賞与を支給する際の注意事項を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/30 20:04:57
  • 終了:--

回答(6件)

id:disseminatemoon No.1

disseminatemoon回答回数566ベストアンサー獲得回数72005/11/30 20:37:01

ポイント15pt

http://www.roumu.com/jouhou/ss980629.html

�ܗ^�x���͂��Y�ꂸ�ɁI

「賞与等支払届」というのを社会保険事務所に提出しなければならないのだそうです。

http://homepage2.nifty.com/hachiman/sub18.htm

�ܗ^�Ɠ��ʕی���

こちらにも詳しく書かれています。

特別保険料・というのを払わなければならないようです。

id:masanobuyo No.2

masanobuyo回答回数4617ベストアンサー獲得回数782005/11/30 20:37:47

ポイント15pt

http://biz.yahoo.co.jp/tax/info/personal/g-05-page.html

Yahoo!�ե����ʥ��� - �Ƕ����� - ����ħ�����࿦��

賞与は税金が高くなります。

また、役員賞与も注意しなくてはいけません。賞与以外で還元できる方法は無いか考えてみてください。福利厚生費など


参考URL: http://biz.yahoo.co.jp/tax/info/personal/g-05-page.html

id:tyousann No.3

tyousann回答回数1982ベストアンサー獲得回数542005/11/30 22:02:29

ポイント15pt

http://www.hatena.ne.jp/1133348697

人力検索はてな - 賞与を支給する際の注意事項を教えてください。

賞与は現金で渡せば喜ばれますよ。

お金の計算が大変ですが、金種などは銀行に任せましょう。

社保面等ではボーナス払いのほうが有利です。

id:sami624 No.4

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/11/30 22:43:48

ポイント15pt

http://www.m-net.ne.jp/~k-web/17taxs/tax170907.html

役員賞与も取締役会で「支給ナシ」にした場合

①取締役の場合は、雇用人(一般社員)部分については損金計上されますが、一般社員賞与額を超える部分は、役員賞与として課税扱いとなります。役付取締役の場合は、全額が損金計上されません。

②債務免除益の益金算入の問題があります。詳細は上記サイトの通りです。

③役員賞与を支払わないようにするため、役員報酬を頻繁に上下させた場合は、脱税行為とみなされる場合があります。

id:try100 No.5

try100回答回数467ベストアンサー獲得回数22005/11/30 22:55:14

ポイント15pt

http://media.jpc-sed.or.jp/jinji/468.html

残業代を、賞与時にまとめて支払っても問題はありませんか?

残業代などをまとめて払うと違法となります。

http://www.kaneko-j.com/qa1.htm

金子会計事務所/会社と役員の税務

あとこことか。

id:manekineko12 No.6

manekineko12回答回数224ベストアンサー獲得回数02005/11/30 23:33:28

ポイント15pt

http://www012.upp.so-net.ne.jp/osaka/hokenryoukeisan.htm

社会保険料の計算、控除、納付・社会保険料削減・大阪労務管理事務所

せっかくの1番目の方の回答に対して申し訳ないのですが、”賞与支払い届け”は、必要ですが、現在は、上記URLのように総報酬制になっているため、特別保険料は、廃止されています。

http://www012.upp.so-net.ne.jp/osaka/

大阪労務管理事務所(解雇、社会保険料削減、職場のトラブル解決)[大阪市北区、社労士]ホームページへようこそ

最初のURLは、この事務所の内容の一部です。


TOPを貼りなおしておきますので、ご参考になさってください。

よく書き込んであり、調べてあります。

賞与よりは、下記の項目が控除されます。


賞与より控除されるものは、以下の通りですが、児童手当拠出金に関しては全額会社負担で納付義務がありますので気をつけてください。


①社会保険料(健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料)


②源泉徴収税額(所得税)


③上記以外の控除項目(但し、労使協定に基づくものに限る)


以上、ご参考になれば幸いです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません