画像処理に用いられる「degamma」とはどのような処理を行うことなのでしょうか?


おそらくガンマ補正と組み合わせて使用するものだと思うのですが、あまりよく分からないです。画像処理に詳しい方、どうかよろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/10/25 08:58:49
  • 終了:--

回答(2件)

id:terra5 No.1

terra5回答回数57ベストアンサー獲得回数02005/10/25 12:13:24

ポイント25pt

http://www.vxm.com/TIDLP.html

21st-DLP-Digital Light Processing

単にガンマ補正がかかっているデータから元データを復元する処理のようです。


URLは英語のページですが、degammaが出てきてます。

英文はほとんど読んでませんがFigure 13からするとおそらくガンマ補正されている(可能性がある)ビデオ信号から画像のデータを得るシステムの一部としてdegammagaが組み込まれているようです。

正しく画像を処理するためにはまずオリジナルの状態に復元する必要があるでしょうから。ガンマ補正がかかったままのデータを処理すると結果がかなり違ってくる場合もあるでしょうし(処理の内容によりますが)

id:mt_shelf

どうもありがとうございます。

大変分かりやすかったです。

2005/10/25 15:30:42
id:Sparrow No.2

Sparrow回答回数6ベストアンサー獲得回数02005/10/25 13:50:26

ポイント25pt

http://denkitsuushin.hourei.info/denkitsuushin5-4.html

附則/高精細度テレビジョン放送(デジタル放送を除く。)に関する送信の標準方式

degammaとは逆ガンマ補正を意味していると思うのですが、上記URLで「逆ガンマ補正」でページ内検索すると簡単な説明にヒットします。


映像信号は同じ信号でも、表示デバイス(CRTや液晶など)によって人間に見える色は異なります。

その違いを極力少なくするために表示デバイスに合ったガンマ補正が行われます。

そのために、例えば既にCRT向けにガンマ補正された映像信号を液晶画面に表示させたいというときには、一旦CRT向けのガンマ補正を元に戻してから、液晶画面向けにガンマ補正をかける必要があります。その、「ガンマ補正を元に戻す」ことを逆ガンマ補正(degamma)と呼びます。

逆ガンマ補正もやっていること自体はガンマ補正です。ガンマ 2.2 で補正されている映像信号に対してガンマ 1/2.2 で補正してやれば元の映像信号に戻ります。(実際は精度などの問題で綺麗に元通りにはならないことが多いですが)

id:mt_shelf

どうもありがとうございます。

2005/10/25 15:34:40

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません