ゲルマニウム温浴について質問します。知人がこれをやってすごく汗をかいた、というのはどうやら事実らしいのですが、そのメカニズムがどうにも解せません。ネットで調べても商売ベースの情報ばかりなので信憑性がないのです。科学的・中立的な根拠の説明をご存知の方、教えて下さい。恐縮ですが、説明が短かったり、あるいは紹介先のサイトが商売ベースのものだったりする場合、ポイントは低く評価させていただきますのであらかじめご了承下さい。当方、マイナスイオンには懐疑的な立場を取っていますので、この話題はノーサンキューでお願い致します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/10/24 17:24:24
  • 終了:--

回答(3件)

id:borin No.1

borin回答回数2053ベストアンサー獲得回数02005/10/24 17:44:46

ポイント20pt

http://ricoheart.exblog.jp/1076284

minimum*R : ゲルマニウム温浴

一般的な説明としては、


「手足には、体の2/3もの抹消神経が集中しています。

ゲルマニウム温浴とは、その手足を42~43度のゲルマニウム溶液に浸し温めることによって、

体内に大量の酸素をつくり出すゲルマニウムの性質を、効率よく生かした温浴法です。


ゲルマニウム溶液に手足を浸すと、皮膚呼吸によりゲルマニウムが全身に巡り、

短時間で発汗が始まります。

そして、体内の余分な脂肪、有害な毒素や老廃物を汗とともに、

体外へ運び出し血液が浄化され、体質が弱アルカリに改善されます。


このように新陳代謝を活性化させることにより、自然治癒力を誘発させ、

体の各器官に活発に働きかけ機能も正常になると共に美容にも優れた効果を得ることができる」というものです。


商用ページはお嫌いのようなので、

ブログの体験談を載せてみました。


参考にしてみてください。

id:wkgt

皮膚呼吸ということは、体内にゲルマニウムが取り込まれる、ということですね?その体内に吸収されたゲルマニウムが、酸素を作り出して新陳代謝を活性化させる、と。

ふむふむ、基礎は分かりました。あとはそのゲルマニウムが体内でどういう反応を示すのか、みたいなデータがあると嬉しいです。

どうもありがとうございます。

2005/10/24 18:15:57
id:rakuzaiti No.2

rakuzaiti回答回数252ベストアンサー獲得回数12005/10/24 18:01:48

ポイント20pt

http://germanium-search.kakashi.biz/kaisetu.html

ゲルマニウムについて/ゲルマニウムサーチ

ゲルマニウム入浴剤(粉状で300g¥1000)を自宅で試しましたが量が足りなかったのか純度が低いのか汗はかきませんでした。ただお湯の冷めかたがかなり遅く保温に効果があるという点だけは実感しました。

id:wkgt

wikiでの説明で、ブレスレットに関して科学的根拠は不明、っていうところにひっかかるんですよね。あとルルドの泉にゲルマニウムが含まれているっていうのもどうも信憑性に乏しい気がして...温浴の効果は分かりますが、装飾による電流が云々、というのはどうも眉唾な気がします。

rakuzaitiさんの体験は参考になります。ただ、あともう一歩踏み込んで、それがなぜ、どういう理由で保温に効果があるのか、その科学的根拠が知りたいのです。

引き続き、質問を継続します。ご存知の方、教えて下さい。

2005/10/24 18:22:24
id:flower-fish No.3

flower-fish回答回数39ベストアンサー獲得回数02005/10/24 19:44:06

ポイント20pt

URLはダミーです。

お気に召さなければ、ポイントなしで結構です。

ゲルマニウムはがゆっくりと崩壊してそのときにエネルギーとして弱い赤外線が出ます。その赤外線が熱として細胞中のもろもろの酵素を活発化させる。ってのが一応の説明になってると思うのですが、私はゲルマニウムの効果には懐疑的な立場です。だってごく弱い赤外線なので。。。

id:wkgt

そうなんですよ。私自身、ゲルマニウムとか鉱石系のものは概してうさんくさいなあ、と思っていたんですが、周りの人間が温浴はすごく汗をかく、っていうことだけはどうにも事実のようですので、それがどういう理由で働くのかを知りたいんですよね。そういう肝心な情報がネットでは商用サイトのノイズで埋もれてしまって見えてこない。だからこそはてなで皆さんのお知恵をお借りしたいと思った次第です。

あまり回答が集まらないのでここら辺で打ち切ります。回答して下さったみなさんどうもありがとうございました。

2005/10/28 19:26:17

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません