団塊の世代の定年後需要を想定したビジネスで、下記のようなものがあるようです。

他に、こうしたリタイア後の段階の世代の方を対象としたビジネスモデルはありますでしょうか?

http://www.nikkan-kyusyu.com/news/ts_1125563188.htm
[団塊の世代」が大量に定年退職を迎える2007年以降、同窓会が今以上に増えると考えた。
]

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/04 12:09:23
  • 終了:--

回答(4件)

id:jazzzy No.1

jazzzy回答回数65ベストアンサー獲得回数02005/09/04 12:21:14

ポイント25pt

URLはダミーです。


団塊の世代をターゲットにしたビジネスはこんな感じでいかがでしょうか。


条件は高度成長期に育ってきた方が多く、趣味や製品について非常に高い知識やレベルがあるということ。それを踏まえですが・・・


子供産業ビジネス・・・団塊は自分のやりたい事を沢山やってきてる人が多いので、孫にかけるお金はある程度見込めます。


食品ビジネス・・・子供が自立し手がかからなくなり、料理をつくるのが面倒という意見もよくきかれる。食べる量も全体に減ってきたなか、飽きを越させないためにも弁当日替わりデリバリーなど注目されている。


介護・・・定番ですが、今後介護ビジネスの分野は非常に大きくなる可能性があります。またそれに伴い、ヘルパーさんなどの人材不足もあるので、特殊人材派遣会社なども成長分野です。


こんな感じでいかがでしょうか?

id:dechidon No.2

dechidon回答回数87ベストアンサー獲得回数32005/09/04 12:27:38

ポイント25pt

http://www.lastresort.co.jp/

留学・ワーキングホリデーはラストリゾート

海外ロングステイ。

「移住」もありますが、観光ビザの範囲内での滞在も多いようです。それを支援する会社は、海外留学を手がけていたところなどが新しい市場として行っているところが多いようです。

http://dir.biglobe.ne.jp/col/family/teinen/closeup/CU20040420A/

id:mzmicki No.3

mzmicki回答回数258ベストアンサー獲得回数02005/09/04 12:55:04

ポイント10pt

http://book.asahi.com/news/TKY200505240217.html

asahi.com: 団塊世代向けの新雑誌 - BOOK

団塊世代向けの雑誌新創刊です。

北海道へ移住検討のためのツアーを道とJTB(全日空商事)が販売

三菱証券

退職金を投資へ。

アパレル・ビジネス。

こちらはビジネスというよりも、農水省が支援する農村への移住について。

小学館とNEC

ブロードバンドコンテンツの拡充

大和ハウス

団塊世代向け住宅販売


いっぱいありますね。

消費が尻すぼみにになっている昨今、確かに団塊世代のリタイアに伴う莫大な退職金の資金流通を放っておくはずはないですよね。

id:jiyuujin No.4

jiyuujin回答回数740ベストアンサー獲得回数22005/09/04 14:25:00

ポイント10pt

http://genkimura.exblog.jp/

シニアの温泉元気村

湾岸浦安のすてきなホテルに滞在して、生涯学習というものです。

http://www.chiba-newtown.jp/tcgee-dx.htm

男が自宅で仕事をする方法

高齢化社会への移行、企業リストラの進展、また数年後には団塊の世代が定年を迎えることなどから、「中高年男性が自宅で一人で仕事をする」というスタイルが、今後の社会生活の中で重要な一角を占めていくと思われます。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません