ケインズの理論は、小さな政府大合唱の中現在どのように評価されていますか?

あわせて竹中大臣はケインズについてどう考えているのかわかるところを教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/22 12:04:22
  • 終了:--

回答(1件)

id:aki5921 No.1

aki5921回答回数156ベストアンサー獲得回数02005/09/22 13:51:52

ポイント40pt

URLはダミーです。

個人的な見解ですが、、、ケインズじゃないと地方は潤わないんじゃないですかね。

僕は茨城の田舎に住まい、東京で仕事をしていますが、田舎の業者などは、「公共事業がなくなると潰れる」、東京の人たちは「無駄な公共投資を断つべし」と言っています。

勿論、そんなことを言っている業者は営業努力をしないとんでもない毒饅頭軍団なわけで、世の中のためには一旦、粛清されるべきなのでしょうが、そうなると田舎の雇用は激減してしまいます。経営者よりも、労働者が困るのです。

だから田舎の人たちは、一概に小さな政府になることを望んでいません。田舎ではケインズ主義者の国会議員が当選する傾向にありますが、それが世情と評価を反映しているのではないでしょうか。

でも個人的に、小さな政府って、消極国家の再来

http://www.suntory.co.jp/sfnd/gakugei/sei_kei0013.html

サントリー学芸賞 サントリー文化財団 サントリー

ここに書かれているのは竹中大臣の論文評ですが、大臣の持論はケインズ理論について一定の評価をしつつも、民間投資に力を入れるという立場です。

民間投資重視の経済政策はケインズ理論と異なります。大臣の学派は米国の新古典派経済理論に属するわけですが、新古典派論の実施には完全雇用の前提があるわけです。

従って大臣もある程度、ケインズ論については認めざるを得ないのではないか、というのが持論です。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=6420

るいネット - 新理論サイト

id:izunagonago

簡潔にまとめていただきありがとうございます。

情報の偏在性はなくならないのだから、完全競争というのは現実社会ではないですよね。

竹中氏の考え方は、新古典派の理論が取りこぼす部分を政府がやるというイメージですかね。

2005/09/22 17:14:30

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません