なぜ、市民活動支援センターが必要か?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/25 02:18:27
  • 終了:--

回答(6件)

id:sarigamba No.1

sarigamba回答回数8ベストアンサー獲得回数02005/09/25 05:50:24

ポイント15pt

「自治体とNPOのパートナーシップ」


お互いにとってメリットとなるような発展の形にもっていくことが大切かと思います。

id:macinmac No.2

macinmac回答回数90ベストアンサー獲得回数02005/09/25 08:46:53

ポイント15pt

不要

id:daimio_oak No.3

daimio_oak回答回数85ベストアンサー獲得回数02005/09/25 10:32:57

ポイント15pt

http://www.bk1.co.jp/product/1689255

オンライン書店ビーケーワン 404 ページを表示することができません

上記の本は、支援センター (中間支援組織、インターミディアリーとも言います) の必要性を、「トランザクション・コスト」の観点から説明しています。


NPOなどの市民活動が機能するためには、資源提供者 (ボランティアや寄付者・会員・外部の協力者など) とNPO、NPOとサービスの受け手との間が有効に結びつかなくてはなりません。資源提供者-NPO-サービスの受け手を結びつけるためのコスト (金銭的費用だけでなく、労力や時間も含めて) を、経営学の用語を応用して「トランザクション・コスト」といいます。


しかし、この関係づくりは、単独の団体ではうまくいかないこともあります。その結果、「ボランティアをしに行ったけど雑用しかさせてもらえなかった」「一生懸命やっているのになかなか仲間が集まらない」「NPOは活動しているが、本当に必要なことをやってくれない」などのミスマッチが起こります。


こうしたトランザクションコストを低減し、資源提供者に社会的意義の高いNPOを紹介したり、NPOに資源調達や事業展開のアドバイスをしたりするのが、中間支援組織です。具体的な活動としては、情報の収集と提供、NPOに関する相談窓口、各団体のレベルアップのための研修、NPOに関する世論形成 (イベント・調査研究・政策提言など) といった活動をしていることが多いようです。

http://www.jnpoc.ne.jp/

日本NPOセンター

上記は日本を代表とする支援センターです。活動内容として、(1)情報事業、(2)相談・企画協力事業、(3)研修・交流事業、(4)調査・研究事業、(5)創出展開事業、(6)ネットワーキング事業、(7)制度関連事業、を掲げています。

id:borin No.4

borin回答回数2053ベストアンサー獲得回数02005/09/25 12:36:51

ポイント15pt

http://www2.city.minoh.osaka.jp/KATUDOU/NPO/SIENSENTA/dai4kaikai...

市民活動促進課:第4回市民活動支援センター設立準備会会議録

・町内会と市民団体が協力し合うこと

・社会全体で子育てすること

など、人々がお互いを思いやり協力する場として必要だと思います。

id:sazannka No.5

sazannka回答回数10ベストアンサー獲得回数02005/09/25 13:49:14

ポイント15pt

さぁね。。。。。。。。。。。。。。。。

id:jiyuujin No.6

jiyuujin回答回数740ベストアンサー獲得回数22005/09/25 19:37:36

ポイント15pt

http://www2.city.minoh.osaka.jp/KATUDOU/NPO/Center/report.html#1.:detail]

総合的な市民活動推進機関の必要性について載っています。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません