ダヴィンチ・コードの聖杯は結局ルーブルにある逆さピラミッドだったのですか?すごく現代風のガラスで出来たものなのに、どうしてこれが歴史的なものを辿った結果なのかいまいちわかりません。全然感激できなかったのですが、誰か説明して下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/02 11:30:54
  • 終了:--

回答(2件)

id:T-pon No.1

T-pon回答回数424ベストアンサー獲得回数42005/11/02 11:43:43

ポイント5pt

http://www.vmd-study.com/pages/paris-ancient-modern.html

パリの古今 paris-ancient-modern

URLはあまり関係ないですが、いろんな名所の写真が集まっているので面白いです。


このページの記述では、

ルーブルの逆さピラミッドは、20世紀末に中国系アメリカ人建築家イオ.ミン.ペイがデザイン

http://www.archstructure.net/contents/louvre/

ルーブル美術館:逆さピラミッド / Archstructure.net

建築学的な見方で書いてあります。歴史や美術とあんまり関係ないですが、詳しいです。


このページ曰く、

逆さピラミッドは、構造的、美的観点から、まさにそのピラミッドの頂点ではないかと思われます。

http://shift99.com/834383498145837E8393814583798343/

『イオ・ミン・ペイ』 建築辞典

逆さピラミッドの設計者イオ・ミン・ペイの経歴など。

この人はもともと石やコンクリート、ガラス、鉄などの抽象的な形、素材が好きだったんでしょうかねー。

id:asakarc

ありがとうございます。

I.M.Peiは知っています。説明が足りなかったら申し訳ありません。どうして歴史的に隠されてきた聖杯が随分経った後の20世紀末に出来たガラスの逆さピラミッドだったのかが知りたいのです。

なんとなく調べてみるとなんだか逆さピラミッドの下にかくしてあるのでしょうか・・・?結局聖杯自体は見つけていないという事でしょうか・・・。

2005/11/02 11:49:40
id:green-arrow No.2

green-arrow回答回数96ベストアンサー獲得回数12005/11/02 12:13:33

ポイント50pt

未読の方へのネタバレ回避に改行いたします。


___________________________以下ネタバレ___________________________


逆さピラミッドは聖杯(つまりマグダラのマリア)の暗喩であって、それ自体が重要なものではないのです。

現代のシオン修道会の総長であるソニエール氏が自分の立場を利用して次代に本当の聖杯である彼女の棺の位置を示している、いわば墓標のようなもの。

逆さピラミッドの真下にほんとうの彼女の棺があるのでしょうが、聖なる女性への尊厳のために墓暴きのような真似はせず、ああいうシーンで終わったのだと思います。

id:asakarc

なるほど〜!納得です。ありがとうございました!

2005/11/02 12:23:15

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません