excelで標準偏差を算出する場合,「統計データ(標本値)」の場合には専用の関数(STDEV)がありますが,これが「確率分布データ」である場合の標準偏差=sqrt(sum(pi*(xi-ave(x))^2))を簡単に出す方法,または流用できる使用例があれば教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/10/15 19:13:40
  • 終了:--

回答(1件)

id:thrillseeker No.1

thrillseeker回答回数328ベストアンサー獲得回数372005/10/18 00:45:26

ポイント40pt

あまりスマートではありませんが、簡単な方法として:


A列の1~10行に確率分布データがあったとします。

セルB1に「=PI()*(A1-AVEREAGE(A$1:A$10))^2」と入力したら、

B1~B10を選択して ctrl+D を押します(下方向コピー)。


次に B11 に「=SQRT(SUM(B1:B10))」と入力すれば、

所望の値が計算出来るはずです。

id:Ryo9508

piは円周率でなくi番目のデータの確率をあらわします(質問の式がわかりにくくてすいません)

日にちが経ち,はてなさんから「もう閉めろ」と言われましたので,諦めて自分でユーザー定義関数を作ることにしました。

ちなみに参考にする予定のページはこれです。

http://www.wwq.jp/stacal.htm

2005/10/19 20:25:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません