【郵政民営化賛成者へ】

郵便局員と銀行マン&保険外交員では、どちらの給料が高いと思いますか?
(民営化されたら、サービスが提供されない地域が広がることは不可避ではないですか?)

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • はてな質問・回答者
  • 男性,女性
  • 30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2005/09/08 18:12:45
  • 終了:--

回答(100 / 0件)

Q01(択一)

郵便局員16
銀行マン、保険外交員84
合計100

集計

×
  • id:UNYA
    ちょっと無理が・・・

    銀行員と保険外交員を同じカテゴリーにするのは無理がありますね。
    それに小さな信用金庫の職員の給料は、大手銀行とは比べようもありません。
    郵便局員よりは高いのかもしれませんが。
  • id:todo_todo
    Re:ちょっと無理が・・・

    無理があることは百も承知で、民営化すれば、単純によくなると考えている人が多すぎるのでこのアンケートをしています。
    そもそも、今の郵便局は年金の受取も郵便も扱うからネットワークが成り立つのであって、郵便と、貯金、保険を切り離して成り立つものではありません。
    それに、民営化によって事業を拡大する可能性のある業務は、今でも高給で知られている銀行と、いやというほどCMを流している保険であることにも注目して欲しいと思います。
    結局、たとえば「労働組合を禁止する」という法律であっても「改革」の名を付けることができるように「改革」といえば誰もにとってよくなると考えるのはおかしく、今「刺客」として送り込まれているような人々にとって(すなわち勝ち組になって金で生活を改善できる人々にとって)住みよい社会になることを認識する必要があります。

    今各政党が相手を批判することに終始しているのは、独自の具体的な政策がないからです。

    たとえば医療費を削減するには医者になるための費用を削減する必要があるはずですが、(そうでなければ医者が子どもに後を継がせるには、もうけを増やすしかなく、無駄な薬や診療が増えます)こんなことすらどこの政党も考えません。

    問題は、選挙にも行かなかったり、イメージだけから投票する有権者にあると思います。

    少なくとも、理想の社会を考えたことのない人は投票に行って欲しくないと思います。

    今、ニューオーリンズで起きていることは人事ではありません。気が付いたときには、自分達が選んだ政治家から見捨てられて死ぬことになるかもしれません。少なくとも「民営化」つまり私有化とは、金のない人間はサービスを受けるなという意味でもあります。

    日本の公務員数は決して多くありません。また、小さな政府の短所が目立ち、再び大きくしている国もあります。

    この国が、本当にあなたの望む国に少しずつでも近づいているかどうかを考えて投票して欲しいと思います。
  • id:myogab
    全くその通りと…

    大企業をボロ儲けさせるために、雇用の置き換えへの道を開いてきたその人を、福祉や保険で差別的に扱われ露骨に虐げられられている側のフリーター・派遣社員の立場にある者が、熱狂的に支持しているのを頻繁に見かける。
    滑稽過ぎて涙が出てきます。

    生活に不満を持っている者は、「ぶっ潰す」という掛け声と、それによって潰されている被害者を見て、カタルシスを得ているのだろう…と解釈せざるをえない。
    1990年代の学校問題。イジメの構図がいい大人の中に浸透してきている…とも言えなくも無い。その頃学生だった者に見られる傾向だから。
  • id:blackdragon
    Re:全くその通りと…

    そもそも、民に任せればもう安心と信じ込める感覚が不可解です。

    相次いで国のお金を注入されてなんとか助かったのはどこの国の民営銀行たちでしょうか。
    そして、国のお金で助けてもらって、国債を買い込んで、郵便局同様国に「無駄遣いされるお金」を流し込んでいるのは?
    予定利率をなんとか下げないと破綻するってのは、どこの国の民営保険会社でしょうか。
    違法な支払い渋りで営業停止になったのはどこの国の民営保険会社でしょうか。
    民営化されて、ローカル線が相次いで廃線や馬鹿高い第三セクターになったり、利益を出すことばかりに必死になりすぎて脱線事故を引き起こしたのは、どこの国の民営化鉄道会社でしょうか。

    民営化という選択肢もあるでしょうが、「如何に民営化するか」ということ抜きに「民営化すれば効率化されて素晴らしい」という単純な決めつけに頷いてしまうのはいかがなものかと。
    「民営化賛成だから…」と言っている人で、その内容を知っている(知ろうとした)人がどれだけいることか。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません