調停離婚の際の夫から妻への土地建築等の譲渡に対して、夫には譲渡所得として課税されるのは、所得税制からみて妥当だと思いますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/26 02:52:01
  • 終了:--

回答(2件)

id:a0003119 No.1

a0003119回答回数245ベストアンサー獲得回数12005/09/26 06:36:19

ポイント40pt

ものの保有損益を認識する最後の機会として、ものが保有者から手を離れる瞬間である「譲渡」という事実を捉えています。

 したがって、妥当です(税法の教授もそういうでしょう)。

id:haltake No.2

haltake回答回数245ベストアンサー獲得回数02005/09/26 09:44:05

ポイント10pt

http://www.tabisland.ne.jp/explain/fudousan/fudo_203.htm

�h�h�|�R�@���������y�n�������n�����ꍇ

妥当だと思います。

(財産分与の場合)

夫は、自己の所有する財産価値を考慮し妻へ譲渡するのであり、財産価値が現実化していると考えられるからです。(なお、ご存知だとは思いますが、土地が購入時より値下がりしているときには譲渡損失が発生する事になりますね。)


もし、譲渡所得・損失として取り扱わない場合、相続と同様に取得価額を引き継ぐことになるでしょう。この場合、譲り受けた際の算定額ではなくの夫の購入価格により譲渡所得・損失を計算することになりますので、これは不適切であると考えられるからです。やはり、夫から妻へ譲渡された際に一度清算するのが適切であると考えます。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません