足つぼマッサージは、痛い個所を刺激することで、実際にその個所が示す臓器が治癒されるのでしょうか。それとも、単に「痛い個所=病んでいる臓器」を示すだけですか? 実際に何らかの治癒の効果があるのでしたら、その原理を素人にもわかるように説明していただけると助かります。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/25 23:29:58
  • 終了:--

回答(4件)

id:mimibukuro No.1

mimibukuro回答回数1299ベストアンサー獲得回数32005/09/25 23:51:40

ポイント30pt

http://www.ashitsubo.com/ashimomi_kenkouhou02.html

�����݌��N�@�@���̗��̒n�}���@���ˋ��@���c�{���N����

以下URLより抜粋します。


足ツボマッサージとは、足の反射区療法といい、実は足のツボを刺激するものではなく、身体の器官に、反射的なつながりがあるとされる反射区(はんしゃく)と呼ばれるゾーンを刺激して身体のいろいろな部位の疾患(しっかん)を治そうというものです。

反射区とは、身体の各機関や各部位につながっている抹消神経(まっしょうしんけい)が集中しているところで、この反射区を押したり、もんだりすると、その反射区と関連のある器官と生理機能が刺激を受けて血液循環がよくなり、不快な症状から開放される仕組みになっています。


実際に私も足ツボマッサージに足繁く通っています。少し前、気が向いたときに、ふらりと行っていたときは「あー痛いなー」とか「気持ちいいなー」としか思いませんでした。が、頻繁に通うようになってから気が付いたんですが、「いつも同じ場所が同じように痛いわけではない」ということに気が付きました。まあ当たり前なのかもしれませんが…。たとえば、いつにも増して残業続きの時は、目のところがひどく痛かったり…むくみがひどいときには腎臓のところが痛かったり、など、押して痛いところにはびっくりするくらい「心当たり」があります。で、マッサージ中はひどく痛いわけですが終わってみると目がすっきりしたり、毎回100%というわけではありませんが、むくみなどはだいぶ改善されます。

痛い箇所をその日一度だけ刺激したからと言ってすぐに治癒、というわけではないと思われますが、【その反射区と関連のある器官と生理機能が刺激を受けて血液循環がよくなり】という部分の通り、やはり(個人差や状況などにより効果の多少はあれど)治癒の効果はあるものと思われます。

http://www.ashitsubo.com/ashimomi_kenkouhou06.html

�����݌��N�@�@�����Ăق������Ɓ@���c�{���N����

このページの最後に、こう記されています。


確かに「足裏健康法」は効果がありますが、病気を未然に防ぐこと、そして自分の身体の異常をいち早くキャッチするのも重要な役目のひとつです。


確かに、どこが悪い(疲れている)かを知ることによって早めに「休む・病院に行く」などの対策を取ることが出来ます。あくまでも目安ではありますが。そういう点から考えると、治癒だけではなく予防の効果もあるものと思われます。

id:hken

なるほど。非常に説得力のあるわかりやすい説明ですね。ありがとうございます。

もう少し、続けてみます…

2005/09/26 00:08:56
id:amifumi No.2

amifumi回答回数323ベストアンサー獲得回数12005/09/26 00:10:30

ポイント20pt

http://www.hatena.ne.jp/1127658598#

人力検索はてな - 足つぼマッサージは、痛い個所を刺激することで、実際にその個所が示す臓器が治癒されるのでしょうか。それとも、単に「痛い個所=病んでいる臓器」を示すだけですか? 実..

アドレスはダミーです。

東洋医学では体内をエネルギーが循環する道筋のことを経絡(けいらく)と呼びます。そして内臓に病気が発生するとその臓に関係する経絡に異常が発生します。人間の体には三百六十五のつぼがあり、十二ある経絡に沿って配列されています。つぼに刺激をあたえることでそのつぼと密接な関係にある臓器の状態がよくなるのです。

分かりやすく言うと

体に12の線路が通っていてふだんは何事もなく電車が通っているけどある日せんろがはずれ脱線してしまった(病気の状態)それをつぼに刺激を与えることによってまっすぐな線路に戻すとこんな原理です。分かりにくかったらすいません。

id:hken

ありがとうございます。

2005/09/26 14:54:52
id:borin No.3

borin回答回数2053ベストアンサー獲得回数02005/09/26 00:35:49

ポイント10pt

ツボは関係する内臓や器官に不調があると、様々な反応を示します。

そしてツボの位置に個人差があるように、

ツボを押したときの反応にも人によって違いがあります。

例えば痛みを感じる場合、

押したときに「キーン」という鋭い痛みを感じる人もいれば、鈍い痛みを感じる人もいます。

体調によって痛み方も異なり、いつも同じとは限りませんので注意してください。

さらにツボの部分が固くなっていたり、

赤くなっている、腫れている、あるいは皮膚の表面がカサカサしていることもあります。

ツボが関係する内臓や器官の状態の変化が、

そのツボにも変化となって表れるのです。

ですから、毎日ツボを刺激しながらこういった小さな変化を見逃さぬよう

微妙な変化をキャッチして、そのツボを根気よく刺激することが大切です。

id:hken

ありがとうございます。

2005/09/26 14:55:12
id:itarumurayama No.4

itarumurayama回答回数735ベストアンサー獲得回数222005/09/26 07:40:15

ポイント10pt

http://www.ktv.co.jp/ARUARU/

発掘!あるある大事典II WEBSITE

あるある大辞典での仮説をデフォルメした説明。


足裏における肝臓の反射区を刺激した場合、肝臓そのものを刺激した場合と、脳内の同じ部位が反応するそうです。

そこで仮説。


肝臓の反射区の足裏刺激により、本来「足裏の反射区を活性化しろ」というメッセージを足裏が出しているにもかかわらず、脳の側が「これは肝臓からのメッセージだ。肝臓を活性化しなきゃ」と「誤解」して、結果として肝臓へ活性化するようにメッセージを出す。


東洋医学の真髄である足裏を西洋医学的に分析すると、こうなります。

id:hken

ありがとうございます。

2005/09/26 14:55:26

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません