日本の上場企業のHPを参照したのですが、

意外に多言語化されていないのに驚きました。
※やっていても英語対応のみ
 中国語・韓国語等の対応が成されていません。
必要ないと考えているのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/08/31 22:11:57
  • 終了:--

回答(6件)

id:itarumurayama No.1

itarumurayama回答回数735ベストアンサー獲得回数222005/08/31 22:22:37

ポイント20pt

http://itaru-m.hp.infoseek.co.jp/business/15.htm

ビジネス・経済ブレーク15・企業メセナは株主代表訴訟で訴えられる!?

企業は株主のためにあります。


シャンハイ株式市場やソウル株式市場に上場している企業なら、中国人・韓国人株主へのPR手段になりますから、現地語HPを作るかもしれませんが、日本の株主がメインなら、作る必要がないでしょう。


逆に、「不要なHPを作りすぎだ」として、日本の株主から訴えられます。


因みに日本株主向けの「株主優待制度」、あれも逆に外国人株主には不評です。


それから、中国・韓国の消費者向けには、現地法人(例:中国トヨタ、韓国松下)がHPを作っているのでは?

id:blue_blue_sky No.2

blue_blue_sky回答回数191ベストアンサー獲得回数12005/08/31 22:43:43

ポイント15pt

http://www.hatena.ne.jp/!:detail]

そうですね。英語がせいぜいですね。

ですが、海外のサイトをみていると中国語とかフランス語とかいろいろありますよね。

私もそれは疑問に思っていました。でも、それだけ、有名な世界に通じる企業が少ないってことですかね。

id:hidekit No.3

hidekit回答回数14ベストアンサー獲得回数02005/08/31 22:56:41

ポイント15pt

http://bb.yahoo.co.jp/

Yahoo! BB入会案内トップ - Yahoo! BB

上記URLはダミーです。


一般的に英語のみと考えた方がよいかと思います。これは一般的に英語だと他国の方が見ても訳すことができるという点から英語のページを設置していると思われます。ただ、中国語や韓国語に対応していないと思いつつ、現地法人を設立している場合には現地法人のホームページを用意していることが多いかと思います。それぞれの会社のニーズに合わせた形で表現しているかと思いますので、必要か必要ではないかという問題ではないかと思います。

id:u-chan No.4

u-chan回答回数195ベストアンサー獲得回数02005/08/31 23:10:16

ポイント20pt

http://www.asahi.com/english/

asahi.com - ENGLISH

http://www.yomiuri.co.jp/dy/

DAILY YOMIURI ONLINE (The Daily Yomiuri)

http://www.nni.nikkei.co.jp/

Nikkei Net Interactive - Japan Business News Online

http://mdn.mainichi-msn.co.jp/

MSN-Mainichi Daily News

日本企業はマルチランゲージを「必要と考えていない」象徴的な例です。大手マスコミは英語版しかありません。


産経だと、社説のみです。


NHKもページは英語だけですが、22カ国語のWebラジオニュースがあります。


http://japanese.chosun.com/

���N���� Chosunilbo (Japanese Edition)

http://japan.donga.com/

donga.com [japanese donga]

ちなみに、韓国の大手紙は「日本語版」があり、


http://www.people.ne.jp/

人民網日文版--トップページ

こんな所も、日本語版が。


ここまで求めるのはムリにしても....情報発信力の足り無さを象徴してますね。

id:mituba No.5

mituba回答回数3ベストアンサー獲得回数02005/09/01 02:06:17

ポイント5pt

 本社のHPではなく、調べたい言語を使用している国、この場合でしたら、中国語(大陸、香港、台湾など)や韓国語(韓国)などの現地子会社のHPを探してみたらいかがですか?ちなみに、現地子会社が無い場合には、現地のパートナー企業を探すのも手だと思います。

 現地子会社や現地パートナー企業の情報は、殆ど日本経済新聞の過去の記事を調べれば分かると思います。

ソニー China

トヨタ

id:toshi_nishida No.6

toshi_nishida回答回数525ベストアンサー獲得回数382005/09/01 03:28:56

ポイント15pt

http://www.kline.co.jp/

川崎汽船株式会社

 東証一部の川崎汽船では、「会社/グループ案内」の「グループ案内」から、各海外代理店の「URL」をクリックする必要があります。川崎汽船の中国語ページではなく、「川崎汽船(中国)」という別の会社のサイトである、という扱いのようです。

https://www.ana.co.jp/asw/index.jsp

航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線|ANA

 全日空は、左下の「Worldwide Sites」から各国言語のページに行けます。中国語、韓国語もあります。

http://www.asahibeer.co.jp/

アサヒビール - その感動を、わかちあう。

 アサヒビールも一番下に、英語と中国語のページへのリンクがあります。

http://www.sony.co.jp/

Sony Japan | ソニーグループ ポータルサイト

 SONYの日本語のページから中国語のページに行くには、右上の「Global Home」→右の緑色の「Search by Country/Area」で中国語、韓国語のサイトに行くことが出来ます。日本語のページを見ている人が中国語のページに行く必要性は薄いので、簡単には行けない仕組みになっていますが、

Yahoo!中国で検索するとちゃんと出てきますので問題ないのだろうと思います。索尼(中国)有限公司です。

http://toyota.jp/

toyota.jp | トヨタ自動車

 トヨタのサイトでは、下の「企業・IR・採用情報」で、上の「WORLD WIDE」で中国語、韓国語のページに行けます。

http://www0.nsc.co.jp/

新日本製鐵株式会社

 新日鐵、大成建設、日揮では、中国語、韓国語のページは見つかりませんでした。こちらのユーザーは英語が読める、ということでいいんじゃないでしょうか?

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/index.html

東京ディズニーリゾート

 東証一部のオリエンタルランドは右上から英語、中国語、韓国語のサイトに行けます。

http://www.toshiba.co.jp/index_j3.htm

東芝:トップページ(Flash版)

 東芝では、左下寄りの「Toshiba Worldwide」から。


 私が思いつく範囲では、だいたい対応できているように感じますよ。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません