対数関数と指数関数、またeとLogに関して文系にもわかりやすい説明と、なぜとても有効なのか、使い方などを教えているHPがあったら教えてください!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/23 13:13:25
  • 終了:--

回答(4件)

id:urafum No.1

urafum回答回数414ベストアンサー獲得回数112005/09/23 14:28:51

ポイント30pt

指数を使うと大きな数を小さな数を使って表現できます。さらに対数を使うと掛け算の計算を足し算に置き換えることができるので計算が楽になります。天文学などの非常に大きな数を使って、手計算しなければいけないときに非常に便利なものです。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5427/math/fe_explog8...

底がポイントでした(指数・対数の講座(8))

id:masakana

ありがとうございます。

特に1番目のリンクが参考になりました。

2005/09/25 16:48:22
id:sugiyasato No.2

sugiyasato回答回数157ベストアンサー獲得回数22005/09/23 14:38:09

ポイント40pt

まず、指数・対数の簡単な説明としてはここらへんが分かりやすそうですが、まだまだこれでは「数学」っぽいですね。練習問題があります。

これは(「文系にも」というところで)英語のアナロジーで指数・対数の関係を説明したページです。

同じサイトからですが、”指数・対数”の項に「どんなところで使われているか」、「折り紙で作る対数グラフ」などがあります。

自然対数の底eについての基本情報はこんなところです。

ここには(ちょっと難しいですが)起源や体感する方法の記事があります。

http://okiraku.air-nifty.com/neo/2004/12/post_7.html

Neoのおきらく報告: オイラーの公式

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410401303X/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 博士の愛した数式: 小川 洋子: 本

おまけですが、”e”(を含むオイラーの公式)の素晴らしさは「博士の愛した数式」で評判になりました。


ご参考になれば。

id:masakana

大変ありがとうございます。

レベル別にとても参考になりました!

2005/09/25 16:49:48
id:ttamo No.3

たも回答回数175ベストアンサー獲得回数292005/09/23 17:57:05

ポイント25pt

指数・対数は私たちの普段の感覚に合っている、というページです。


しかし基本的には、

Log を使えばかけ算を足し算にしてくれるし、割り算を引き算にしてくれるので

大きい数でも簡単に計算できて嬉しい、というのが利点です。


log(mn)=log(m)+log(n)

log(m/n)=log(m)-log(n)

log(m^n)=n log(m) ※mのn乗のlogがmのlog にnをかけたものに等しい


e が便利だというのは、算数で 1 が便利な数なのと同じです。

対数に関して基本的な単位になるものを追求していくと

e になるということです。という説明ではいかがでしょう。


私たちの耳も自然に対数の音階を美しいと感じます。


「ネピアが対数の表を作ってくれたおかげで,天文学者の寿命は延びたということだ。」

id:masakana

大変ありがとうございます。

音階と天文学の話も参考になりました

2005/09/25 16:51:42
id:aki5921 No.4

aki5921回答回数156ベストアンサー獲得回数02005/09/23 21:09:28

ポイント20pt

指数関数の基本についてやさしく書かれています。まずはこれで指数関数慣れしましょう。

上記のシリーズですが、対数についてやさしく書かれています。

http://ab.sinryow.net/lesson/shisu.html

指数・対数関数の基本

ちょっと慣れてきたら、法則性を掴んでみましょう。

eの定義は少々難しい内容ですが、上記の内容は分かりやすいので、興味があればそれなりに楽しめるのではないかと思います。

id:masakana

ありがとうございました!

とてもわかりやすいと思います。

2005/09/25 16:54:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません