貯まったポイントを眺めて、ある程度の満足感を覚えると共に、ゼロがもう一つついていさえいれば… などと思っております。All About Japan の向こうを張った、100ポイントスタートの はてな専門家、というのをしたらどうかと、既に はてなに連絡済ですが、皆様はどう思われますか? 【たとえばこんな感じ】1.これまでの質問を、10カテゴリーぐらいに分類して、各カテゴリーで はてな専門家を募集する。2.最初は1問100ポイント専門家からスタートし、満足な回答を出せれば、50ポイント刻みで上がり、満足な回答を出せないと、50ポイント刻みで下がる。3.専門家は、500ポイント専門家になると、はてなエキスパート、として登録が可能になり、ページを与えられて集客に励む。500ポイントにまでいくとそれ以上は上がらず、はてな専門家としてフリーで行くか、はてなエキスパートとしてウェブスタッフになるか、どちらでもいい。4.質問者は専門家/エキスパート扱の質問、ということで質問することができる。本当に必要な時は1コイン出せば、我先にと専門家/エキスパートが真正な情報を提供する。【効果】OKWebや答えてねっとから、パワーユーザーがこぞってやってくる(はず)

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2005/09/21 23:29:29
  • 終了:--

回答(101 / 0件)

Q01(複数選択)

もっと(1000ポイントとか)欲しい/出してもいい25
これなら答え甲斐がある/質問のし甲斐がある17
300ポイントぐらいなら妥当(エキスパート制なし)5
100ポイントぐらいでいいのでは12
現状の方が答えるのも質問するのも気楽51
合計101

集計

×
  • id:pasosavi
    なるほど…

    大まかに言って、
    改革と保守が半々、のような…

    この数十円のやり取りのシステムで、
    果たして はてなが今後共続いていくのか…
    と思ったりしますが、
    その辺は、どうなんでしょうか?

    皆様もどうぞ、
    ご自身のご意見を いわし してください。:-)
    http://pasosavi.ld.infoseek.co.jp/
  • id:newmemo
    「業として行うこと」が問題になってきます。

    質問内容によりますが税理士法でも弁護士法でも業として行うことが、高額ポイントになりますと問題になってきます。10ポイントか40ポイントぐらいなので問題視されていない訳で、500ポイント程度になりますと資格を持っている人間のみに回答が許されるようにしなければならなくなります。(20の良回答で一万のポイントですし)。

    あまり高額ポイントですと当局が税理士法・弁護士法違反容疑で捜査に乗り出すことも考慮しなければならなくなります。そのような資格を有している事を証明して専門枠を設定したとして、今度は実業での儲けと比較してせっせと回答するでしょうか。
  • id:pasosavi
    Re:「業として行うこと」が問題になってきます。

    >…税理士法でも弁護士法でも業として行うことが、高額ポイントになりますと問題になってきます。…
    >
    >あまり高額ポイントですと当局が税理士法・弁護士法違反容疑で捜査に乗り出すことも考慮しなければならなくなります。…

    なるほど… 道理ですね… やっぱり無理か…

    All About Japan はボランティアそのものですし、
    答えてねっとなどは、
    回答者としてはもう行きたくない、というのが本音です…
    (見返りとして抽選でプレゼント、ですから…
     ↑Microsoftらしいことはらしい…
      でないと億万長者にはなれません >ゲイツ氏

    はてなはシステム的には一番でしょう。
    ジャンルがごっちゃなのがかえっていいような
    現行のシステムで和気あいあいが宜しいのかも

    ここの皆様は大人という気がしています。:-)
    http://pasosavi.ld.infoseek.co.jp/

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • sptmjp sptmjp 2006-03-13 16:13:10
    question:1126860112:title http://www.hatena.ne.jp/1126860112#a3 たとえば「○天コンサルティング」なんていうのが現れて、 そこにはあらゆるジャンルのコンサルタントが揃っていたりとか。 法律相談か
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません