【論文の翻訳不明部分 3/3】教育工学の論文「カリキュラム作成支援システム: CASCADE」(Educational Technology Research and Development誌、2002年 50巻 No.4)を翻訳しているのですが、そのうちの3つの文章が、恥ずかしながら僕には翻訳できませんでした。英語に強い方、よろしくお願いいたします。


[1] 翻訳ソフトにかけただけの文章を回答するのは避けてください。
[2] 3質問に分けます。これはそのうちの1文です。

なお直前の文章の日本語訳をつけました。

[直前の文]
ソフトの開発手順をより明確にするために、システムは、いくつかの要素に分解された。(de Hoogとde Jongとde Vries・1994年).

[翻訳ができない文]
In the CASCADE products, the first component is the content of the system, referring to the conceptualization of the curriculum development task(s) that are supported by the tool.

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/19 13:39:36
  • 終了:--

回答(3件)

id:komasafarina No.1

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/09/19 13:51:26

ポイント50pt

http://d.hatena.ne.jp/komasafarina/

komasafarina’s ☆ Somethin’ Celebration Is Goin’ On

(URLは、回答者からのダミーCM)


・CASCADEという製品において、最初のコンポーネントは、このツールによってサポートされるカリキュラム開発というタスクの概念化に関するシステムを内容としている。


でどうでしょうか?・・・

id:lionfan

komasafarinaさん、ありがとうございます。

ただこの訳では「理解できた!!」という感じがしないのです。申し訳ございません。もちろんポイントは差し上げます。

もともとの文章が不明瞭であるとか、僕のコンピュータに関する知識が不足していると言うこともありえますので、

以降の方は、かなり意訳をなさってOKです。よろしくお願いいたします。

2005/09/19 14:07:17
id:matsunaga No.2

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872005/09/19 14:08:49

ポイント50pt

http://www.hatena.ne.jp/1127104776#

人力検索はてな - 【論文の翻訳不明部分 3/3】教育工学の論文「カリキュラム作成支援システム: CASCADE」(Educational Technology Research and Development誌、2002年 50巻 No.4)を翻訳して..

CASCADE製品における第一の構成要素は、システムの内容である。これは、このツールでサポートされているカリキュラム開発タスクを概念化したものだ。


前後がわかりにくいのでいじりにくいですが。

id:lionfan

matsunagaさん、ありがとうございました。読みやすくなったと思います。これで満足です。

2005/09/19 14:11:13
id:mari_0826 No.3

mari_0826回答回数116ベストアンサー獲得回数02005/09/19 14:10:45

ポイント50pt

CASCADEの製品、第一の構成要素はシステムの内容で、カリキュラム開発の概念化の任務、すなわち道具によってサポートされるものである。

id:lionfan

mari_0826さん、ありがとうございます。それではこれにて終了です。

2005/09/19 14:11:49
  • id:tosshie
    せっかく訳したので載せときます笑

    CASCADEという製品では、まず最初にシステムの内容について述べている。
    ツールによってサポートされるだろうcurriculum development taskとは何ぞやという事を述べている
  • id:lionfan
    Re:せっかく訳したので載せときます笑

    ありがとうございます。ポイントをメールにて送信いたします。
  • id:tosshie
    Re(2):せっかく訳したので載せときます笑

    ごっつあんです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません