【地名】京都市下京区にある「三哲」という名称の由来について調べています。

バス停(京都バス)やビル名称、通り名の数え歌などに今も残っており、一般的なことは分かってきたのですが、なぜ「三哲」というのかの核心部分がわからずにいます。グーグル検索もしてみましたが…。由来、語源、歴史など詳しいところを知りたいとおもっています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/15 02:28:51
  • 終了:--

回答(1件)

id:rabbit23 No.1

rabbit23回答回数812ベストアンサー獲得回数172005/11/15 15:01:04

ポイント40pt

結論から先に言ってしまうと、ネット上で「三哲」の由来を見つけるのはやはりかなり難しそうです。私もかなり探しましたが、肝心の由来についてはどこでも触れられていませんでした。


ご紹介したページからの抜粋です。

通りの名前の数え歌について触れている部分ですが・・

「・・・その次の六条(ろくじょう)、三哲(さんてつ)から、通りの順番が南北に並んでおらず、三哲は七条(ひっちょう)の次なのでは。京都駅前からバスにのると、すぐに三哲のバス停がありましたっけと思い出すほど、三哲と八条(はっちょう)は近く、どう考えても六条ではなく、七条の南にある。この三哲自体、どういういわれのある地名なのかが分からない。なお、三哲通りとは、今の塩小路のことだそうだ。」


と、あります。

http://glin.jp/arc/arc.cgi?N=211

京都の街と通のつながり 〜京都市街地の特色ある住所表記〜

ちなみに、数え歌の中での「三哲」の位置がおかしいのではないか、という議論はここでもなされています。


それさえもあやふやだということですね。

http://chimei.hp.infoseek.co.jp/chi-tankyu2.htm

『地名探究』 第二号 京都地名研究会の第二号 巻頭言 吉田金彦「広域方言地名の調査」、 講演 上田正昭「平安京・京都そしてカモ」フォーラム「京の古代史と地名」上田正昭・吉田金彦 司会 井上満郎。発表論文、研究論文、研究ノートおよび、手記、平成十五年度活動報告、京都地名研究会役員 。

質問の答えになっていなくて大変申し訳ないのですが、やはり専門家に聞いてみたほうが早そうです。


こちらに「京都地名研究会」の連絡先がありますので、一度メールをしてみたらいかがでしょうか。

id:Chiepon

くまなく探してくださり、感謝いたします。丁寧な回答に、回答者rabitt23さんの良心とお人柄をしのぶ思いです。ほんとうにありがとうございます。

由来は、やはりWEB上では難しい様子ですね。図書館などでまた折に触れて探求してみたいとおもいます。ありがとうございます。

2005/11/15 16:54:14
  • id:kyj
    ヤサカタクシーの運転手さんの話では、??三晢さんのお屋敷があった場所だからという説が有力ではないかと。
  • id:Chiepon
    三哲さん!有力説コメントたいへんありがとうございます。市の図書館や国会図書館などにいったおり地名辞典などで調べてはおりますがなかなか見当たらないない地名ですネ。埋もれてしまうやもしれない質問にコメント寄せてくださり感謝します。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません