政党の党員になると、何かメリットになることがあるのでしょうか?

ただ、信条的に近い団体を応援するというボランティア的な側面以外に、
何か具体的メリットがあれば教えて下さい。
(デメリットも)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/05 22:37:59
  • 終了:--

回答(7件)

id:kosuke2005 No.1

kosuke2005回答回数1351ベストアンサー獲得回数72005/11/05 22:40:54

ポイント15pt

http://www.jimin.jp/

自由民主党

自民党の中央政治大学院は、一般向けにインターネット上で開いている

有料の政治講座を来年2月から党員・党友に限って無料にする。受講者は

非党員の方が多いが、「党員・党友のメリットを感じてもらう」のが狙い。

現在、小泉純一郎首相(党総裁)による政治原論など22講座あり、一講座

あたり1500円で提供している。

id:match7

ふむふむ。

特殊な例ですが、こんなものもあるのかー。

(インターネット上で開いている講座って点が、いまいちありがたみが少ないですねー。)

2005/11/05 22:42:04
id:snowland No.2

snowland回答回数168ベストアンサー獲得回数42005/11/05 22:45:11

ポイント15pt

http://www.dpj.or.jp/seisaku/unei/daihyosenkyo.html

�����}���\�I���K��

単純なメリットとしては、党の代表選の投票権がもらえることですかね。


デメリットは政党色がついてしまうことですかね。

周りの人にあの人は○○党の党員なんだなと思われると支障がでる事もありますね。

これは逆にメリットになることもあるかもしれませんがね。

id:match7

党の代表選の投票権かあ。

党運営に関わる権利ですよねー。

党から離れた、実利って無いんですかね?

政党色はマイナスですね。

実利がこれだけだと、一般人には、政党色がつくデメリットを越えるメリットは無いのか…

2005/11/05 22:59:37
id:try100 No.3

try100回答回数467ベストアンサー獲得回数22005/11/05 23:01:13

ポイント14pt

「本来、党員とは自民党の理念理想に共鳴して入党すべきもので、メリットを求めて入党するというのは邪道である。」とのことです。あえて言えば、、総裁選とかには関われる、通常の選挙権よりも政治に対して新たな権利を行使できることか。ただ、現実は公共事業などによる地元利益誘導や何らかのトラブル解決とか、「○○先生に頼みに行こう」ということが今まではあったのでは、と思われます。

id:match7

○○先生に頼みに行こう、ってことってほんとにあるんですかね??

匿名でいいので誰か実例を教えて下さい!!

2005/11/05 23:15:46
id:try100 No.4

try100回答回数467ベストアンサー獲得回数22005/11/06 00:00:25

ポイント14pt

「○○先生に頼みに行こう」、裏口入学!

「○○先生に頼みに行こう」、スピード違反取り消し!

http://www.yamazaki-online.jp/voice/arc/000016.html

【第7話】公共事業と政治家

「○○先生に頼みに行こう」、うちに仕事を!

その他もろもろ!

id:match7

でも、これは、党員である程度のことでお願いできるんですかね?

やっぱり、それ相応のすごくお金を払うとかじゃないと……

それに大物議員じゃないと意味がなさそう。

2005/11/06 00:36:33
id:miharaseihyou No.5

miharaseihyou回答回数4534ベストアンサー獲得回数5682005/11/06 00:37:49

ポイント14pt

http://www.tenki.jp/

【tenki.jp】日本最大級の天気・気象情報サイト

田舎に住めば分りますが、子供には一人頭数千万円の投資が行われます。これを本人の自由意志で束にして都会に引き抜かれるわけです。首都圏の繁栄はすべてこういった犠牲の上で成り立っています。この経済的不平等を是正しようと直接行動に出たのが利益誘導型政治を生み出した地方のそれぞれの内部的結合の強い共同社会です。まあやりすぎて国全体借金だらけにしてしまったわけですが、そういった社会では例えば道の舗装を直してもらうには町内会を通すとかあるわけです。同じように企業を誘致したいので団地や道路を作るとか、高速道路やバイパスの予算陳情に地方都市の首長が霞ヶ関に詣でるなど。政治を動かす一次的勢力は商工会であったり農協であったり宗教団体であったり労働組合であったり大企業であったり様々です。例えば尾○市から○陰へ抜ける高速道路はK先生の尽力により着工に漕ぎ着けたなどですか。有名処では例のムネオハウスがあるでしょう。周辺部が衰退してゆく現象は全体の衰退を意味します。党員になるとは共同社会に参加する事なのです。

id:match7

ははは。

僕の聞きたい、低レベル的俗世利益とはちょっと違いますが、興味深く読ませて頂きました。

福山市出身の僕には、K先生の尽力ってのは面白かったなあ。

K先生とM先生のおかげで、うちの市にひかりが止まるようになったって話もあるくらいだし…

(そんな恩を忘れて堀江モンにつけるはずがない!!……カープを買ってくれるなら別だけど)

2005/11/06 00:44:40
id:p00437 No.6

p00437回答回数2277ベストアンサー獲得回数132005/11/06 07:19:12

ポイント14pt

国政選挙に関していえば、政党とその他の政治団体・無所属候補の扱いの差は大きい。たとえば、法律で認められたポスター枚数は、政党には候補者とは別枠で枚数が認められているなどである。特に衆議院選挙では、政党以外の候補は


選挙区で政見放送に出演できない

比例区の重複立候補が認められていない

政党は比例区に1人からでも候補を立てられるが、政治団体は定数の10分の2以上の候補を立てなければならない 。

デメリットは党議拘束を守らなければならないと言う事で自分の信念が貫けないことがあります。あとは党費があること。

id:match7

ああ、これは立候補者に関して、ですね。

【被選挙権を行使しない場合】

とただし書きをしておくのを忘れていました。

2005/11/06 15:14:07
id:diresu21 No.7

diresu21回答回数28ベストアンサー獲得回数02005/11/06 09:17:54

ポイント14pt

http://www.go-to.jp/

�gGO-TO-WEB�h

(自己紹介サイト)

某、先の総選挙で大敗を喫した党でやっていましたが、実利は、選挙の時に、派手な色のTシャツやトレーナーなどが無償配布される(表向きは貸与)くらいで、他には、しんどいことばかりで汗とお金が流れていくだけです。まあ、そのつもりで入りましたが、人間関係を作る事くらいは、人柄が良ければできることもあるでしょうね。選挙(議員)事務所には、秘密も多いのか、子供や単なるボランティアメンバーが立ち入っても許していたものを、一応、積極党員?の自分が入れなかったなどの差別があったので、不愉快になり退きました。党支部や議員によっても、待遇が違うでしょう。(福山より)

id:match7

実体験ありがとうございます。

汗とお金と引き換えに、限定シャツとかトレーナーか……

人間関係も、意外と構築できないもんなんですねー。

2005/11/06 15:16:08

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません