人付き合いが極端に苦手な主人公が悲惨な人生を送る小説があったら教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/10 14:14:50
  • 終了:--

回答(1件)

id:morningrain No.1

morningrain回答回数824ベストアンサー獲得回数22005/09/10 14:48:42

ポイント70pt

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

水没ピアノ―鏡創士がひきもどす犯罪 (講談社ノベルス)

水没ピアノ―鏡創士がひきもどす犯罪 (講談社ノベルス)

  • 作者: 佐藤 友哉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

李陵・山月記 (新潮文庫)

李陵・山月記 (新潮文庫)

  • 作者: 中島 敦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

質問の文を読んで一番始めに思いついたのが、太宰治の『人間失格』です。


最近の小説では、佐藤友哉の作品が人付き合いの苦手な主人公を執拗に描いています。特にこの水没ピアノは「21世紀の人間失格」ともいうべき雰囲気があり、現代の”ひきこもり的メンタリティ”ともいうべきものを余すことなく描けていると思います。


あと、中島敦の『山月記』もそういった作品と言えると思います。

id:VincentSakamoto

早速のお答え有難うございます。人間失格、山月記は学校でやりましたから読んだ事があります。水没ピアノは初めて知りました。少し調べたところ、とても内容を気に入りました。今度読んでみたいと思います。もし他に、阿Q正伝みたいな、最初から最後までクズでどうしようもない主人公が出てくる作品があったらお知らせください。

2005/09/10 15:28:04

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません