Linux系OS(TimeSys)において、elfutils-0.89をコンパイルしていますが、
下に示すようなWarningが大量に出ます。
Warningなので、コンパイル自体は通すことができますが、
このWarningは、どのような意味でしょうか。

また、回避するとすれば、どのようにすればよいでしょうか。
よろしくお願いします。

=====
libelfP.h:364: 警告: `visibility’ 属性の疑似命令が無視されました
libelfP.h:365: 警告: `visibility’ 属性の疑似命令が無視されました
libelfP.h:370: 警告: `visibility’ 属性の疑似命令が無視されました
libelfP.h:381: 警告: `visibility’ 属性の疑似命令が無視されました
libelfP.h:384: 警告: `visibility’ 属性の疑似命令が無視されました
libelfP.h:387: 警告: `visibility’ 属性の疑似命令が無視されました
libelfP.h:405: 警告: `visibility’ 属性の疑似命令が無視されました
libelfP.h:408: 警告: `visibility’ 属性の疑似命令が無視されました
libelfP.h:411: 警告: `visibility’ 属性の疑似命令が無視されました
=====

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/08/31 21:20:36
  • 終了:--

回答(2件)

id:matsu911 No.1

matsu911回答回数136ベストアンサー獲得回数02005/08/31 22:29:58

http://mail.gnome.org/archives/gtk-list/2005-May/msg00057.html

Re: warning: `visibility' attribute directive ignored

エラーの意味はココと同じです。

gccのオプションで-Werrorを除けばこの警告は消えるようです。

id:gzmgzm

それは知っています。

2005/09/01 07:44:00
id:aki73ix No.2

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272005/08/31 22:35:23

ポイント50pt

gcc 3.2以前のコンパイラを使っているのが原因のようです

可視属性の 擬似命令はgcc 3.3以降でサポートされているので、これを使うべきで、古いコンパイラは使うべきではないとのことです


この例では GCC 3.22で -Werror オプションを使っているのも問題だそうです


確認してみてください

id:gzmgzm

ありがとうございます。

これを放置すると、どのような悪影響が考えられますか?。

2005/09/03 08:31:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません