憲法第九条をなぜ改正しようとするのですか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/24 19:50:53
  • 終了:--

回答(11件)

id:macbeth No.1

macbeth回答回数25ベストアンサー獲得回数12005/11/24 20:12:56

ポイント13pt

http://mltr.e-city.tv/faq05.html#law02

Index of East Asian Military Affair FAQ

憲法関係についてはこのようなQ&A集(憲法問題だけじゃなくて、軍事関係の色々な問題を広く扱っているサイトですが)があります。


それによると、改憲派に言わせれば、

(1)現実問題として憲法上、自衛隊の立場が微妙なために、さまざまな国益上の不利益を蒙っていること、

(2)世界的常識である集団安全保障が、現憲法では禁じられていること、

にあるようです。

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/24 21:34:23
id:p00437 No.2

p00437回答回数2277ベストアンサー獲得回数132005/11/24 20:15:29

ポイント13pt

http://www.magazine9.jp/q_a/q_4/index.html

�}�K�W��9���w���@�X���p��A�x

現行の憲法のままで、今の自衛隊が行っていることは違法ととられて仕方ないところがあります。集団的自衛権も認められていないのにイラクへ復興支援と言いながら、法の枠を超えないという解釈で政府は派兵をしているのですが、他国から見れば明らかに日本の軍隊が来たように見えるでしょう。すでに憲法違反をしているのですから、政府としては法改正をしないと自衛隊が使いづらいのです。

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/24 21:36:42
id:sdkfz No.3

すだこふつ回答回数992ベストアンサー獲得回数482005/11/24 20:22:11

ポイント15pt

機能していないからです。

九条を厳密に解釈すれば自衛隊の存在は違法です。

現在の自衛隊は無茶な法解釈のもと強引に存在しています。

こういう状況では憲法の有効性や正当性が疑われてしまいます。


憲法を守って自衛隊を破棄するか、自衛隊を正規の存在とするべく憲法を変えるかは個々で意見の分かれるところではありますが、現状は法改正論者のほうが優勢のようですね。

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/24 21:52:36
id:diresu21 No.4

diresu21回答回数28ベストアンサー獲得回数02005/11/24 20:44:52

ポイント13pt

http://www.go-to.jp/

�gGO-TO-WEB�h

例えばあなたが、「 自 衛 」のために自宅の家屋などに鍵をかける理由があるように、この世の中には、他者、他国の生命や財産を狙う犯罪者、国家などの組織等がいます。ですから、「国家においても、何の自衛のための手段(自衛軍)すら持たないままでもいい~というような根本理念(憲法)でいいのか?」~そうではないでしょう、…というのが、憲法改正のための基本の理念でしょうか。これには、相当の説得力があります。…まあ、でも、「日本特殊論」などもあって?~普通の国家として、少なくとも自衛ができる軍隊を持つということさえ、日本ではまだ問題があると考えている方々もあるようですね。無防備な素手状態であっても、永世中立のような国家でいられのか、少なくとも、自衛のための軍隊くらいは持てるようにするのか、~果たして、どちらがいいのでしょうか?

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/24 21:55:34
id:invitation No.5

invitation回答回数2ベストアンサー獲得回数02005/11/24 21:04:46

ポイント10pt

中国とスムーズに戦争するためでしょう

そう考えると麻生や安部が入閣したのに福田が入閣できなかったのも納得ですよね

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/24 21:56:05
id:take58 No.6

take58回答回数93ベストアンサー獲得回数02005/11/24 21:13:41

ポイント10pt

自衛隊とか海外援助活動とかに影響があるからです。時代も変わり、言葉の解釈とかにも問題があるようです。

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/24 21:56:15
id:nyc5jp No.7

nyc5jp回答回数952ベストアンサー獲得回数02005/11/24 21:26:58

ポイント10pt

徴兵制の施行と集団的自衛権(米国とともに戦う)を承認するためです


戦争放棄と平和を訴えて来た日本にとってこの改正は非常に危険です

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/24 21:56:36
id:idaten1go No.8

idaten1go回答回数88ベストアンサー獲得回数52005/11/24 21:58:49

ポイント13pt

すみません、URLは便宜です。


憲法そのものはアメリカのお仕着せですが、第2次世界大戦後の反省から、不戦こそ人類共通の要望だという認識から第9条が取り入れられたと認識しています。

そういう意味で、第9条は人間として崇高な理想であり早急に実現すべき人類共通の理想なのです。

しかし、その理想は、現実の情勢とは180度も離れており、しかもアメリカの世界戦略、つまり地球の盟主たらんとする野望(ブッシュ政権ですが)に迎合し、その言いなりになり日本国民の願いなど歯牙にもかけない小泉独裁政権が、いっていることです。

あなたが、あなたの子供が戦争に駆り出され命を失うことにあなたは耐えられますか?

否なら第9条は死守すべきなのです。

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/24 21:59:33
id:sami624 No.9

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/11/24 22:04:30

ポイント10pt

この条項は以前から解釈の判断でもめていますが、自衛隊の合憲性が立証するのが困難なためです。存在は認めても、活動は認めないという変な条項になっているためです。

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/24 22:05:58
id:kyogei No.10

kyogei回答回数71ベストアンサー獲得回数02005/11/24 22:16:24

ポイント13pt

軍隊(自衛隊)がない状態で他国に攻め込まれたら、されるがままだと思います。

自分の子孫を守るためには現状では、ある程度の準備が必要です。そのために自衛軍がいるのです。

他人を信用して、夜も自分の家のドアを開けっ放しに出来ますか?今の世の中、私は出来ません。

世界的に平和となるには宗教を超えた、理念が必要ですが、それはいつのことになるでしょう。日本人は宗教について軽く考えすぎ(忌み嫌っている)とおもいます。


私の考えは以上です。

id:urahayate

ありがとうごいます。

2005/11/24 22:18:48
id:xazuyuxi No.11

xazuyuxi回答回数4ベストアンサー獲得回数02005/11/25 00:15:31

ポイント20pt

別に戦争をするために改正するわけではないでしょう。


時代が変わって、自衛隊の存在意義が変化したために、

第9条は改正する必要性がでてきたものと考えられます。

自衛隊がもっと海外で重要な役割を果たすことが世界的にも

求められていて、日本は自衛隊の国際貢献によって世界の中で

優位に立ちたいという思惑もあると思います。


それから、中国の軍事力拡大に対してのけん制の効果も狙っているでしょう。

アメリカが対中政策をとっている中で、アメリカ寄りの日本は

アジアの軍事拠点としても重要な意味を果たしていると考えられます。

これからも、このバランスを維持し、

アメリカに日本は重要な友好国であることを強調するための

ひとつの戦略ではないでしょうか。

id:urahayate

ありがとうございます。

2005/11/25 01:09:32

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません