英文和訳の能力を上げたいと考えています。皆さんはどのようにしてこの能力を上げてきましたか?教えてください。

条件
1、一応、英文の素材は手元にたくさんあります。答えとなる和訳もついています。ただし解説のようなものはありません
2、年単位の長期計画ではなく、数ヶ月単位の短い間でそれなりの成果を出したい
3、具体的にその勉強法を実践してどのような成果を得たのかを教えていただけるとありがたいです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/05 01:11:11
  • 終了:--

回答(4件)

id:peachsound No.1

peachsound回答回数384ベストアンサー獲得回数112005/12/05 01:26:53

ポイント18pt

http://www.lushjapan.com/

トップページ - LUSH TIMES online

Book Review はどうでしょう^^


洋書を読み、感想を英文で書きます。

私の場合、考えを述べたり引用したりするのに

辞書や洋書を何度も読み返します。

毎週この宿題が出てうんざりはしているんだけど


・英文を躊躇なく読める

・使える構文がポンポン出てくる


というような、成果を感じています。

誰かに添削してもらえるとなお良いかと思いますよ^^

id:teisuke20

添削してくれる人がいればいっそうよさそうですね^^

2005/12/05 01:55:01
id:bebowrock No.2

bebowrock回答回数88ベストアンサー獲得回数02005/12/05 01:41:42

ポイント18pt

http://www.zkai.co.jp/high/juken/course01.asp

全コース一覧、機関誌|大学受験科|通信教育 高校コース|高校生・大学受験生|Z会・増進会出版社

英文和訳の勉強が難しいのは、問題集の模範解答を見ても、自分が出した解答が正解かどうかを判断することが難しい点にあると思います。


自分が出した解答でも正解なんじゃないの? とかって思っても、それを確認するすべがないからです。


私は、高校の時ですが、Z会の通信教育を使っていました。Z会であれば、短期間コースもありますし、自分が出した解答に対して、添削してくれるので、自分の出した解答のどこが間違っていたかを判断することができます。


具体的な成果ですが、私は第一志望に合格することができました。

id:teisuke20

z会ですか・・。しょせんは高校レベルですので(その高校レベルができているかわかりませんがww)もっと実践的なものがいいかもしれません。できないからこそ基本に戻るということも必要だと思いますが・・・・

2005/12/05 01:57:35
id:stylishidea No.3

stylishidea回答回数24ベストアンサー獲得回数12005/12/05 02:37:01

ポイント17pt

http://homepage1.nifty.com/inshi/

�@���m—Design your future with us.

このURLは自分が大学院受験の時に受講したサイトです。


このサイトを使うかどうかは別として、やはり自分の和訳を客観的に

評価する手段は必要かと思います。そのために、このような講座を

利用するか、せめて解説がある教材を利用するべきだと思っています。


自分の場合は、講座の受講と伊藤和夫氏の『英文解釈教室』(大学受験

参考書ではありますが、高いレベルの英文和訳能力を身につけるには

最適な教材かと思います)を併用し、英文の解釈が間違っていた部分に

ついては、該当の英文と解説を抜き出してノートにまとめました。


このノートを何度も見直して大学院入試に臨んだ結果、大学院に合格

することができました。もちろん英語の試験だけが合格の条件ではない

ので、成果そのものとは言いにくいかもしれませんが、合格の要因に

なったことは確かです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4327764124/ref=lm_lb_10...

Amazon.co.jp: 英文解釈教室: 本: 伊藤 和夫

id:matsunaga No.4

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872005/12/05 23:34:44

ポイント17pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777102440/

Amazon.co.jp: 幸福に通じるひそやかな道: 本: ジェームズ・アレン,松永 英明

外国語から日本語訳について、自分の場合は、


1)日本語での表現力に頼っているところがあります。ある程度外国語文の言いたいことがわかったら、日本語での文章力でカバー。


2)自分の得意な分野、すでにだいたい内容が把握できているジャンルの本を訳しまくる。たとえば、日本についてのガイドブックのようなものであれば、8割~9割は内容的に悩むことはないでしょうし、残りはある程度推測によって意味が理解できると思います。そこでどのように日本語で表現するかというところに集中してみるといいかもしれません。


3)断片的に効率よく集められた例文を多数訳すより、1冊なら1冊まるまる読み通すといいように思います。ただし、悪文や必要以上の美文の著者は避ける必要がありますが。


4)興味があるならひたすら海外ニュース翻訳なんてのもいいですね。3と関連しますが、文章のきれいなコラムニストなどは重宝すると思います。


和訳は結局日本語力がものを言いますから、良質な日本語の著者の文章を学ぶことも忘れないでくださいね。


上記URLは私がこの夏に入院中に訳した1冊です。一応成果ということで。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません