「遺族年金」=「国民年金」についてお尋ねします。最近よくテレビで年金特集をやっていますが、その中で紹介されていない年金のお得な情報を教えて下さい。よろしくお願い致します!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/10/18 14:38:57
  • 終了:--

回答(3件)

id:sg800s No.1

sg800s回答回数43ベストアンサー獲得回数02005/10/18 14:55:20

ポイント10pt

サイトの中段にありますが障害者年金というものがあります 遺族年金や障害者年金を見ていくとある意味 民間の生命保険にはないサービスが国民年金や厚生年金にはありますよ

id:KIKUNOSHIN

ありがとうございました!

2005/10/18 18:06:05
id:super5 No.2

super5回答回数165ベストアンサー獲得回数02005/10/18 15:45:17

ポイント10pt

http://www.nona.dti.ne.jp/~nenkin/kiso/kiso_13.htm

13.60歳代前半の老齢厚生年金

老齢厚生年金というのがあります。

今は年金は65歳からもらうのが

普通ですが、男性なら昭和36年

女性なら昭和41年以前に生まれ

た人は65歳より前に年金をもら

うことができます。厚生年金です

が・・・・・。

id:KIKUNOSHIN

なるほど。ありがとうございます!

2005/10/18 18:16:00
id:manekineko12 No.3

manekineko12回答回数224ベストアンサー獲得回数02005/10/18 19:46:55

ポイント40pt

http://homepage2.nifty.com/SWAVE/ana/ana3.html

年金の落とし穴 第3話

国民年金は、老齢・障害・死亡に関して必要な給付が行われるのですが、死亡=遺族年金と考えがちですが、死亡により、寡婦年金が発生する場合もあります。

http://homepage3.nifty.com/yujikatu/2004_6_nenkin/5_3.html

遺族厚生年金の見直し - 【遺族厚生年金の中高齢寡婦加算の支給要件の見直し】

厚生年金も、老齢・障害・死亡が基本ですが、国民年金の寡婦年金とは違った制度として、中高齢寡婦加算があります。

もしも、ご自身が厚生年金に加入していなくて、自営として国民年金に加入されているのでしたら、付加年金に合わせて入ることをお勧めいたします。


これは、65歳から国民年金を受給し始めると、2年で元が取れるかなり、本当にお得なものです。国民年金基金などと違い、これは、本当に素晴らしい利率です。

http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/260900nenkin/hokenryo...

�N���ی����E�Ə��E�w��

また、少し生活が苦しくなったら、滞納などせず、免除をすぐにかけてしまいましょう。


免除だと、未納の扱いと違い、国が負担してくれる国庫負担の分のお金だけは、老後にもらえるのです。その点、未納だと全くもらえません。


未納と免除では雲泥の差です。

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/kurisage.htm

�N���̌J�艺���x��

また、同じ繰り下げ支給にしても、生年月日によって、率が大きく変化します。


これからの若い世代が繰り下げしても、わずかですが、S16年4月1日以前生まれだとかなり有利になります。

年齢 65 66 67 68 69 70

増加率 1. 1.12 1.26 1.43 1.64 1.88


ご説明が長くなってしまいましたが、

本当に”お得”という意味からは付加年金をかけること、また、”どうやったら少しでも多い金額を受給できるか?”という意味では、少しでも長生きするのがベストであるといえます。


ご参考になると幸いです。

id:KIKUNOSHIN

ご丁寧にどうもありがとうございます!参考にさせて頂きます!

2005/10/22 16:12:04

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません