僕の名前は、礼の旧字体で、示Lです。けど、かつて今まで、同じ名前の人を見たことがありません。法律の改正で、今はつけられないそうです。本来は、礼の旧字は禮だそうで、なんで、こんなしちめんどくさい漢字の名前をつけられていたかわかりません。父親も、名前をつけた人もなくなってしまって、なぞのままです。この漢字を使うことの、メリット、漢字の由来がわかるページを教えてください。同じ漢字を使っている、名前、地名でもいいです。よろしくおねがいします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/09 01:03:25
  • 終了:--

回答(4件)

id:tkyktkyk No.1

tkyktkyk回答回数2183ベストアンサー獲得回数252005/11/09 01:32:50

ポイント20pt

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&MT=%97%E7

国語辞典・新語辞典 - goo 辞書

ですね。


手元の漢和辞典を引いてみました(URLは国語辞典ですが)。

1)いや。うや。人の踏み行うべきのり。

  心に敬意を抱き、それを行動として外に表す道。

2)作法。礼儀作法

3)儀式。

4)国家・社会の秩序を維持すべき組織や掟。

5)贈り物。敬意を表すための贈り物。

6)うやまう。

7)礼について書いた経書。


と有ります。

おそらく、お父様も名をお父様に教授された方も、1)の意味で人に敬意を表し、

かつ敬意を表されるべき人間に育って欲しい、という願いから付けられたのではないでしょうか。

また、名を提供された方が単に旧字体しか知らなかったわけではない(「禮」を使わなかった)と思いますので、

それは恐らく姓名判断から良しとされたのではないでしょうか。


下記に旧字体姓名診断があります。

HNがreitanigawaさんということなので、勝手に想定して診断してみました。

http://www.urban.ne.jp/home/ho5135/seimei4.html

姓名判断を極める(旧字体による診断)

これによれば


○主運

21画:独立権威、頭領の霊位を示す大吉祥数

独立心が旺盛で、一歩一歩と地位と名誉を築く強運数で、人の長としての信頼を集め、前途洋々と開ける強運数だけに、若年から人を見下す欠点があり、和を欠いて敵も作ります。これを慎んでいけば弱冠にして才覚を発揮できます。


○基礎運

19画:困難障害波乱の霊位を示す凶運数

知能に優れて、事業や仕事に才能を発揮するが、実力が生かされず人生に波乱曲折が多く、健康を害したり、事故や障害などにより中途行き詰まり易い。智力や直感力の鋭さがこの数の天与ですから、これを磨くこと、頭の良さを仕事の道で活かすことが成功のポイントです。裏面に、空虚で飽き性な落ち着きのなさがありますから、浮動しやすい者は困難が多く、人のために損をしがちな人生となります。他の数との相関により大成功者もあります。


と若くして才能に恵まれるような診断が見られました。

(ネットで無料診断できるレベルですからそこはご了承ください)


これだけで、ではないでしょうが、子供の名に希望を託すのは親の常です。

その漢字を敢えて使われたには、その想いが込められています。

こんなしちめんどくさい、と言わず、周囲に簡単には存在しない稀有な名であることを誇るのはどうでしょうか。

人と同じ、というのは簡単でシンプルですが、人間としてはつまらないと思いますよ。

id:borin No.2

borin回答回数2053ベストアンサー獲得回数02005/11/09 01:39:08

ポイント20pt

このサイトに結構いいことが書かれていますね。


「江戸時代の寺小屋の教育の基本は「禮」でした。

禮とは豊かさを示すと書きます。心が豊かでなければ、

他者を敬ったり、許したりできないということです。

何でもある現代に欠けているのは、この禮かもしれません。」と。


豊かを示しているっていうフレーズはいいですね。

お父さんは貴方に心の豊かな人になってほしかったのかもしれませんね。

こちらにもいくつか書かれています。


こちらはちょっと法律的なものなのでちがうかもしれませんが。

id:kemeko0809 No.3

ささみん回答回数338ベストアンサー獲得回数232005/11/09 01:42:39

ポイント10pt

http://www.koufuku.ne.jp/seimei/

�K���̐������f

おそらく姓名判断で良い画数なのではないでしょうか?

ステキなお名前だと思いますよ。

姓名判断にも色々な流派があるので、

たとえ結果が悪くてもお気になさらないで下さい。

id:nontan2005 No.4

nontan2005回答回数492ベストアンサー獲得回数242005/11/09 04:56:15

ポイント20pt

既に明確な正解を書かれてる方がいらっしゃるかもしれませんが、

以下のページが正解みたいな気がします。最初の2つにありますが、意味としては

元々の文字が、何れも禮である以上、意味としては同じなのではないでしょうか、


お名前付けられた方が大陸(例えば満州とか)で生まれ育ったとか、そういう事は無いでしょうか?

だとすれば、中国の方なら、その文字を使った地名をご存知かもしれません。


上記vector.co.jpのURLにあるのですが、


> 唐代には既に楷書は書体として確立し、しんにょうや示へんの形(「ネ」形)もほぼ確立していたが、

> その後の版本の発達過程で楷書に隷書の字形が取り入れられ明朝体が生じて行ったと考えられる。

> これはしんにょうについては楷書の彫刻しにくい不安定な形から、直線的で単純な形へとの変化であろう。

> 示へんの「ネ」から「示」への変化は「正しい字形はかくあるべき」といった

> ドグマチックなものであったかもしれない。


という経緯があるようです。

余談ですが、私の名前も本来別の字なのですが、普段は略されたものを使っています。

やはり、日本において、役人が文章作成の手間を省くため(笑)

簡略化されてしまった結果なんだと思います。

http://www.taishukan.co.jp/kanji/qa_shape.html

�����̌`�E�������Ɋւ����p���`

http://ojhec.hp.infoseek.co.jp/bbs/log_200502.html

帝國電網省喫茶室(電子掲示板) 過去ログ69(2005.2.1〜2.28)

http://www.kumagaya.or.jp/~sekio/yumi/aki.html

�u���L�ˋ`�v�u�˖@�P�v�̉���

http://sangoku.lib.net/apl/blog/?category=09

三国志ブログ「三国志サプリメント」カテゴリ:KJのデータメモ

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/12/kokugo/gijiroku/002/99070...

���Q�Q���@�����R�c���@���Q�ψ���

http://www.shinchosha.co.jp/shoushin/kanji_ichiran/kanji0302.htm...

「小説新潮」オンライン連載[漢字こぼれ話]

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません