現在ニート歴約1年半、うつ病(主にパキシルを服薬)歴4年の29歳男性です。

病気のため大学院博士課程を3年前に退学しました。
その後仕事は約一年半臨時やアルバイトの仕事をしました。
病気も一進一退で働いていたら悪くなるようです。実家で暮らしているので現在は金銭的には困りませんが、近い将来正社員となりそれなりの給料を貰わないと家族も持てないでしょう。
特技はPCですが、オフィスとHTMLとCSS程度しかわかりません。
質問ですが、今後のライフプランを具体的に提案して頂けないでしょうか。
ポイントは辛めに判断します。その代わり妥当に思われる提案には多くのポイントを差し上げます。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/10/07 05:45:56
  • 終了:--

回答(7件)

id:jyouseki No.1

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382005/10/07 06:06:54

ポイント15pt

http://www.hatena.ne.jp/q

人力検索はてな

私は現在家に引きこもって6年、病名はPTSD。テトラミドを主に服薬、金銭的には困っていませんが特技はパソコン。

あなたのことはとても他人事に思えません。

心の病気があると体力も日によって変わりますから、肉体的な労働は無理です。

やはりここは特技を生かしてパソコンの仕事をするのが最善かと思います。

給料は安くても、一般事務的な仕事がいいと思います。

その準備として、パソコン教室に通うといいでしょう。

やはり自力だけでは限界があります。

事務仕事といっても、ある程度の体力は必要ですから、毎日30分程度歩くことは欠かさないのがいいでしょう。

頑張ってください。

心から応援しています。

id:no-name98

同じ境遇からのコメントありがとうございます。

二つのことを同時に得ることは難しいとは考えていますが、一般的事務でのアルバイトは多いですが、女性中心でありアルバイトから正社員への道は厳しいように思います。よしんば正社員になれたとしても給料は知れています。多くを望みすぎだと思われるでしょうが。

身体と心は大きな関連があると云われます。ウォーキング、できるだけやってみたいと思います。

ありがとうございました。

あと、質問文への追記なのですが、自分は「小学校教員専修免許」を持っており、2ヶ月の臨時講師をしております。この歳で小学校教員を目指すことも実質的に(受験資格だけではなく)可能なのでしょうか。

2005/10/07 06:18:12
id:NINJAKUN8 No.2

NINJAKUN8回答回数16ベストアンサー獲得回数02005/10/07 06:52:05

ポイント15pt

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/main13_a2.htm

教員に関すること(教員支援情報)教員を目指す皆さんへ-文部科学省

こんにちは。

私も、ここ何年か薬のお世話になっています。

派遣などで、仕事をしていますが、やはり長期になると、

ストレスが溜まりやすく、嫌になってしまいます。


以前に塾講師をしていたことがありますが、

子供相手の仕事は、楽しく癒される事も多かった気がします。


教員の場合、各都道府県で年令制限が違ったように思います。


上記の、文部科学省のページに詳しく書かれていると思います。


今は、健常の方でも正社員になるのが難しい時代です。

焦らず、出来る事から始めてはいかがでしょうか?

規則正しい生活や、栄養の片寄らない食事、適度な運動など。

また、辛い時は無理をなさらずマイペースでいる度胸も大事だと思います。


家庭を持つことも、相手ありきのことですから、

あまり一般論に縛られず、正社員じゃないと結婚できない、などと思いつめないことです。

お互いに、自分を責めず、無理をせず、生かされていることに感謝して生きましょう。

id:no-name98

教員の年齢制限のことは問題にしておりません。

しかし、小学校の塾講師については需要が少ないように感じております。

家庭のことも、相手ありきとのことですが、取り敢えず相手に困ることは無いかと思います。

マイペースでいる度胸も大事だとは思いますが、それが何年も続くと度胸でなく、蛮勇になりかねません。

2005/10/07 07:09:34
id:porinki07 No.3

porinki07回答回数638ベストアンサー獲得回数02005/10/07 08:51:21

ポイント14pt

 正社員になりたいという焦っておられる気持ちは十分伝わってくるのですが、社員という身分になって一体何の仕事がしたいのかがよく判らないです。

 その辺の自己分析を含めて、職種や業種が絞り込むことからからはじめてみてはいかがでしょうか。

 例えば、XXになってもいいやという人と是が非でもXXになりたいと言う人を面接で採用するときに採用担当がどちらを採るか考えて頂ければ判ると思います。


 適職診断は上記だけでなく色々なサイトにありますので、その辺も参考にされてみてはどうでしょうか。

http://www.allabout.com/

AllAbout - Share your Knowledge - AllAbout

 また、仕事をすればストレスが溜まり、鬱が悪化する可能性が高くなりますが、それへの個人としての対症法をいくつか持っておくと仕事で失敗しても悪い連鎖に陥らないと思います。

 あとは、治療中に失った体力を向上させることだと思います。

id:komiyatakun No.4

komiyatakun回答回数910ベストアンサー獲得回数02005/10/07 09:00:44

ポイント14pt

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1428693/topics_deta...

livedoor ニュース トピックス - バジェステロス「ベッカムの策略にはまった」

パソコンは趣味にとどめることをおススメします。

やっぱり、人と多く触れ合う仕事がいいと思います。

長い人生ですから、出会いの場が多いほうが

苦しくても楽しめるはずで、楽しめなくても

絶対プラスです。

私がおススメするのは、年齢的に就職

は今年や来年中にしなければいけませんから

国家資格を取るのをおススメします。

宅建なんかどうでしょう?旅行業界

で、必須です。出会いも、需要もありますし、

なにより、平均勉強時間が200時間で

取れます。15%の合格率ですが

勉強しないで受ける人も多いので

実質20%はいくでしょう。

ですが、やっぱやりたいことを自分で

見つけるのが一番ですね。

id:jyouseki No.5

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382005/10/07 09:41:03

2回目回答申し訳ありません。

大切なことを書き忘れていました。

あなたは正社員で働いたとして、心に病気があることを、会社の人に言うつもりでしょうか。

それは私の経験上、絶対やめた方がいいです。

まず採用時にはねられる確率が高いです。

人間関係や給与、昇進にも影響があると思います。

心の病気を持った人への差別が今でも多いからです。

「キチガイ」「人間じゃない」といった酷い偏見を持った人がいます。

精神病の薬は「麻薬、覚醒剤と同じようなもの」と考える人もいます。

どうしても発覚してしまったらやむを得ませんが、隠し通したほうがいいと思います。

薬を飲むときはトイレの中などで。

かつて私が働いていたときは、明らかな差別を受けました。正直、暴力もありました。

これが現実です。

id:nyanees No.6

nyanees回答回数206ベストアンサー獲得回数102005/10/07 10:05:09

ポイント28pt

http://plaza.rakuten.co.jp/yowatarineko/

世渡り下手の野良猫の日記 - 楽天ブログ(Blog)

きついことを書いて行くことになると思うので、ご自分の状態のいいときに読んでください。


まず、私は正確には鬱病ではなく、抑鬱症状という鬱病とよく似た状態の症状があり、私は一生治ることはなく、その他、PTSDとパニック障害の症状が出ています。

現在45才。既婚、女性、子供なしです。


私も、社会との折り合いがとても難しく、それは主に、自分が感受性が強すぎて人の言動によって影響を受けやすく、最終的には会社に行けなくなったりしてしまうことが多かったです。


で、結局、在宅で細々と暮らして行ければ、ということで、14年前に有限会社を設立、一人でずっとやってきています。


私の場合は、社会人生活のスタートから躓いていましたので(司法試験受験に失敗し続けて、28まで無職、最初の定職といえるのは、マクド○ルド)、なにかできないと常に仕事にはありつけませんでした。そのため、働きながら今度は仕事のための勉強を続けることになり、最初は、ワープロ、その次がNECの98シリーズのDOS、最後が、HTMLとネットワーク技術、それにモノを書くための技術の習得でした。

そのときそのときで、常にアメリカでのIT関係のニュースを読みあさり(ネットは、95発売前から、BBSで使っていましたから)、プログラムを書くということはできませんでしたが(今もできない)、HTMLというものが在るらしいと解ると、それを勉強して、2,3日でタグを手打ちして自分のサイトを立ち上げたり、何でもやってきました。

結果的に、そのころは、そんなことができる人がいなかったので、お金にもなりました。

でも、ネット社会の裾野が広がり、むしろ、若い人の方が柔らかい頭で、あっという間に技術を習得し、さらに質のいいアイディアを出すようになり、安い時給で働いてくれるようになると、ネット関連で食べていくのは難しくなりました。


結論から言うと、今は別な仕事をしています。


また、下請けのような形で、固定的にどこかから仕事を貰うことができるようになったとしても、営業をして仕事を取ってきた会社が普通は3から4割を営業経費として抜きますから、収入は常に頭打ちで、お金が必要になると、夜昼なく、自宅で目を血走らせて働く、というようなことになります。


つまり、PCの技術は、今や英語と同じで、ある程度できて当たり前で、それを使ってなにをするか、が問われる時代になりました。


私は、原稿を書く仕事に活路を見いだし、まあ、ゴーストライターやらなにやら、モノを書くと言うことに固執していまは、それをずっと続けています。元々好きなことなので、安くても苦にならない、というのもあります。


良人は、今40才で、私は知り合う前ですが、30才で、2級建築士を取って(大学は畑違いの電気、照明士の資格を持っています)、それでも日本が不況に突入したころで、最初に建設が悪くなったので、私が出会った33歳の時は、ニートでした。それから、抱え込むようにして結婚、結婚式の1週間前に内定がでた今の勤務先に勤務して、5年間かけて働きながら1級建築士を取りました。良人も追いつめられると鬱がでます。母親を子供の時になくして、後妻さんがきて、その人があまり普通の人ではなかったので。

今年は、また別な試験をうけていて、それが受かったら、来年からは、また別な試験を受けると言っています。


私は、結婚後、大学院の修士課程を一つ(社会人向けの学校ですから、あなたのような苦労はしないで学位をいただいていますから、自慢になりませんけれど)卒業して、来年の1月にまた、別な大学院を受験しようとしています。その間の3年間で、色彩関係の3つ資格を一級まで取得してしまうつもりで、今年の一級の試験、2つに備えています。


つまり、普通に意欲的になれる場所からスタートして、焦って社会にでずに、今度は食べるための学校に行ってみたらどうでしょうか?

2年なら2年、その間、生活力は得られないけど、今までとは違って、食べるためになにかを勉強するのです。

職業訓練校というのがあります。東京以外の県でも、何かあるはずです。

今、10月期の授業が始まったばかりですが、4月に向けて、また募集があり、簡単な試験がある学科も在ると思います。

学資は総じて、とっても安く、1年コースなどというのは、逆にわずかでもお給料をくださったりしてました。私も短期のコースでお世話になりました。

PCの技術なら、こういうところで習うのも安いかもしれませんが、あくまで、それで、なにをするかが問題です。

具体的には良人の場合は、設計図を引き、会社のIT関連業務の検討会のメンバーとなっていて、自作でPCを作り、ネットワークも構築でき、簡単なエクセルのマクロが組めるくらいに、私と結婚してから勉強しました。

私は、原稿を書き、リサーチをし、外国語でニュースを読んでいます。


あなたはPCを使ってなにをしたいか、それをまず考えないと、10年後に若い人に仕事を取られて、じり貧だった私の二の舞になります。

私自身が、司法試験をやめた後、すぐに社会に出ず、焦らないで、PCのプログラミングを勉強していたら、全然違った人生だっただろうなと、今になっても少し残念に思っています。

http://www.r-cap.net/RCAP06/

自己分析・適職発見プログラムR-CAP

リクルートが開発した適性検査にSPIというのがあります。私は、28で仕事探しをしたときに受けて、自分が言語、論理、どちらでも適性があり、性格的には、むしろ人と知り合いになるのがうまく、営業向きであるというのを知ってびっくりしました。

そんなことを考えたこともなかったので。

適性のある仕事をしているほうが楽だというのは、実感として今になるとありますけれど。


だから、適性試験は受けてみたらいいかと思いますよ。勉強してきている頭だと、いいスコアが取れますし。少し自信がつくといいですね。


私たちは、生活力がないだけで、人より自分が劣っているという感覚を大なり小なりもって居ます。でも、人がサラリーマンをやっているのを見ていても、どんな分野でもプロフェッショナルな人は、定年が来ようが、70になろうが、会社が嘱託とか、特別契約とかでやめさせてくれないし、特殊な技能のない人は、私の年になると、もう、早期退職プログラムの案内を受けています。


あなたもきっと、まじめで、必要なことをこつこつやって、真剣で、そういうことがマイナスに働いて、不幸にして鬱の洗礼を受けられたのだと思います。


ただ、なおしながら、自分の人生を立て直すのに必要なことを勉強する、つまり積極的モラトリアムをあと2年、ご両親と相談して、ご厄介になって、できることは自分でもやりながら、してみたらいかがですか。


具体的には、資格として履歴書に書けるようなことで、しかも、資格を取りつつ、できればその分野のアルバイトをして、アルバイトも勉強の一環として、積極的にやって、資格が取れた頃には、アルバイトといえども、少しは職務経歴もある、というのが一番いいかもしれませんね。

また、文系の資格より、理系の資格の方が、外郭団体、各種財団の出している資格より、国家資格の方が、履歴書に書くと価値がある、ということはお忘れなく。一つのポイントです。


なにかのプロの端くれになって、押しも押されもしない(資格は押せない....形がないから...冗談です、ごめんね)ようになると、鬱も出にくくなりますよ。だって、鬱も、ニートも含めてすべてのあなたの今までの経験、大学院でしていたであろう苦労も含めて、それがすべてなにかの役に立つ、つまり、負を正に変えられる人生がやってくるからです。


ライフスタイルやライフプランは、具体的に示しては上げられないですけれど、筋道的には、私と良人と、二人の経験で、以上がご提案です。


最後にあなたが気になるかもしれないお金の話。


私の年収で一番多かった時が、1400万。

一番少なかった年、去年。非課税。


良人が今の会社で就職したときの初任給。16万。年収で、220万。

5年後の去年、給料が32万円、年収520万です。

会社で異例の出世をしています。資格を取れたからもあるし、自分の特性の人の話を聞いてあげるのがうまい、余計な文句を言わないで仕事をまず片づけようと言う積極的な考え方ができる、というのが幸いして、お客様に気に入られているようで、会社も積極的に外に出してくれていて、中途採用なのに、今や忠犬(あ、ちがった、中堅ね)となりましたよ。


希望は捨てない。でも、ちゃんと計画する。計画をしていても、世界情勢、社会情勢、いろいろなモノから、常に情報を収集して、方向修正も柔軟にする。

博士論文は書かなかったとしても、勉強したことは生きています。


最後に、一番上のブログは私のブログです。ぶっ壊れた日常が赤裸々につづってあります。掲示板からはてな君ですとご連絡頂ければ、私で良ければいつでもご相談にのります。


言ってはいけないせりふを敢えて言うようですが、がんばらないでがんばってください。

id:namakero0818 No.7

namakero0818回答回数24ベストアンサー獲得回数02005/10/07 11:02:58

ポイント14pt

http://www.counselor.or.jp/

社団法人日本産業カウンセラー協会

主人が3年間うつで会社を休職していました。

家族の立場で申し上げます。まずはご自身の病気の療養に専念してはいかがでしょうか? 外でのバイトはかなり辛いのでは?

うつ病の方がなぜか皆さん将来のことを必要以上に心配するようですね。うちの主人もそうでした。(今はリハビリ・モードで会社で事務をしていますが...)

将来不安だからといってムリをすると病気を再発させてしまう恐れもあるかもしれません。自分のペースでできる仕事に就くことの方がいいかもしれませんね。

うちの主人は、うつが良くなったら、自分の経験を同じような境遇で苦しんでいる人達に役立てたいと考えたりしました。

「産業カウンセラー」という資格があります。これは、企業でうつ病等で苦しんでいる方々と企業を結ぶ役割のカウンセラーです。臨床心理士は大学院で心理学を専攻しないと資格を取れませんが、この産業カウンセラーは、社団法人が主催する講習を受ければ受験資格が得られます。通信教育もあります。

ご自身の体調を様子見ながら、こういう資格を取得するというのはいかがでしょうか?

産業カウンセラー:http://www.counselor.or.jp/

他にもうつ病で主人が入院したとき、一緒に入院していた方々は、マッサージ師等自分のペースで仕事ができる職業を選んでいらっしゃいました。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません