詩を探しています。「春にきれいな花を咲かせる植物は、つらい冬の間、大地に根を張り巡らせて(見えないところでもしっかり準備をして)春を待っているのだ。」というような意味の詩です。探してください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/11/30 21:08:15
  • 終了:--

回答(4件)

id:hanaap No.1

hanaap回答回数38ベストアンサー獲得回数02005/11/30 21:52:37

ポイント30pt

たんぽぽという歌の歌詞が近いように思ったのですが、違いますか?

id:bluescript

(1)の詩が雰囲気的には似ているのですが、

ちょっと違うようです。もうちょっと探してみます。ありがとうございました!

2005/11/30 22:56:47
id:dars No.2

dars回答回数23ベストアンサー獲得回数02005/11/30 22:13:13

ポイント30pt

詩というか、歌詞なのですが…。

私の住んでいる地域では、小学校の卒業式に歌ったりする「たんぽぽ」という歌の歌詞はいかがでしょうか?

id:bluescript

ありがとうございます。

土の中で…そんなかんじです。

もう少し…。

2005/11/30 22:58:37
id:palmstar No.3

palmstar回答回数45ベストアンサー獲得回数12005/11/30 23:51:08

ポイント30pt

それは、大正時代の天才詩人・金子みすずの「星とたんぽぽ」ではないでしょうか。

        

青いお空のそこふかく、

海のこいしのそのように、

夜がくるまでしずんでる、

昼のお星はめにみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ。

見えぬものでもあるんだよ。


ちってすがれたたんぽぽの、

かわらのすきに、だァまって、

春のくるまでかくれてる、

つよいその根はめにみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ。

見えぬものでもあるんだよ。

id:bluescript

求めている詩とは違いますが、これも1.2.の詩と同様にすばらしいですね。参考になります。

ありがとうございました。

難しい質問ですみません!

2005/11/30 23:56:57
id:cat222 No.4

cat222回答回数13ベストアンサー獲得回数02005/12/02 00:40:24

ポイント30pt

http://members.jcom.home.ne.jp/rieux2/snow_night.htm

�c�ӗ��G�Ɓw���̖��x

雪の夜


人はのぞみを喪っても生きつづけてゆくのだ。

見えない地図のどこかに

あるひはまた遠い歳月のかなたに

ほの紅い蕾を夢想して

凍てつく風の中に手をさしのべてゐる。

手は泥にまみれ

頭脳はただ忘却の日をつづけてゆくとも

身内を流れるほのかな血のぬくみをたのみ

冬の草のやうに生きてゐるのだ。


遠い残雪のやうな希みよ、光ってあれ。

たとへそれが何の光であらうとも

虚無の人をみちびく力とはなるであらう。

同じ地点に異なる星を仰ぐ者の

寂蓼とそして精神の自由のみ

俺が人間であったことを思ひ出させてくれるのだ。


花になぞらえて人の耐え忍ぶ様子がかかれています。植物が主語にはなっていませんがどうでしょうか。

id:bluescript

ありがとうございます。

求めていた詩とは違いますが、これも良いですね。

見つかりませんでしたが、他のすばらしい詩を紹介していただいたおかげでなんだかすっきりしました。

この辺で終了したいと思います。

ありがとうございました。

2005/12/02 21:03:22

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません