身体を動かすと、背中の中心部のあるポイントに激痛が走ります。

今日明日は仕事で医者に行けません。
友人に電話をしたところストレッチで直せると聞いたのですが、ストレッチ方法を紹介しているサイトはありませんか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/02 02:28:33
  • 終了:--

回答(4件)

id:sweetvirginia No.1

sweetvirginia回答回数206ベストアンサー獲得回数12005/11/02 02:52:16

ポイント18pt

http://www.sugisetsu.net/stretch/

健康ストレッチ講座/正しいストレッチ運動の仕方

背中だけ、ということはありません。

ヒトの体は相互に連携しています。

http://www2.health.ne.jp/library/0400-3.html

ストレッチ -healthクリック

http://www.badminton.ac/strech.html

Badminton Academy -[バドミントンアカデミー] 体力

id:asamesi

ありがとうございます。

2005/11/03 01:49:07
id:komasafarina No.2

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/11/02 03:11:20

id:asamesi

いろいろありますね、ありがとうございます。

2005/11/03 01:49:28
id:whitecat No.3

whitecat回答回数170ベストアンサー獲得回数22005/11/02 09:37:17

ポイント17pt

http://www.painclinical.com/

ペインクリニカルセンター

治療をしている立場からお答えしたいと思います。私は、都内で整形外科の最新の治療法、AKA(関節運動学的アプローチ)と言う治療法を実施しております。医療の世界において関節の動きに焦点を当てた新しい試みです。


その立場から、お話しをさせて頂きます。貴方の場合まず疑うべきは骨盤の仙腸関節と言う関節の可動性の異常かと推察されます。痛いところが悪いと従来から言われ続けてきた事がいかに嘘であったかを明らかにした学問でもありますAKAの立場から見ますとそのような結論が導き出されるのです。


もちろん、痛む箇所の背骨の関節内の異常もあるかと思いますので同時に治療をすべきだと思います。ここで気をつけて頂きたいのは、従来から民間療法で言われてきた「ずれてる」「曲がっている」「ゆがんでいる」と言うもっともらしい話の延長線上でお話しをしているわけでは無いと言うことです。見た目はどうでも良いのです。あくまでも、個々の関節内の動きが正常に保たれているかどうかと言うことが、痛みと直結していると言うことを医学的に始めて明らかにした学問が、関節運動学でありAKAなのです。


そして、もう一つ注意して頂きたいのは、「痛いときは休め。」そして「適切な根本治療を早急に受診すること。」これにつきると言うことです。痛むときに深いストレッチを繰り返したり、運動したりするのは逆効果になります。血行を改善する程度で表面的には消えたように思える痛みはたかが知れております。関節由来のもっと根の深い原因によって引き起こされている痛みの場合は、間違いなく逆効果になります。しかし、残念ながら筋肉レベルにとどまる痛みは殆ど有りません、遠因には必ず関節の異常が根底にあるのです。そこのところを、一般の方々にも良く理解して頂きたいのです。


治療法の詳細は、上記の私のURLに載っておりますのでご一読願えれば幸に思います。まだ、AKAをきちんと実施している医療機関ならびに治療院はほんの数カ所です。貴方のお住まいのお近くにあるかどうかは分かりませんが、もし一度試してみたいとお思いでしたら、個人的にHPからおたよりを頂けたらと思います。

id:asamesi

ありがとうございます。

10時間程睡眠をとったろころ、痛みはだいぶ引きました。

HPは参考にさせていただきます。

2005/11/03 01:51:59
id:Zelda No.4

回答回数1027ベストアンサー獲得回数162005/11/03 18:39:38

ポイント17pt

http://www.e-jyusei.net/health/stretch/default.html

簡単ストレッチ体操&リラックス法・e-柔整ネット

文字でだけでなく映像と合わせて紹介されているのでやり方が解りやすいです。

id:asamesi

ありがとうございます。

2005/11/05 02:47:18

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません