映画「50回目のファースト・キス」のドリュー・バリモアとアダム・サンドラーが太っているのは、どういった狙いなんでしょうか? 米国では大ヒットしたそうですが……。「ブリジット・ジョーンズ」のレニー・ゼルヴィガーが太めなのは、中年太りが出始めて容姿にも自信を失いつつあるという設定を嫌味に感じさせないために必然的に必要な状況だったと思うのですが、「50回目〜」の太り方は微妙。あそこまで太らなくても話は通じると思うわけで……。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/19 01:31:48
  • 終了:--

回答(3件)

id:kkmori No.1

kkmori回答回数823ベストアンサー獲得回数42005/09/19 07:50:36

ポイント20pt

http://plaza.rakuten.co.jp/isz5150/diary/200506200000/

50回目のファースト・キス (2004/米) - エンタメ系のススメ - 楽天ブログ(Blog)

小豚ちゃんが魅せる本年度最高のラブ・コメディ

id:hkt_o

回答になってないと思いますが。なんでプレイボーイ役とヒロインが太っている必要があるの? という質問をしているのです、私は。

2005/09/20 01:02:51
id:hiromuselect No.2

hiromuselect回答回数3ベストアンサー獲得回数02005/09/20 22:30:51

ポイント40pt

 実は狙ったわけではないのではないか、というのが真相な気がします。


 一般的にハリウッド映画に主演するスター級の役者はかなり先までスケジュールが詰まっており、出演契約を結ぶ時点と、実際に撮影される時点にはかなりのタイムラグがあります。

 また、トム・ハンクスなどは役作りのため事前に体型を作り上げるなどと言われておりますが、必ずしも一流の俳優全てがそこまでストイックというわけではなく、特にドリュー・バリモアは太ったり痩せたりを繰り返すことで有名な女優ですから、契約した時点と体型がずいぶん違う、という事態が考えられます。

 もちろんこういったことがチャーリーズエンジェルで起これば、大金をかけて厳しいダイエットに臨んだり、公開後役者として酷評されるなどデメリットも大きいのでしょうが、今回は制作側も「まあコミカルな部分を考えればこれはこれでアリか」と考えたのではないでしょうか。

 彼女の一番の魅力がスタイルの良さにあるわけでもありませんし。


 アダム・サンドラーについてはそういった話は特に聞きませんが、元々それなりに太っていてもコメディへの出演で魅力的な男性の役を演じ、高評価を得ていますから、やはりこちらも「まぁコミカルな部分を考えれば…」と判断されたといった所ではないでしょうか。


 そして実際に彼女達が太っているかどうかによらず、映画として高評価を得られたので、狙ったわけではないにしろ、そう間違った選択ではなかった、というような所が真相ではないかと自分は考察します。

 

id:hkt_o

結果オーライではありますよね。

2005/09/21 17:23:43
id:yamayan1967 No.3

yamayan1967回答回数74ベストアンサー獲得回数02005/09/21 16:49:04

ポイント20pt

個人的な理由ですが、


幸福感をだそうとしたんじゃなでしょうか。

痩せている人を見るより太った人の方が見てると

幸せになります。

id:hkt_o

うううううむ、そういうことであれば、太目の主人公(とくに女性)が可愛く描かれる映画が、もっと増えてもよさそうな気がします。

「愛しのローズマリー」も、太った姿はあまりきれいじゃない、という設定でしたし、たいていの映画において、太った女性は「おばさん」の役回り。恋愛現役世代のヒロインはたいてい太っていない女優が選ばれます。

今後、だんだんアメリカ人の肥大化傾向に合わせて、太目の男女が「ふつうの登場人物」として描かれる映画が増えていくのかな? と思って、質問してみたんですね。「太っている」ことが全然、説明されなくて、何の欠点としても描かれない。プレイボーイが太めでも、ヒロインが太めでも全然問題なし、というトレンドがあるなら、「時代も変わったな」という感じ。

2005/09/21 17:23:49

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません