問題はない。

    問題は一部残って、使う人がいる時だと思うよ。「郵便で送ってくれ」「郵便振替してくれ」とか「局留めにしたから」とかやられると、郵便局が残っていない地域の人は不便だよね。

    郵便局程度のサービスで経済的に成り立たないモノを無理して維持する必要はないし、そんなものにぶら下がって死活問題とか抜かしている奴は、ちゃんとした仕事につけってことで、よいわけです。
  • id:masshie
    まさか!

    アンケートは当たり障りのない内容であるべきだと?
  • id:toshi_nishida
    離島

    http://phonebook.yahoo.co.jp/a146/g106/g20060/g30529000/townlist.html
    鹿児島県十島村三島村の運送業者

    http://phonebook.yahoo.co.jp/a146/g106/g20140/g30537000/townlist.html
    鹿児島県十島村三島村の宅配業者

    http://phonebook.yahoo.co.jp/list?a2=46304&g3=8904900
    鹿児島県十島村の郵便局

    http://phonebook.yahoo.co.jp/list?a2=46303&g3=8904900
    鹿児島県三島村の郵便局

    http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=29.38.17.935&el=129.42.53.051&la=1&fi=1&prem=0&sc=8
    鹿児島県十島村

    http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=30.49.50.733&el=129.55.45.491&la=1&fi=1&prem=0&sc=8
    鹿児島県三島村
  • id:kamisama
    無くなって

    困る人のところの郵便局こそ、真っ先に無くなりそうなんだよね。
    民営化した場合。
  • id:uerin
    (投稿者削除)

  • id:myogab
    Re:まさか!まさか?!

    >アンケートは当たり障りのない内容であるべきだと?
    …は、私は考えてません。どうかと思う人と、それすら気付かない人がいるだけです。私は順当に指摘しただけなので。保管行為・両論併記とでも受け取って下さい。

    cf.領土問題と過疎地帯策
    http://blog.livedoor.jp/myogab/archives/27219739.html
  • id:Sprint
    Re:私は無くなっても困らないけれど…

    田舎の方では公共工事が重要な産業になっていて、それで喰っているひとがいっぱいいた。
    でも公共工事は削減につぐ削減で多くの建設会社が廃業したり潰れたりしている。
    私の町でも郡部の人たちは競争に勝ち抜くために田畑を売って建設業をやっている。
    これは死活問題じゃないのだろうか?
    十分に地方の雇用に議論された末に行われたことなのだろうか?
    その結果死者の出ている結果をどう考えるのだろうか?
    しかし小さな政府を実現しないと日本国は駄目になるだろう。
    そのために小泉さんは国民に痛みに耐えることを求め
    我々は小泉さんを支持したのではないだろうか。

    私が知りたいのは、今回の問題の本質を隠す為に国民に向けて情報操作している人たちがいってることが事実かどうか、という点。
    私は郵便局に年に1度行くか行かないかの人間なので実際郵便局を使っている人がどれくらいいるか知りたかった、それだけです。

  • id:yasukana
    Re(2):私は無くなっても困らないけれど…

    >田舎の方では公共工事が重要な産業になっていて、それで喰っているひとがいっぱいいた。
    >でも公共工事は削減につぐ削減で多くの建設会社が廃業したり潰れたりしている。
    >私の町でも郡部の人たちは競争に勝ち抜くために田畑を売って建設業をやっている。
    >これは死活問題じゃないのだろうか?
    公共事業は景気対策として行われて来ましたが、
    本来、必要性の無い物を採算を無視して作る公共事業には
    無くなってもらうほうが国民の為になります。
    国が国外で事業を行い、あふれんばかりの利益を出しているなら、
    国内の公共事業で金をばら撒く意味もありますが、
    自分の出した金で、無駄な物を作って他の人の財布に入れたところで、
    無駄な物の原価分と維持費分だけ、無駄が生じている事になるのです。


    >十分に地方の雇用に議論された末に行われたことなのだろうか?
    地方の雇用を公共事業だけで何とかしようと言う考えが良くないのです。
    企業であれば花形産業であっても、採算が取れなくなれば、事業は売却されるか
    撤退するしかありません。
    地方であっても、その地方の産業に問題があるなら、生半可な延命措置より、
    新しい産業に栄養を分ける事のほうが重要なのです。



    >その結果死者の出ている結果をどう考えるのだろうか?
    どんな死者でしょう。
    バブルが崩壊した時も沢山の経営者が首を吊りました。



    >しかし小さな政府を実現しないと日本国は駄目になるだろう。
    >そのために小泉さんは国民に痛みに耐えることを求め
    >我々は小泉さんを支持したのではないだろうか。
    その通りですね。

    >
    >私が知りたいのは、今回の問題の本質を隠す為に国民に向けて情報操作している人たちがいってることが事実かどうか、という点。
    いつの時代も、どんな些細な事件でも、それが意図していなくても、常に情報は操作されています。
    かならず報道している側の意図が含まれるのです。
    それは学級新聞だろうが、国連の報告書だろうが同じ事です。
    本質は常に隠されます。今回は特に権力を持った人間の損失が絡んでいるので騒音がうるさいです。
    ポイントは「権力を持った人間が損失を出す時、世の中はうるさくなる」と言う事です。
    なぜうるさくなるのか、本質を見えなくさせるためです。
    >私は郵便局に年に1度行くか行かないかの人間なので実際郵便局を使っている人がどれくらいいるか知りたかった、それだけです。
    百年以上も前に作られたサービスが現在に生きているだけでもすごい事です。
    その意味でも見直しするべき所に来ているのは間違いの無い事です。
  • id:todo_todo
    Re(3):私は無くなっても困らないけれど…

    なぜ、社会保険庁は、これほど金を無駄使いしても一人も死刑にならないのだろう。
    なぜ、国や地方自治体は、意味もなく豪華なパンフレットを作るのだろう。
    なぜ、道路公団は、身内ばかりで取引するのだろう。そしてなぜ、責任を追及されないのだろう。

    小泉は痛みを求めたというヒトがいるが、本当に痛んだのは、元々上記のような私物化の被害を蒙っていたほうの人々であり、私物化していた側は今でもそれほど傷んではいない。

    小泉でなければできないというヒトもいるが、電電も国鉄も民営化されたし、省庁の再編も行われた。議員定数の削減だって小泉以外で行うことができる。

    小泉の話を聞いていると、
    ・郵政改革の必要性は他の政党もわかっているのに、それには触れないで、「抵抗勢力」「改革反対派」であるという印象だけを与えようとしている。
    ・なぜ今、議論を尽くさないで法案を通す必要があるのかを決して説明しない。
    ことに気づく。

    所詮都会育ちの小泉に、子どもに送金するには郵便局を使うしか手段がなかったり、最寄の郵便ポストまで1キロメートルもあるような地域の実情はわからないだろうと思う。高齢化し、運転免許証を返却したら、地域に郵便局がなくなった場合、もうどうにもならなくなる。

    国鉄民営化でも過疎地域の多くは切り捨てられた。田舎はより多くの公共投資を得ているというが、なぜそれでも人は東京に集まるのだろう?田舎にそれだけの魅力がないからだ。農業は、工業製品を輸出するために、割を食わされてきたが、それでも生き残りの道を探って、中国などへの輸出も行っている。都会のヒトは、田舎は俺達の税金を持っていくと怒るかもしれないが、それだけではない一面も見て欲しいと思う。
    田舎から見れば、東京にばかり施設を作るのはケシカランと感じるし、東京に施設が集中していることが東京を支えているのだと感じる。
    広島で大会を開こうとしたところ、交通費がかかりすぎるからという理由で東京での開催に決まったという話を以前読んだことがある。こうして地方は自助努力ではどうしようもないインフラの差に泣くことになる。

    資本主義の原理だけでは、社会を動かせないことは、アメリカでおきた大規模停電を見てもわかる。

    このような点をじっくり議論したうえで採決を取るべき法案だと思うし、それをしない小泉を信用することは私にはできない。

    小泉だけが「改革」を起こすのではない。もし小泉がいなかったら、私たちはいま、2つの政党から政権をまかせる政党を選ぶことができるという「大改革」を経験していたかもしれない。
    民主党を批判し、小泉を支持するヒトは、選択肢がない不自由さについてもっと考えて欲しい。小泉がでなければ、サッカー日本代表控え組みが韓国に勝ったように、民主党がそれなりに鍛えられていたかもしれないことに思いをめぐらせて欲しい。

  • id:yasukana
    Re(4):私は無くなっても困らないけれど…

    >なぜ、社会保険庁は、これほど金を無駄使いしても一人も死刑にならないのだろう。
    >なぜ、国や地方自治体は、意味もなく豪華なパンフレットを作るのだろう。
    >なぜ、道路公団は、身内ばかりで取引するのだろう。そしてなぜ、責任を追及されないのだろう。
    だからこそ、今、改革が必要なのです。


    >小泉は痛みを求めたというヒトがいるが、本当に痛んだのは、元々上記のような私物化の
    >被害をこうむっていたほうの人々であり、私物化していた側は
    >今でもそれほど傷んではいない。
    そうでしょうか?それほど痛んでいないと言う点には多いに賛成です。
    でも、いくらでも金を振り出せる打ち出の小槌は取り上げる必要があります。


    >小泉でなければできないというヒトもいるが、電電も国鉄も民営化されたし、
    >省庁の再編も行われた。議員定数の削減だって小泉以外で行うことができる。
    「俺は勇敢な男だ」と言う人はいくらでも居ますが、
    実際に大変な状況で勇敢で居られる人は少数です。
    郵政が民営化されるまで50年も待てないのです。


    >小泉の話を聞いていると、
    >・郵政改革の必要性は他の政党もわかっているのに、
    >それには触れないで、「抵抗勢力」「改革反対派」であるという印象だけを与えようとしている。
    事実、他の政党は郵政民営化法案に反対票を投じていますよ。
    必要性がわかっているなら、野党こそ、もっと国民に分かりやすく改革案を出すべきです。
    もっと役に立つ、存在感のある野党を目指して欲しいですね。
    現状では昔の社会党、つまり「反対!はんたーい!政党」と呼ばれても仕方ありません。


    >・なぜ今、議論を尽くさないで法案を通す必要があるのかを決して説明しない。
    >ことに気づく。
    どんな議論が必要だと考えているのですか?
    不備に気づいているなら、それを発表すればいいのではないですか?
    一市民として。


    >
    >所詮都会育ちの小泉に、子どもに送金するには郵便局を使うしか手段がなかったり、
    >最寄の郵便ポストまで1キロメートルもあるような地域の実情はわからないだろうと思う。
    >高齢化し、運転免許証を返却したら、地域に郵便局がなくなった場合、
    >もうどうにもならなくなる。
    あなた、インターネット使っているのに、郵便局しか選択肢無いのですか?
    もういちど良く考えて見てください。


    >国鉄民営化でも過疎地域の多くは切り捨てられた。田舎はより多くの公共投資
    >を得ているというが、なぜそれでも人は東京に集まるのだろう?
    >田舎にそれだけの魅力がないからだ。農業は、工業製品を輸出するために、
    >割を食わされてきたが、それでも生き残りの道を探って、中国などへの輸出も行っている。
    >都会のヒトは、田舎は俺達の税金を持っていくと怒るかもしれないが、
    >それだけではない一面も見て欲しいと思う。
    過疎地域でも、バスを使うなど、代替交通は検討され、実施されています。
    「どんな過疎地にも住む権利と公共交通を整備してもらう権利がある」と言い出したら
    国家予算は成り立たなくなります。(今でも成り立ってないですが、もっと)


    >田舎から見れば、東京にばかり施設を作るのはケシカランと感じるし、
    >東京に施設が集中していることが東京を支えているのだと感じる。
    政治機能の首都移管は検討する価値があると思います。


    >広島で大会を開こうとしたところ、交通費がかかりすぎるからという理由で
    >東京での開催に決まったという話を以前読んだことがある。
    >こうして地方は自助努力ではどうしようもないインフラの差に泣くことになる。
    それは泣き言だと思います。どんな事をするにも費用対効果を考える必要があります。


    >資本主義の原理だけでは、社会を動かせないことは、
    >アメリカでおきた大規模停電を見てもわかる。
    資本主義の原理だけでは当然社会は動かせません。


    >このような点をじっくり議論したうえで採決を取るべき法案だと思うし、
    >それをしない小泉を信用することは私にはできない。
    資本主義原理では社会は動かせませんが、アメリカが停電したのは
    資本主義が原因ではありません。
    人間は必ずミスを犯します。ミスを教訓に改善され、ミスが起きても
    安全に、より良いサービスを提供出来るようになるのが民営化のメリットです。
    アメリカで停電したのはミスが原因ですが、停電したおかげでシステムは見直され、
    また、停電に備えるビジネスが盛況となりました。
    逆に公共が行っている原発の事故は何度起こしても改善されません。


    >
    >小泉だけが「改革」を起こすのではない。もし小泉がいなかったら、私たちはいま、2つの政党から政権をまかせる政党を選ぶことができるという「大改革」を経験していたかもしれない。
    >民主党を批判し、小泉を支持するヒトは、選択肢がない不自由さについてもっと考えて欲しい。
    >小泉がでなければ、サッカー日本代表控え組みが韓国に勝ったように、
    >民主党がそれなりに鍛えられていたかもしれないことに思いをめぐらせて欲しい。
    民主党がそこまで擁護されるべき存在だとは思いません。
    民主党はもっと国民の耳に届く声で、現実的な反対意見を言える政党として成長して欲しいです。

  • id:todo_todo
    小泉をなぜ擁護するのかを説明してください

    郵政改革の必要性を小泉は国民にきちんと説明したでしょうか?
    なぜ絶対に通す必要があるのかを説明したでしょうか?

    何度もいいますが郵政改革は必要です。
    しかし、小泉の言う郵政改革は、単に郵貯や郵便保険に流れている金を他に流すだけのものです。
    副作用として田舎は切り捨てられるとわかっていても、何の対処も考えていません。

    田舎の自助努力の足りなさを泣き言だというが
    田舎が精一杯努力して、ようやく成功への糸口をつかむと
    そのよいとこどりをし、交通のハブであるという地の利を生かし
    利益を享受するのは東京ではないか。

    首都機能移転など、少しのやる気もないではないか。

    田舎では、市町村合併が進み、吸収された地域の人々は
    いよいよ住み慣れた家を離れ、老人ホームに収容される
    日も近いとあきらめている。

    本の一部の地域ではない。面積にして日本の半分にもあたる
    地域の人々が、都会に吸収される悲しみを静かに受け入れている。

    大合併でほとんど何の変化もない都会の人々よ
    よく見るがいい。大合併どんなに様子が変化したのかを。
    東京23区どころか東京全体にも匹敵する地域が1つの自治体になり、
    周辺部はますます寂れていく。

    改革の必要性を説くのなら、
    今現在何の問題もない郵政から手をつけるのではなく、
    ・首都機能の移転
    ・就職市場の流動化
    ・少子化に対する抜本的な対策
    ・使いきりを目的とするような予算システムの改革
    ・韓国や中国に領土を侵され、反日教育をされても
    何もいえない外務省の改革
    などなどあるべき社会像をはっきりさせた上で改革をしたらどうか。

    私も民主党の不勉強さにはあきれたことがある。
    しかし、他の人のように自民党だけが政権党であればそれでよいと
    考えることは一層できない。

    また小泉の口から出る言葉は、ブッシュがイラクを攻撃する
    前に口にした言葉と同じ欺瞞を感じさせる言葉である。
    なぜ今、他の何より優先する必要があるのかについて
    彼は決して答えようとしない。
    そして「抵抗勢力」という耳障りの良い言葉を使い
    自分が「改革の旗手」であるという印象を与えようとする。

    彼は日本という国の未来像さえ描いたことはないのではないかと思う。
    やはり二世議員として、政治屋であることを
    まずたたきこまれたのだろう。
    バカなほかの政治家のように、自民党を飛び出したり
    官僚を怒らせるようなことはしないで
    自分の地位をしっかり守っているところなどさすがだ。

    ***
    東京に暮らし、田舎に暮らすと、
    これほどまでに物価が違うのに
    東京に人が集まるのは異常なことだと感じる。
    しかし、それでも東京の優位性は変わらない。

    狭い国土であるのに、東京には超高層ビルが建ち
    田舎では空き家が増える。

    そして郵政民営化が必要になる。
    不思議なものだ。
  • id:yasukana
    Re:小泉をなぜ擁護するのかを説明してください

    ありがとうございました。皮肉ではなく、なかなか面白い文章でした。
    todo_todoさんの焦点が見えてきたようです。
    今までのような各文章を各個撃破するような行為は必要無いようです。
    以下、各文章にコメントをはさみますが、それは批判ではなく、私の意見です。
    todo_todoさんの意見にも大事なポイントがあると思います。


    >郵政改革の必要性を小泉は国民にきちんと説明したでしょうか?
    >なぜ絶対に通す必要があるのかを説明したでしょうか?
    >
    >何度もいいますが郵政改革は必要です。
    これがセットになっています。
    民営化が最低限必要な郵政改革だと考えているのです。


    >しかし、小泉の言う郵政改革は、単に郵貯や郵便保険に流れている金を他に流すだけのものです。
    >副作用として田舎は切り捨てられるとわかっていても、何の対処も考えていません。
    >
    >田舎の自助努力の足りなさを泣き言だというが
    >田舎が精一杯努力して、ようやく成功への糸口をつかむと
    >そのよいとこどりをし、交通のハブであるという地の利を生かし
    >利益を享受するのは東京ではないか。
    田舎の不利な点に焦点を当てられていますが、行財政改革を進め、
    各地方自治体に決定権を与え、首都への依存度を下げる事が、
    各自治体での努力を促して、独自性を持った自治体へと変われるチャンスだと思います。


    首都に地の利がある事は良く分かります。
    首都に近い田舎ほど、強い光のそばで濃い影を受けることだと思います。


    私は首都から遠く離れた関西のさびれた地方で仕事をしていますが、
    首都への恨みのような物は持っていません。
    しかし、各自治体が国への高い依存度を持っている事は感じます。
    この体制を変えることは大事だと思います。
    その意味でも小泉の行っている事は理にかなっていると思います。


    >首都機能移転など、少しのやる気もないではないか。
    首都機能移転は、相当な大事業だと思います。
    必要だとは思いますが、参考となる成功事例も見かけません。
    ドイツの件は東西分断以前に戻しただけで、国民感情から当然の成り行きですが、
    先進国では他に見当たりませんし、国民の同意は得づらいと言わざるを得ません。


    >田舎では、市町村合併が進み、吸収された地域の人々は
    >いよいよ住み慣れた家を離れ、老人ホームに収容される
    >日も近いとあきらめている。
    市町村合併は有る程度必要だと思いますが、あまりに酷い合併はあくまでも
    その自治体と、そこに所属する市民が決めた事です。
    小泉にその酷い合併の責任を押し付けるのはどうかと思います。


    >日本の一部の地域ではない。面積にして日本の半分にもあたる
    >地域の人々が、都会に吸収される悲しみを静かに受け入れている。
    >
    >大合併でほとんど何の変化もない都会の人々よ
    >よく見るがいい。大合併どんなに様子が変化したのかを。
    >東京23区どころか東京全体にも匹敵する地域が1つの自治体になり、
    >周辺部はますます寂れていく。
    地方が寂れると言う事は有る意味チャンスだと思います。
    土地が無いといわれる日本に、インフラの整備された地域に空白が生じるならば
    インターネット時代と言われる今後、再生のチャンスはいくらでもあるでしょう。


    >改革の必要性を説くのなら、
    >今現在何の問題もない郵政から手をつけるのではなく、
    改革が必要だと言われたじゃないですか。


    >・首都機能の移転
    >・就職市場の流動化
    >・少子化に対する抜本的な対策
    >・使いきりを目的とするような予算システムの改革
    >・韓国や中国に領土を侵され、反日教育をされても
    >何もいえない外務省の改革
    >などなどあるべき社会像をはっきりさせた上で改革をしたらどうか。
    おっしゃる改革事案はもっともだと思います。
    ひとつずつ取り上げて紹介したいぐらいですが、
    それでも郵政の民営化は一刻を争う改革だと思います。


    >私も民主党の不勉強さにはあきれたことがある。
    >しかし、他の人のように自民党だけが政権党であればそれでよいと
    >考えることは一層できない。
    私もまったくその通りですが、残念な事に民主党には政権を預けたくありません。
    致命的に不勉強だと思います。
    これは他の政党にも言えます。
    実際、自民党のこれまでの政権にも言えた事ですが、他の政党とは次元が違いました。


    >また小泉の口から出る言葉は、ブッシュがイラクを攻撃する
    >前に口にした言葉と同じ欺瞞を感じさせる言葉である。
    >なぜ今、他の何より優先する必要があるのかについて
    >彼は決して答えようとしない。
    >そして「抵抗勢力」という耳障りの良い言葉を使い
    >自分が「改革の旗手」であるという印象を与えようとする。
    欺瞞を感じるのは人それぞれなので、なんともいえませんが、
    選挙公約に上げた項目を十分な準備期間を置いて実施しているに過ぎません。
    自らの党が選挙公約に上げている郵政民営化を、党に所属する議員が
    反対、否決するようでは、国民に真意を再度問うこともまったく持って仕方の無い
    事態だと思います。
    つまり、自民党を選挙で選んだのは国民で、その時の選挙公約は、造反した議員も
    選挙公約として背に負って出馬したはずです。
    造反した議員によって、国民によって選ばれた選挙公約は踏みにじられた事になるのです。
    その点を無視した論調を多く見かけます。


    >彼は日本という国の未来像さえ描いたことはないのではないかと思う。
    >やはり二世議員として、政治屋であることを
    >まずたたきこまれたのだろう。
    彼のこれまでの経歴を叩きたくはありません。
    叩かれてもやましい事は無いだろうとは思いますが、
    過去によって人は評価されるべきではないと思います。


    >バカなほかの政治家のように、自民党を飛び出したり
    >官僚を怒らせるようなことはしないで
    >自分の地位をしっかり守っているところなどさすがだ。
    政治家として大きな仕事をする為にはまず長生きする事です、
    人間として、次に政治家として。
    これはどんなプロにも言える事だと思います。


    >
    >***
    >東京に暮らし、田舎に暮らすと、
    >これほどまでに物価が違うのに
    >東京に人が集まるのは異常なことだと感じる。
    >しかし、それでも東京の優位性は変わらない。
    >
    >狭い国土であるのに、東京には超高層ビルが建ち
    >田舎では空き家が増える。
    現実問題として色々
    田舎の生活を愛しているなら、その良さをWeb等でアピールする事も
    過疎化を止める一助となるのではないでしょうか。


    >そして郵政民営化が必要になる。
    >不思議なものだ。
    不思議な側の意見も一度取り入れてみると、
    不思議ではなくなるかもしれませんよ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません