当方、鍵の販売をしておりますが、今年から消費税の課税業者となり、困っています。

消費税の簡易課税というのが使えるということで登録したのですが、事業区分というものがよくわかりません。
鍵の販売は第2種ということでいいと思うのですが、合鍵を作った場合はどうなるのでしょうか?
少しでも加工をするなら第3種ということになるのでしょうか?
税金に詳しい方がいましたら、是非教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/10/14 02:44:25
  • 終了:--

回答(3件)

id:eesoudesu No.1

eesoudesu回答回数77ベストアンサー獲得回数02005/10/14 06:05:43

ポイント20pt

原則は、それぞれの区分ごとの売上を出して、計算することになります。でも、めんどくさいので、特例があります。


例えば、

-----------

2種類以上の事業を営む事業者で、1種類の事業の課税売上高が全体の課税売上高の75%以上を占める場合には、その事業のみなし仕入率を全体の課税売上げに対して適用することができます。

-------------

とか

-------------------

(3)

事業区分をしていない場合の取扱い

2種類以上の事業を営む事業者が課税売上げを事業ごとに区分していない場合には、この区分をしていない部分については、その区分していない事業のうち一番低いみなし仕入率を適用して仕入控除税額を計算します。

などなど。

--------------------

第18回「2種類以上の事業を営む事業者の消費税のみなし仕入率を特例計算とするか原則計算とするか」


ここにも特集されています。

http://www.tabisland.ne.jp/explain/shohize3/shh3203.htm

�h�h�|�R�@�\�����ȒP�ȊȈՉېŐ��x

3.申告が簡単な簡易課税制度


ここの中段以下の「(3) 2種類以上の事業を営む事業者」なんかは、実例があってわかりやすいと思います。

id:comcallman

回答ありがとうございます。

簡易課税というものがなんとなくわかった気がしますが、ただ鍵を売るのと、合鍵を作るのでは違う事業ということになるのでしょうか?

そのあたりがまだよくわからないのでもしわかるようでしたらお教えください。

2005/10/14 12:31:19
id:white-cherry No.2

white-cherry回答回数374ベストアンサー獲得回数42005/10/14 12:35:56

ポイント40pt

加工する場合は3種のような・・・。

税務署で聞いても教えてくれますよ。

id:comcallman

参考になりました。

税務署に聞いてみようかと思います。

2005/10/14 23:53:53
id:yoppy79 No.3

yoppy79回答回数391ベストアンサー獲得回数32005/10/14 14:12:09

ポイント60pt

http://www.h7.dion.ne.jp/~rosso194/newpage52.html

消費税質疑応答集 簡易課税の業種区分について 松原正幸税理士事務所

簡易課税制度自体については勉強しているようなので割愛させていただきます。

さて、簡易課税において重要になってくるのが事業が第何種事業に当たるのかということです。

そこで例をご紹介いたします。

第1種事業:卸売業

第2種事業:小売業

第3種事業:農業、漁業、製造(製造小売を含む)業

第4種事業:1.2.3.5以外の事業

第5種事業:運輸、通信、サービス業等

の5業種に分類されます。


そこで、今回の場合ですが  

合鍵を作成しそれを販売するということですので第3種事業の製造小売に該当することとなります。

業種によって仕入率も変わってきますしその業種の占める割合によっても納税額が変わってきたりします。ご面倒だと思いますが頑張っ下さい。

ご参考になれば幸いです。

id:comcallman

やはり第3種ということになるのですね。

ありがとうございました。

元の鍵をちょっと削るだけなのに違う事業になるんですね。

これからがんばって整理しようと思います。

2005/10/14 23:56:00
  • id:newmemo
    合鍵の作成は製造というよりも加工ではないでしょうか。

    http://www.shohi.com/simu/simu_glo05.html

    合鍵を作成するのは、製造というよりも加工ではないでしょうか。
    こちらのサイトでは、事業区分が分かり易い表形式で書かれています。

    > 第3種事業
    > 原材料等に加工等を加え、その加工賃として対価を受領する事業の場合は含みません

    > 第4種事業
    > 加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供を含みます

    第4種事業の大きな項目内容は、「飲食店、金融保険業等」となっていますので、合鍵作成は含まれないように思われるでしょうけれども、「加工賃」に主眼を置きますと、こちらの業種区分に該当すると考えられます。

    http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/13/02.htm

    > (第三種事業及び第五種事業の範囲)
    > 13−2−4
    この項目の下の方に記載されています。

    > また、製造業等に該当する事業であっても、加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供を行う事業は、第四種事業に該当するのであるから留意する。 (平10課消2−9、平14課消1-40により改正)

    > (加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供の意義)
    > 13−2−7 
    > 製造業等に該当することとなる事業に係るもののうち、対価たる料金の名称のいかんを問わず、他の者の原料若しくは材料又は製品等に加工等を施して、当該加工等の対価を受領する役務の提供又はこれに類する役務の提供をいう。
    なお、当該役務の提供を行う事業は第四種事業に該当することとする。 (平10課消2−9により改正)

    ---------------------------------------------------------------------------
    2番目に回答された方が書かれているように、税務署に問い合わされるのが一番確実だと思います。その際は、回答された方の所属部署とお名前を控えておかれて、税務調査の時に、事業区分に関して質疑があった時に、この方にご相談して回答を得ましたとお返事なされば宜しいかと思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません