ハイオク車にレギュラーを入れるとよくないとか平気とか

諸説ありますが、根拠を持って教えて下さい。

自己所有のBMW E36-328iを仕事に使おうと思っているので
すが、レギュラーじゃないと経費で切れない事情がありま
して(^_^;)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/10/20 17:35:53
  • 終了:--

回答(6件)

id:paxil No.1

paxil回答回数375ベストアンサー獲得回数22005/10/20 17:40:25

ポイント15pt

http://www.asahi-net.or.jp/~VS6N-MRYM/romtune/gas.html

$B%O%$%*%/(B or $B%l%.%e%i!$$$m$$$m!";YN%LGNv$+$b(B($B>P(B)$B!K(B

ハイオク車にレギュラーガソリンを使うと、点火タイミングが違うなど、エンジンに悪影響を及ぼします。

id:jyouseki No.2

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382005/10/20 17:41:42

ポイント15pt

http://www.kurumade.com/garage/joshiki/mente.html#03

クルマの常識ウソ!?ホント!? メンテナンスに関して クルマde.com

「ハイオク仕様車にレギュラーを入れると、発進時・高速回転時・高荷重時などにトルクや出力の低下、燃費の悪化などが発生する。でも、コレに関してはあまり感じない人の方が多いみたい」

入れてはいけないわけではなさそうです。

id:NetVista No.3

NetVista回答回数843ベストアンサー獲得回数02005/10/20 17:52:23

ポイント15pt

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1656132

[教えて!goo] レギュラーとハイオクの違いって??

欧州のガソリンは、日本より全般にオクタン価が高いです。

日本はレギュラーで90、ハイオクで98~100程度ですが、欧州はレギュラーで95程度あるようです。

(ハイオクは日本も欧州も大差ないので、欧州ではレギュラーとハイオクの価格差は日本より小さいとか。)


このため、「欧州車の多くは、欧州ではレギュラー仕様だが、日本ではハイオク指定の必要がある」ということだそうです。


ちなみに、JISの規定では、レギュラーは89以上、ハイオクは96以上となっているそうです。


近頃はさほど走行には影響はないものの、エンジンのパワーダウン=燃費の低下は避けられません。


逆に、レギュラー仕様車にハイオクをいれる分には問題ありません。

id:room_of_brian No.4

room_of_brian回答回数410ベストアンサー獲得回数02005/10/20 18:04:02

ポイント15pt

ハイオクというのはオクタンという物質の比率が高いガソリンを指します。車は排気量が不変なので燃焼混合比率を変えるならガソリンを変えるしかありません。当然ハイオク車はその比率をハイオクに合わせているために設計されてます。

燃焼系統がおかしくなって車は動かなくなってしまう可能性大です。


エンジン焼けます。

私はこれで愛車を廃車にしてしまったのでくれぐれも変な気を起こさないようにしたほうがいいです。


バイクで2ストオイルと4ストオイルを間違えて入れるのと同じ感じですね。


もしやったら違和感を感じる日が来ますよ。

id:aokimasanori No.5

aokimasanori回答回数125ベストアンサー獲得回数02005/10/20 18:16:04

ポイント15pt

基本的にインジェクターがつまらなければレギュラーでもOKです。

私はスカイラインGT-Sでレギュラー使ってました。

パワーは落ちますが一般なら問題ないでしょう。

気になるようならば、たまに添加剤を入れてインジェターを掃除すればいいと思います。

id:realdranker7 No.6

realdranker7回答回数16ベストアンサー獲得回数02005/10/20 18:18:45

ポイント15pt

http://www.dojyo.com/tyuing/Hondou/nenryou/6-5-A.html

�K�\�����̏ڍׂɂ‚��� 1

ガソリンのオクタン価によって最適な点火時期の調整がおこなわれている為ハイオク車にレギュラーを使うとノッキングなどが起こる場合があります。ノッキング=異常燃焼ですので結果的にエンジンの寿命が極端に短くなってしまったりします。

  • id:seble
    全部間違い

    オクタン価が問題になるのは、エンジンの圧縮比の関係です。
    圧縮比を上げると出力が上がりますが、燃料が先に自然発火して、爆発のタイミングが狂い、これがノッキングとなって現れます。
    オクタン価を上げるという事は爆発しにくくなるという事で、結果として圧縮比を上げる事ができ、出力も上がります。
    点火タイミングを早くできるのも、あくまで結果としてそうなのであって、そのためではありません。

    ハイオク仕様の車にレギュラーを入れると、爆発タイミングが狂い、ノッキングなども出ます。
    ノッキングは正常な爆発の千倍とかシリンダーを傷めますので、出ない方がいいのです。

    そして、レギュラーを使えるかどうかは、そのエンジンの設計次第です。
    高出力を狙ってぎりぎりまで圧縮比を上げてあるような車なら問題が多く出ますし、そうでなければ少ない。
    また、点火タイミングもノックセンサーなどで自動で調整するタイプなら、ノッキングの発生によってタイミングを遅らせ、ダメージを少なくできます。

    ただし、当然ながら、狙った出力や低燃費は無理です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません