大学のレポートの題材です。地盤沈下が叫ばれている関西の製造業ですが、再活性化しようとする、ユニークな取り組みや、具体例を教えてください。個別企業の取り組みでも、業界の取り組みでも結構です。

ただし、最近、半年以内の情報に限ります。
東大阪の人工衛星などは、前の話なので除外ということでお願いします。
なお、使えるネタには、ポイントをはずみますが、そうでないネタは、あまりポイントを出さない、主観的配分をご了承ください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/19 07:14:35
  • 終了:--

回答(4件)

id:kkmori No.1

kkmori回答回数823ベストアンサー獲得回数42005/09/19 07:41:49

ポイント15pt

http://www.kiser.or.jp/research/040401_sangyo_koudoka.html

(財)関西社会経済研究所:研究プロジェクト > これまでの調査研究成果 > 関西における産業高度化のあり方調査

産業の高度化が製造業の地盤沈下を防止する方法だと思います。

id:mitsui090

残念ながら、これは知っていました。2003年以前の調査に基づく報告であり、現状は、だいぶんと乖離しています。

新しい情報をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

2005/09/19 10:52:31
id:kojikomatsuzaki No.2

こうじ回答回数100ベストアンサー獲得回数02005/09/19 12:59:44

ポイント10pt

大阪府中小企業家同友会のサイトです。


関西の製造業というと、京セラ、松下、三洋、シャープ、ダイハツさんといった大企業さんもあるかと思います。

しかし、中小企業さんのほうが圧倒的に多い。かつエナジーを持った人がいらっしゃる。

しかし、そういう人たちの多くが「はてな」をご覧になっているとは思い難いのです。

直接経営者団体である同友会さんに調査の電話等されたほうがよろしいかと思います。

「大学のレポートによる調査だけど」と言えば、問題なく協力してくれるでしょう。

http://www.osaka-sci.or.jp/

�����{���H���A���� �|MY HOME OSAKA�|

こちらは大阪府商工会連合会です。

経営者団体ではありませんが、大抵の企業・個人事業主(SOHOや無店舗販売、ベンチャーは少ないかも知れませんが、製造業であれば大抵入っているものと思われます)は商工会議所・商工会に加盟しているでしょうから、情報は入ってくると思います。

こちらも電話でいったん確認して場合によっては足を運ぶって感じでしょうね。


「半年」というスパンですと商工会報や地方紙(大阪には朝刊はありませんが)、地域ミニコミ誌が情報源になる可能性が大ですね!


Web等インターネット上で探してもかなり限定された情報しか出てこないと思います。

id:mitsui090

各種団体で、統計的に行っている調査は、事業成果確定後の古いものしかあがりません。

個人ベースで、各種団体の指導員や調査員の方にヒアリングしてナマの情報を聴く手はありますが、公開情報では無いので、利用不可となることが多いです。

Webなどの公開情報で有れば、ありがたいのですが。

もう少し、御回答をお待ちします。

2005/09/19 13:14:53
id:sg800s No.3

sg800s回答回数43ベストアンサー獲得回数02005/09/19 14:57:49

ポイント15pt

http://www.rodan21.com/

東大阪異業種交流グループ<ロダン21>

東大阪の中小企業が集まったものづくりのグループです

ちょっと古めですが現在でもリアルタイムで動いている航空産業です。

id:mitsui090

すみません。両方とも現在は、当初の理念から、離れて、種々の問題を抱えているらしいと聞いております。

なるべく、新しいものを、よろしくお願いいたします。

2005/09/19 15:38:56
id:KENTAS3 No.4

KENTAS3回答回数2ベストアンサー獲得回数02005/09/22 14:41:28

ポイント30pt

経済産業省が、中小企業連携による有望な新規事業を支援する制度が、いわゆる新連携事業認定です。近畿経済産業局が認定している12のうち、9が製造業に関係するものです。

id:mitsui090

ありがとうございます。これは、新しいですね。

これをもとにして、ヒアリングしたいと思います。

2005/09/22 14:49:56

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません