多くの一般ユーザーにとって有益であろうと思われる、携帯電話を利用するWEB上のコンテンツのアイディアができたとします。

そこでコンピュータ関係にまったく何の専門的知識のない文系の人間がその携帯コンテンツの製作と運営を行うことは可能でしょうか。
プログラマー(というのかWEB製作者というのでしょうか?)の方を一定期間雇い、企画のプランと意図を伝え製作してもらうことを始めとして、開設そして運営に至るまでにどのような手順を踏んで実現までこぎつけたらいいのでしょう?
コンテンツの内容と複雑さによって困難さや進捗の度合いは変わってくるでしょうが、大体の流れと絶対に必要なこと、必要な人員と期間及び運営にこぎつけるまでの費用など、出来るだけ詳細かつ具体的にご鞭撻下さい。
例えばプログラマーの方を雇うとしても、どのようなところでお声をかけるのでしょうか?
そのあたりのレベルのことまで具体的に知ることができたら有難き幸せです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/08/31 10:08:38
  • 終了:--

回答(3件)

id:Baku7770 No.1

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812005/08/31 13:29:11

ポイント20pt

http://www.sme.ne.jp/amenu.html

�������ƃl�b�g���[�N

 一覧の中からお住まいの都道府県の地域情報センターの連絡先を調べて、そこに相談してください。

 地域情報センターをご質問の内容に絞って説明しますと、IT関連の技術相談、創業支援、SOHO含む中小事業者への仕事の斡旋を行う国からの委託を受けて作られた都道府県の機関です。

 技術者のレベルの問題もありますが、相談に応じてアドバイスもしてくれますし、都道府県内の事業者も斡旋してくれます。

id:aceK

ご回答ありがとうございます。活用してみます。

センターに行く前に、ザクっとでもいいのである程度の予備知識みたいなものを知っておきたいのですが。

2005/08/31 13:39:35
id:sparituda No.2

sparituda回答回数57ベストアンサー獲得回数02005/08/31 14:35:48

ポイント50pt

http://www.nocnoc.jp/

ホームページ制作会社検索 のっくのっく

必要な技術者は、上記URLの様なサービスで探してみて下さい。Web関係の仕事を依頼したい人と、仕事を請け負いたい人のマッチングサイトです。仕事を請ける側には、個人も法人も登録しています。


[可能性]

技術や知識が無くても大丈夫です。ただし、自分で出来ない分野については、人を使わなければいけないので、それ相応の費用は必要です。また、人を使いこなす器も必要です。なお、使用する技術者としては、ただのプログラマーでは不足です。提案力のある技術者を選びます。

http://www.atmarkit.co.jp/fbiz/index.html

@IT情報マネジメント − 企業システムの“ヒト・コト・カネ”を解決する

[進め方]

Web上のコンテンツを提供するためのコンピューターシステムを開発するのだと考え、一般的なシステム開発の進め方を参考にすることが出来ます。上記の様なサイトで、勉強してみて下さい。

なお、技術者に要求を伝える上で、注意したい点は、生半可な知識で技術的な制約を設けないことです。あとは、出資する立場や、利用する立場で考えてみて下さい。

類似する点のあるサービスを実際に利用してみるなど、既存のものを研究する事も大切です。


[費用/人員/期間]

これは、ピンからキリまで。ある程度の規模の営利目的のものであれば、数百万~数十億円。人員は、企画者と技術者の計2人~規模に応じて。期間は、数ヶ月~1年(1年以上になる場合は分割すべき)。目的に応じて、効果やタイミングを考慮した制限を設けて考えましょう。

注意する点は、初期立ち上げの一時的な費用よりも、運営時の継続的な費用の方が、トータルで多くなる場合があること。長期間、運営を委託するので、初期費用を安く抑えてほしいという要望を出しても良いと思います。

id:aceK

適格なご回答をありがとうございます。大変参考になりました。

技術屋さんを雇う場合、仕事場(環境)は依頼人のほうですべて用意してあてがうのが普通でしょうか?

また、依頼した仕事内容が秘密厳守を約束したものであっても、その約束を破って他者に口外されるという恐れは現実に考えておいたほうがいいでしょうか。

2005/08/31 16:11:32
id:Baku7770 No.3

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812005/09/02 14:26:34

ポイント80pt

 #1で回答した者です。補足します。


 地域情報センターに行かれた場合、前提知識は不要です。多くの場合相談を受ける職員は元々SI業者から出向または退社後再雇用された人間が中心です。細かく教えてくれます。


 最低限の予備知識として、一般的には相手と作成請負契約を結ぶといいでしょう。つまりHPを作成していくらと言った内容です。


 完成したらお金を払いますが、資金繰りの悪い会社だと着手金とか中間での支払いを要求されますが、着手金についてはできるだけ抑えて、中間での支払いも何ページできているかとか、条件を決めた上で達成したら支払うといった内容にして下さい。


 #2のコメントに私から回答しますと、作業場を依頼人の方で用意するケースは限定されます。大規模プロジェクトの場合と開発作業そのものを監視したい場合です。一般に作業場に来てもらう契約は拘束時間・移動時間といった概念も入るため、高くなります。


 秘密厳守には約束ではなく機密保持契約を交わします。はてなにも過去に質問があったと記憶しています。それを締結した上でもある程度漏洩を覚悟して、キーになる部分は自分で仕事を進めるとか、Webデザイナーを分けるといったことも考えられます。

id:aceK

よくわかりました。

本当にありがとうございました。

2005/09/02 16:12:27

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません