よく見かけるのですが、以下のような例は違法ではないのでしょうか?違法だとしたらどれほどの罪になることなのでしょうか?

1ほかのサイトに書かれている文章をそのまま引用するか、若干変えて利用すること。
2無断でほかのサイトのリンクを張ること
3google newのように一定のキーワードを元に関連する記事を自動収集しその冒頭とリンクを表示すること。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/26 22:45:33
  • 終了:--

回答(2件)

id:mizunouenohana No.1

mizunouenohana回答回数920ベストアンサー獲得回数92005/11/26 22:53:48

ポイント15pt

1の「引用」についてのみですが

URL中にあるように、一定の条件を満たしていれば認められるものです。

質問中で具体的な例がないので一概には言えませんが

いずれにしても「引用」が即違法ということではありません。

id:maruyamatyou

この法律自体の文言があいまいでどうにでもとらえられますよねー。引用についてはある程度推測できますが、自分の意見などを表記せずそのままどっかの記事を掲載しているブログ等って結構みうけられますよね。あれが違法なのかがしりたいです。

2005/11/27 05:06:49
id:Rede No.2

Rede回答回数46ベストアンサー獲得回数02005/11/27 02:34:15

ポイント35pt

 すべて著作権法の問題になりますね。


1.

(1)

 「ほかのサイトに書かれている文章」というのが著作権法から見て、「著作物」に該当するかが問題となります。

 あなたの言う「文章」が、第2条と第10条~第13条までにひっかかるかどうか?

 ま、たぶん、著作権法でいう「著作物」に当たるんじゃないですか。「著作物」として認められない方が珍しいのです。


 しかし、先月、新聞の見出しが「著作物」にあたるかどうかを問われた裁判がありました。

 判決では、「思想又は感情を創作的に表現したもの」ではないとされたため、新聞の見出しは「著作物」にあたらないと解釈されて幕を閉じました。なんで蛇足のようにこのことを言及したかと言うと、これが3に関連するかと思われるからです(後述)。


(2)

 いったん話を戻すと、あなたが気になっている「文章」という「著作物」を引用するとなると、どうでしょうかね。。。

 著作権法にいう「引用」(32条)にあたるかが問題になってきます。

 「引用」にあたるかどうかは、3段目の朝日新聞社による解説見てもらえたらいいんだけれども、質・量などの3基準があると解釈されているんです。

 だから、「そのままの引用」が、転載先においてどのように扱われているかがポイント。

 コピペの方が多いな、という評価になったら著作権侵害になるよ。

 なお、「若干変えて利用する」というのは、著作権法112条3項に引っかかって、著作権侵害とみなされます。

 なお、私が書いた「侵害」というのは「違法」とお考え下さい。


(3)

 あと、「どれほどの罪になるか」ですね。質問を正すと、「どれほどの罰になるか」ですね。これについては、著作権法119条で、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金、またはこれらの併科になる、と書かれてますよ。


 以上、質問の1に対しては回答終わり。


 が、まあ、今回の話に限らず、一般に司法によって刑事罰を食らうなんて、国家のとる最終手段なんですよ。その前に、行政による紛争解決とか制裁とかがあるもんで、著作権法においても105条以下で、文化庁に設けられている紛争解決斡旋委員が乗り出してくるということです。


2. 次の「リンクを張る」ってのは何の権利侵害をしているんですかね?

 例えば、あるページに、リンク先の別ページのタイトルなんかが書かれてあるだけだと、2条にいう「思想または感情を創作的に表現」したものとは言えないため、ページタイトルは「著作物」とはみなされなさそう。

 だって、先に書いたように、新聞記事の見出しですら、「著作物」ではないっていうんだし。

 但し、個人的にはマナーではあると思いますが。


3. google newsについては、今まで類似の下級新判例は1に書いたやつ(2段目のURLのやつね)を参照。


 どうでしょうね。。。ややこしいですよ、これ。

 ア.

 記事の自動収集は、どちらかといえば著作権法クリアーしているんじゃないのか。だって、本質的には、単語を拾ってくるだけだから、そんな単語一言ぐらいで、著作権法に言う「著作物」と言えないから。


 イ.

 質問に言う「冒頭」って何かな?

 争点は、google newsが、新聞記事の見出しの「営利目的による無断の反復使用」で、「見出し」および、記事の一部まで載っているかだろうな。

 「見出し」の場合、2番目のURL先の事件で示されたように、民法の不法行為に行き着くんでしょう。しかし、著作権法ではない。

 だが、記事の一部はどうかね。著作権に、個人的には著作権法に形式的にはひっかかっているんじゃないかと思う。もっとも、ここは記事ごとのケースバイケースで判断せざるをえんだろうな。


 ウ

 「リンク」については、2の私が書いたところを見てください。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/06/news081.html

ITmedia�j���[�X�F�V�����o�����f�l�b�g���p�ɔ������߁@���앨���͍Ăєے�

 

http://www.asahi.com/policy/copyright.html

asahi.com : 著作権について

 ↑これは、著作権法にいう「著作物」の「引用」の意義について、判例を噛み砕いた説明をしたものです。


 あー長かった。

 あんまり知らん法律、見るもんじゃねーな。

id:maruyamatyou

1について 

引用文は掲載先の扱われ方によるそうですが 引用分をコピペしてそれに対してコメントしたり参考文としたりする扱いなら違法にはならなそうですね。

2 ”このサイトはリンクフリーです”と表記されているサイトってよく見ますが表記されていないものはダメなのかと思ってました。モラルの問題ということですか、、、

3 冒頭とは

http://news.google.co.jp/のように記事の最初の2,3行だけかかれてて全文はリンク先にかかれているつくりの2,3行だけかかれた文章のことです。これも記事タイトルと同じ扱いで合法なのですかねー。確かに検索エンジンサービスの延長といったらそれまでですがgoogle news って日経もスポーツNAVIもyahooもlivedoorもすべて網羅しているのでこのサービスって反則ですよねー。

長いご意見ありがとうございました。

2005/11/27 05:31:11

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません