ホテルの部屋紹介に面積**m2とよく書かれていますが、これは


1)浴室など全ての面積の合算である
2)主寝室に相当する部分の面積である

のいずれでしょうか?

部屋の模様替えの参考にするので、法的にうんぬんという答えは歓迎しません。
わりと高価格帯のホテルでの例があれば特に歓迎します(hilton,westin,strings(ANA)あたり)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/25 13:04:29
  • 終了:--

回答(3件)

id:erikosan No.1

erikosan回答回数114ベストアンサー獲得回数02005/11/25 13:29:27

ポイント28pt

ホテル関係の者です。

普通HPなどに乗せてあるのは②になるかと思います。

参考のために「ヒルトン東京」のじゃらんページを載せておきます。

id:mutsuju

ありがとうございます

2005/11/25 15:44:05
id:nyanees No.2

nyanees回答回数206ベストアンサー獲得回数102005/11/25 13:46:56

ポイント28pt

URLはダミーです。


部屋面積は、宿泊者が専用で使える部分を合算したものですので、浴室も含まれます。


スイートなどは、浴室だけで、バスタブ、シャワーブース、ミストシャワー、サウナがあり、

そのほかにパウダールーム、洗面所があったりして、全部で、20畳くらいあったりすることもあります。


ですので、部屋面積は、間取り全部という意味に理解されるといいかと思います。


ただ、そういうホテルの場合でも、一般的なバスルームは、大体、大きくても10畳までですし、プリンス系列、ウエスティン東京、ニューオータニ、オークラ、ロイヤルパークなどの普通のダブルやツインだと、大体、それ以下です。ですので、3.3平米×4(八畳)くらいをマイナスすると、大体、残りの部分になります。

ただし、普通のホテルの部屋というのは、入って、右か左にすぐ、バスルームがあるので、その反対側の壁面までが廊下で、冷蔵庫、ミニバー、クローゼットなどになっています。ですので、普通のインテリアデザインでは必要ない、廊下のスペースも含まれていますので、ご注意くださいね。


前室つきのジュニアスイートなどになると、前室にお客様も使われるトイレがあり、寝室にバスルームとトイレが別にあったりしますので、一概には言えないのがむずかしいですね。...

id:mutsuju

ありがとうございます

目的はだいたい達しましたが、意見が割れているのでもうちょっと開いておきます。

スイートなんて大それた考えは持ち合わせておりません。故にバスルームは考慮しませんが作りつけのライティングデスクやミニバーの専有面積は是非頭に入れておきたいところです

#って次回メジャー持って泊まりに行けばいいのか(笑)

2005/11/25 15:46:41
id:gara_cp No.3

がら回答回数458ベストアンサー獲得回数182005/11/25 16:33:37

ポイント4pt

>客室の床面積には、客室に付属している浴室、

>シャワー室及び便所の面積を含む

>(パイプスペース、ダクトスペース等は除く。)こととし、

>測定に当たっては、壁芯をもって測定線とする。


国際観光ホテル整備法施行規則の施設に関する基準の解釈です


客室の面積としては

バスルーム・トイレ等すべて込みの面積のようです

これは新潟市の例ですが

客室の基準として


>ホテル・旅館の洋式の構造設備の部屋

>有効面積 4.5㎡に1人

>有効面積とは客室のうち宿泊に供する部分で、

>定員算定の基礎となる部分をいい、

>床面積から当該客室専用の便所、

>浴室踏み込み等を除いた部分


とあります


宿泊客に公開する面積としてはすべて込みの面積


部屋の定員を決める基準として有効面積=居室面積があるようです

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません