医学に関する事は特許が取れないと聞いています。整形外科に関する今までに無いアイディアを持っているのですが特許出願に至れませんでした。このアイディアを保護して発表などできる方法があれば教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/08/31 07:20:59
  • 終了:--

回答(2件)

id:chariot98 No.1

chariot98回答回数1105ベストアンサー獲得回数112005/08/31 07:25:18

ポイント30pt

学会で発表してしまう、というのではダメですか。

id:mizuho2005

それは素晴らしいと思いますが、論文を作成する知力を持ち合わせてませんorz

2005/08/31 07:28:36
id:tsukitousagi No.2

tsukitousagi回答回数172ベストアンサー獲得回数02005/08/31 08:21:30

ポイント100pt

Google → タイムスタンプ 著作権 証明


著作権を利用すればいい。すなわち、

文章にして、日時を刻印して著作権を証明すればいい。

論文を作る知力を持っていない、とおっしゃいますが、特許をとろうとしたぐらいだから、やるきはあるはずだし、論文が作れないなら、弁理士に論文を作ってもらえばいい。

さて、肝心の著作権のタイムスタンプの方法ですが、上記検索結果でその代理業が見つかりますね。でも、私はこれらを利用したことがないので、これらの代理業についてはいっさいコメントできません。

変なアドバイスになってしまいましたが、情報の1つとしてここに書きました。

id:mizuho2005

ありがとうございます。参考になりました。

著作権という方向で検討してみたいと思います。

2005/08/31 08:23:44
  • id:taknt
    なぜ 医学に関する事は特許がとれないのか

    という重大なことがある・・・。
  • id:nobnob3
    著作権ではダメです。

    著作権と特許は全然違う概念です。
    著作権は別に申請しなくても自然に発生する権利です。
    学会で発表しても、一定期間のうちに特許申請しなくては特許になりません。
    特許の概念はどんどん難しくなっていますが、医学でも手術法などは特許になる
    可能性があります。ビジネスモデル特許などを調べてみてください。
    例えば医薬品などは、薬そのものに特許はとれないがその製造法に特許がとれるなど
    難しい問題があります。
    この医学分野の特許には大変興味があります。
  • id:nobnob3
    著作権ではダメです。追加

    昨日は時間がなく、根拠のないわかりにくいコメントを書きました。
    手術方法などの特許はやはり日本では難しそうですが、まったく可能性がないわけではなさそうです。米国では実際手術方法や、ゴルフのパッティング方法が特許になっています。
    http://www.harakenzo.com/Japanese/column/article/20030627.htm
    産業構造審議会知的財産権政策部会特許制度小委員会の報告書により、医療行為関連発明の一部が特許付与の対象となるよう、特許審査基準が改訂されることになりました。

    上記URLが詳しいので参考にしてください。
    トラックバッグの言いたい放題 2005/08/31 18:35:02の回答は素晴らしいです。
    著作権はアイデアは保護しません。例えば、新しいテレビゲームを開発した時に、
    特許ならアイデアそのものを保護しますが、著作権では、プログラミングの内容が
    異なれば、見た目同じゲームが実現しても保護しません。
  • id:NAPORIN
    こういうのは良い弁理士に相談するのが第一

    治療行為の特許を取れなくしたという法律の立法精神は、「医者の治療行動を「特許権侵害」といって金取るようにしたら受益者負担の二重払いになる、それは医師が身動きとれなくなるからヤメテね」ということ。まあ、医療機器メーカーさんは、開発には大勢確保して金かかって大変だろうけど、そっちは診療費ではなくて、薬価とか装置に上乗せして元をトリなさいということですね(あくまで大筋の理解です)。で、質問者さんの考えついたものがなんか特別な器具や薬品を使用するならそこだけは特許で押さえておいて(ホームページで売れればウハウハ)、大筋がノウハウ的な技術なら、今から自分が医者になって稼ぐとかすると良いんじゃないでしょうか。それか親戚や近所のつてを頼ってやってくれてお礼もくれそうな医師免許取得者、のみならずカイロ整体鍼灸漢方の開業者などに教えて感謝されると。あとは著作権で元をとるならやっぱり、下調べとか周辺を調査した上で本にするのがいいんじゃないかなあ。

    へんな詐欺みたいなのもある業界ですから、資格を持つ人でちゃんとした人に頼るのが第一です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません