DVテープの再生不良について。昔、友人から映像編集したDVテープをもらったのですが、ずっと再生していなくて、しばらくぶりに再生してみたら、まともに再生できませんでした。

状況は、
・テープの全編において、再生すると、テープの回る音が「キュルキュル」聞こえる。
・再生される画像、音もかくかくしている?

一度パーティーでその映像を見てはいるので、始めからおかしかったことはありません。

テープは見た目はきれいです。カビも伸び、切れもなさそうです。保管状態も悪くはなさそうです。他のテープは快調に見れているので、再生機材の問題ではないと思っています。
VaioのDVgateでフレーム補正をして取り込んでもだめでした。

考えられることは何かありますでしょうか?
また、回復させる方法はありますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/09/28 10:56:58
  • 終了:--

回答(2件)

id:nyanees No.1

nyanees回答回数206ベストアンサー獲得回数102005/09/28 11:03:24

ポイント25pt

http://item.rakuten.co.jp/

【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

URLはダミーです。

キュルキュルと音がする、というのは、多くの場合、巻きたるみができているときです。

巻き戻し早送りを何回か繰り返してみると治ることがあります。

かくかくするのは、もしかすると、巻きだるみがのびたり縮んだりするからかもしれません。


長い間再生していないと、テープは保管場所の温度によって、のびたり、縮んだりして、それが均一でないので、そういうことがおこるようです。

もし、これで解消されれば、いいのですが。

幸運をお祈りしています。

id:iiiiiiiii

ありがとうございます!

早速試してみます。

2005/09/28 11:05:12
id:ygiske No.2

ごったに回答回数37ベストアンサー獲得回数02005/09/28 11:14:51

ポイント25pt

元磁気テープメーカーの開発をしていたものです。おそらく、DVテープの摩擦係数が上昇しているものと思われます。テープの摩擦というのは、非常に複雑であり、外観では判断できません。磁気テープ面の表面粗さや潤滑剤やバインダーの種類、ベースフィルムの種類やバックコートの有無やカセットのメカニズムによっても変わります。

他のテープで問題ないとすれば、そのテープが時系列変化で摩擦係数が増加したか、粘着質の異物が磁性面からわき出した等が考えられます。解決の方法ですが、テープクリーニングはあまりお勧めできません。デッキとの相性というものがあるので、友人のデッキや他の方のデッキで再生し、ご自分のデッキにダビングする、それでもダメであれば、そのテープ会社のサービスステーションに持ち込んで事情をお話され、ダビングしてもらうのがよいかと思います。一流メーカであれば対応してくれるはずです。

id:iiiiiiiii

ありがとうございます!

本職の方からのご意見大変ありがたいです。

サービスステーションの利用を考えます。

2005/09/28 11:26:57

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません