植物の学名に詳しい方に質問します。食用アマランサスの学名Amaranthus HypocondriacusがどうしてHypocondriacusなのか、教えていただける方いらっしゃらないでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/10 23:40:56
  • 終了:--

回答(2件)

id:dqndamepo No.1

dqndamepo回答回数337ベストアンサー獲得回数132005/09/11 02:29:15

ポイント50pt

おそらく ”hypocondriacus” でなく、”hypochondriacus” だと思うのですが、ヒポコンドリー、つまり「心気症」からきているのでは。


ヒポコンドリーは、ヒポコンドリア(hypochondria)というギリシア語からきており、「肋軟骨下(の器管の異常)」から転じて、心気症という意味になりました。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/15/1505.htm

1505�u�w�������i�포���j�v

種小名の接頭 ”hypo~” は、 ”の下、不完全の” という意味(今回の場合は前者)。

”chondria”(ラテン語でchondriacus)が「軟骨」を表しています。

ラテン語とギリシア語では違うので、chondriacusで検索してみましたら、上記pdfファイルにて、 ”chondriacus=zum Knorpel”(和訳:「軟骨へ」) との記述を見つけましたので、合っていると思います(ドイツ語のものしか見つけることができませんでした)。

↑種小名は形容詞または名詞だということはご存じかもしれませんが、一応。

下のように、鳥にも、hypochondriacusを種小名にもつものがありますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%8...(Sibley):detail]

なぜ心気症なのか? と訊かれると困ってしまいますが。

↓本当に憶測でしかないですが、もしかしたら、こういうことだったりするのかもしれません……。

id:asch

いろいろお調べくださり、ありがとうございます。ヒポコンドリーは知っていましたが、どう繋がるかが不明でした。もう少し調べてみます。

2005/09/12 12:58:26
id:yahara No.2

yahara回答回数1ベストアンサー獲得回数02005/09/11 11:49:12

ポイント40pt

Amaranthus hypochondriacusは、植物の命名法を確立したリンネが、「植物の種」(Species Plantarum)の中でつけた学名です。hypochondriaは腹部という意味であり、この語が転じたhypochondriacusは「陰気な」という意味の形容詞です。リンネがなぜこのような名前をつけたかは定かではありませんが、おそらく食用アマランサスがたどった歴史を念頭に置いたものでしょう。アステカ時代のメキシコでは、食用アマランサスを使ってアステカ神をかたどった人形を作り、それを食べることで、神と一体化して儀式を祝うという習慣があったそうです。メキシコを征服したスペイン人は、この習慣を「神を食する邪教」の式典として忌み嫌い、寺院を破壊し、僧侶を強制労働に送ったり、殺したりしたそうです(http://www.killerplants.com/plants-that-changed-history/20050111...参照)。Amaranthus hypochondriacusはその後、食用ではなく園芸用植物としてヨーロッパに持ち込まれ、 prince’s featherという優雅な名前で呼ばれました。リンネはこの植物を命名するときに、花序の美しさではなく、「邪教」の式典に使われたという歴史に思いを致したのでしょう。

id:asch

ありがとうございます。自分の推測と大体一致していました。とても興味深いエピソードですが、ここからの命名でしょうか。

2005/09/17 23:43:31

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません