高橋歩さんの若い時のことが詳しく書かれている本を紹介してください。よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/25 00:04:33
  • 終了:--

回答(1件)

id:SSC No.1

SSC回答回数47ベストアンサー獲得回数02005/09/25 02:21:52

ポイント50pt

Adventure Life ~愛する人と、自由な人生を~

Adventure Life ~愛する人と、自由な人生を~

  • 作者: 高橋 歩
  • 出版社/メーカー: A-Works
  • メディア: 単行本

新装版 毎日が冒険

新装版 毎日が冒険

  • 作者: 高橋 歩
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • メディア: 単行本

ヘブンズ・ドア

ヘブンズ・ドア

  • 作者: 高橋 歩
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリパブリッシング
  • メディア: 単行本

自分で読んだ訳ではないので、参考になるかどうか・・。

ご本人の著作ばかりですが。


【アドベンチャー・ライフ】

“夢”と“冒険”に生きる自由人・高橋歩が綴った、

20代、10年間のライフストーリー&言葉集。

「10代。なんでもやってみよう」

「20歳。自分たちの店を始める」

「23歳。自分たちの出版社を始める」

「26歳。妻とふたりで、世界放浪の旅へ」

「28歳。帰国。沖縄の離島から、島プロジェクト始動!」

「30歳。今、想うこと」


【毎日が冒険】

本場テキサスでのカウボーイ修業に始まり、無一文&未経験&コネなしから、

自分の店を始めたり、自分の本を出版したり、自分の会社まで創ってしまった

25歳の自由人が語る爆笑サクセス・ストーリー。97年刊の新装版。


【Heaven’s door 】

当時、全社員の平均年齢は20歳ジャスト。

「日本一若くて、日本一熱くて、日本一バカ」なクラブ活動みたいな会社「サンクチュアリ」。

4人の貧乏学生の、アメリカンバー出店物語。95年刊「ヘブンズドアー」の新装版。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません