自動車保険の休業損害についてです。

夫が衝突事故に遭い、加害者100の過失と判断されました。加害者は任意保険未加入でしたが、夫の人身傷害保険で医療費などはなんとかカバーできそうです。通常はここから休業損害も支払われるようです。
夫は自営業で、私も40パーセントぐらいの割合で仕事を手伝っているので、いわば共同経営というところです。
まだ怪我が完治していなくても、退院して家で療養の段階になると、休業損害の支払い打ち止めを伝えてくる保険会社があると聞きました。
夫も、退院してきてもしばらくは仕事ができない状態になると思います。完治するまで保険を受け取る義務はあるようなのですが、もしも打ち止めを言い渡された場合、妻の私が収入を得られるということで、ますます不利になることはあるのでしょうか。
ちなみに収入を得られると言っても、私一人ではほとんど仕事にはならず、収入は激減するのは確実です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/04 07:54:22
  • 終了:--

回答(3件)

id:suspense No.1

suspense回答回数51ベストアンサー獲得回数02005/09/04 08:57:02

ポイント25pt

質問文からは全容の分からない部分がありまして、誤解があるといけませんので一般論にします。加害者は任意保険未加入ですから、質問者さんの任意保険会社が代わりに支払うことですね。自営業の内容が分かりませんので、おすし屋さんを例にします。夫がメインで妻はお手伝い。営業の寄与率がどのくらいか。私の経験では夫が90%で妻が10%位。妻が被害者の時の休業損害と比較しなければなりませんので。中には、店舗を閉鎖することもあり、このときは企業損害との比較になります。質問者さんが思ったよりも、相当、低い数字が出ると思いますので専門の方に相談することを勧めます。休業期間については、病院に通院していることが条件です。後遺障害は免失利益に入ります。期間は通院している範囲内で保険会社と協定します。ご注意してほしいのは、ご自分の任意保険会社はサービスで行っている点です。ですから、加害者側(運行供用者責任)に財産があると、直接、加害者に請求することも検討したらよいかと思います。

賠償金は当然として、慰謝というのは加害者個人しかできないものです。なお、任意保険会社には被害者弁護士費用が付帯契約でつけられますので、その有無を確認してみては。私は歩行者でも適用できる保険がついております(訴訟費用は別と理解しておりますが)。お大事に。

id:smilechan

ありがとうございました。

2005/09/05 02:11:11
id:masaqqq No.2

masaqqq回答回数104ベストアンサー獲得回数02005/09/04 11:23:10

ポイント25pt

URLはダミーです。

保険の場合、病院に関わった部分で、支払いが発生します。

用は、入院中は問題なく病院に関わっていますので、入院費は貰えます。

次に通院ですが、これも通った日数によって、費用を貰えます。

但し、自宅療養となると問題です。これには、明らかな名目が無いのです。

用は、自宅療養=完治 に近い構図になるのです。


結論は、大筋で「保険には自宅療養という項目はない」ということ。

ですから、退院後は、こまめに通院し、病院から請求書を貰い、その数字に則って、保険会社に請求をします。

ほとんどの保険会社の場合、タクシー代はナカナカ出してくれません。公共の交通は問題ありません。

正直言って、手間ヒマかけないと、希望の金額は貰えません。そんなとこに手間をかけるよりも、仕事に力を入れた方が、儲かるというなら、はやく示談してしまうのも手です。


あくまでも損失なわけですから、予測での損失には、保険屋も払いません。これだけ損失したという実際の項目が必要です。

ですから、事故前3ヶ月の粗利益から、事故後3ヶ月の粗利益が50%ダウンしたとなれば、50%ダウンの請求をします。

尚、売上の補償はしませんので、あしからず。


これら手間ヒマかかった分で、慰謝料を請求するという構図ですね。

但し、慰謝料は、加害者に請求となると思いますけど。

id:smilechan

ありがとうございました。

2005/09/05 02:14:45
id:kjmats3 No.3

kjmats3回答回数12ベストアンサー獲得回数02005/09/05 01:20:22

ポイント10pt

http://www.jiko110.com/first/uso/03.htm

交通事故110番_まず初めに!_保険屋さんは嘘をつかない?

まず治療費はご自身の健康保険を使って治療費を圧縮しましょう。

相手の自賠責保険へ被害者請求を行い、更にご自身の搭乗者傷害に請求することになります。

id:smilechan

これはもう承知していました。

知りたかったのは休業損害の件だったんですが。

2005/09/05 11:24:36

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません