またまた質問。続きです。この件にご回答くださる方、以前の私の質問をお読みの上ご回答ください。さてさて、マンスリーで有名な会社Aが「環境維持費とは地域清掃・下水清掃に関わる費用や自治会・町内会費等の費用に充てられるものです。」という名目で500円程度毎月支払っています。(私は今会社Aに対しての少額訴訟請求のためあら捜しのようなことをしてます)しかし、おそらく自治会には入ってない。明日、自治会には確認に行きます。自治会費を納めていなければこの500円程度の名目の支払いは曖昧な書き方をしていますがおかしい!と消費者センターや何らかのところに言えることですか?または曖昧だからごまかされるものですか?

ちなみに会社Aからは訴訟でと言われ、和解を断られました。自信満々の会社A。すごいなあ・・・ということで退去勧告がでましたので近日Bという会社の物件に移動します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/10/25 21:53:29
  • 終了:--

回答(2件)

id:hogemogenocide No.1

hogemogenocide回答回数5ベストアンサー獲得回数02005/10/25 22:07:36

 頭冷やしてから案件をよくまとめて書いたほうがいいと思うよ。

id:junmakiko224

きついお言葉とすごい恐ろしいURLありがとうございました。回答になっていないと思いますので無視させていただきます。

2005/10/25 22:14:02
id:sami624 No.2

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/10/25 22:19:43

ポイント50pt

http://www.geocities.jp/mt_with_dog2003/risshosekinin.htm

裁判の立証責任はどちら側にあるか?

前回の回答の際にも説明しましたが、訴訟には立証責任が原告側に課される為、あいまいな事実の立証は困難となることが多く、根拠なしとなる可能性が高いのです。

よって方法としては①内容証明郵便で回答要請書という題目で、上記費用の使途を確認する書面を送る②警察に詐欺行為として告訴するという方法が考えられます。②の方法は警察は傍観者的な対応をとるのでなかなか難しいですが、告訴状と陳述書を作成し、告訴人側の意思が固いということを見せること、同様の名目で複数の顧客から資金を徴収し使途が不明であり、社会通念上問題があることを立証すれば動くでしょう。

刑事訴訟となった場合は、不動産業は認可事業ですから、違法性が立証された場合、行政処分を受け破綻となることが考えられるので、和解せざるを得ない状況となり、告訴人側の勝訴となります。

id:junmakiko224

ありがとう!ちょっとへこんでましたが元気になりました。一つ前の分のポイントをここでつけさせていただきます。先ほどの分、少なくてごめんなさい。それから自治会費払ってました。

2005/10/26 11:50:39
  • id:junmakiko224
    その後のご報告

    みなさまありがとうございます。本日簡易裁判所、法務局に行き、会社Aの登記簿を取ってきました。また引越しも今回は全て梱包もしてくれる業者に頼みました。なぜなら私の対価が評価されにくいからです。コレだけの引越しをしてきて自力でやった対価。これを全て業者にしてもらうことにしました。また診断書も金曜日に取得してその足で簡易裁判所に行ってきます。慰謝料請求などの最後に書かせていただきました。「被告は全入居者に対して説明など何らかの保障をすること」私はよいですが他の方たち、お気の毒ですよね。管理責任や説明責任を問うことにしました。ある人の意見ではもし私と個人的に和解したら全入居者に何かしないといけなくなるから訴訟を会社Aはしてほしかったのではないか、といってました。私が勝つのはわかってのことだと思いますが。
    早いこと決着つけて学業に専念します。それから前の詐欺事件。弁護士さんが頑張ってくれてます。そろそろ内容証明に・・・というところです。頑張ります。みなさまどうもありがとう。
  • id:sami624
    Re:その後のご報告

    立証根拠となる資料は大いに越したことはありません。訴訟開始には最低1ヶ月かかりますから、その間に市役所に行って、従来の居住地の日中の騒音状況並びに振動状況を測定するよう依頼しておくべきでしょう。世間一般では耐え難い騒音による苦痛ということを立証する根拠になります。
    また、役所に行くなら同時に、従来の居住地の用途(1種専従とか)を確認し、当該市町村の環境条例による制限騒音・振動も調べておくと、如何に劣悪な環境であったかを立証できます。この立証がかなり困難なので、訴訟開始前に証拠資料を整えておくべきでしょう。これがないと証拠不十分となる恐れがあります。
  • id:junmakiko224
    お詳しいお話ありがとうございます

    騒音は測定すみで役所まで認めてます。現在開示請求中です。納得いかなければもう一度測定してもらいます。土地の話ですがすごい話ですね。ありがとうございます。早速動きます。でも限界があるかもしれないからそのあたりは専門家に頼みましょうかね・・・
  • id:junmakiko224
    本日提出してきました

    簡易裁判所に少額訴訟の手続きにいってきました。現在、私は精神科医から入院を勧められています。ストレスからの開放と不眠の治療をきちんとするために。医療費のことを出すとそんなのいつまでかかるかわからないので口約束したことだけでも先に解決しようと医療費に関しての損害は別途請求する、ということ、全入居者に何らかの説明などをするということを書き添えて出してきました。どんな形でも出すことでひとつストレスは消えるわけです。引きずったりするかもしれませんがひとつのりこえたらまた気分も少し違うかも、と。引越しも同様でおかませパックにしました。これで対価もでるし私自身のストレスも軽減されます。転居後まだ症状が落ち着かなければストレス開放病棟に入院してみます。会社Aには言いました。和解してたらこんな無駄なことなかったのにね・・・・

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません