全国各地の厄年に関する行事などで変わったモノを探しています。

笑えるもの大歓迎です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/05 18:33:24
  • 終了:--

回答(8件)

id:kaminoitte No.1

kaminoitte回答回数254ベストアンサー獲得回数02005/12/05 18:48:22

ポイント14pt

http://www.kintetsu.co.jp/ensentokusyu/omaturiguide/omaturiguide...

海山道稲荷神社の狐の嫁入り神事|K's PLAZA

「狐の嫁入り神事」は豆まき厄払い行事の最大のよびもの

そんな神社に伝わる伝統行事は、氏子の年男・年女の中から選ばれた狐の面をかぶった男女のカップルが花婿役、花嫁役となり結婚式を行うという珍しいもの。

id:kaminoitte No.2

kaminoitte回答回数254ベストアンサー獲得回数02005/12/05 18:53:34

ポイント14pt

■厄払い鯉の放流の概要

 富山県庄川町の金屋地区では、毎年1月7日に鯉に酒を飲ませて放流する「厄払い鯉の放流」神事が行われる。まず厄年にあたる男女が、金屋神明宮で厄年祈祷の参拝をした後、同地区を流れる庄川の舟戸ダム河畔の水記念公園にある放流場へ向かう。

 放流場では参加者が鯉にお神酒を飲ませてから、一人ひとりが鯉に手を触れて厄を鯉に託して放流。1年間の健康と安全を祈願する。この珍しい神事を一目見ようと、県内外から毎年観光客やカメラマンが大勢訪れる。


■鯉の放流の由来

 鯉に酒を飲ませて川に放流する神事は、全国に例のない奇祭とされている。その起源は文化13年(1816)3月26日の金屋神明宮の遷宮祭にまでさかのぼる。神前に鯉を供えたところ、長時間にわたる神事が終了しても鯉が生きていた。そこでこの鯉の生命力にあやかると共に、身の厄を託して、お神酒を飲ませて庄川に放流した。これが「厄払い鯉の放流」の始まりと言われる。その後、明治の初めごろから放流日を1月7日に変更して実施されているが、昭和58年からは女子も加わるようになった。また、鯉は‘庄川の主’あるいは‘神の化身’として、地元で昔から崇められてきた魚である。


すいません。さっきの厄年の行事じゃなかったです。勘違いしてました。変わりにこれを。

id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/12/05 18:55:16

ポイント14pt

http://cherrypink.exblog.jp/1563083/

ちぇりぃなイチニチ。 : 。・:*:・゚★,。・:*:・゚♪☆LOVE褌LOVE('∇^*)☆♪。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

新潟県能生町に伝わる「裸胴上げ」。

観音堂に参詣に来る厄年の人を捕まえて

フンドシいっちょの男達が胴上げ、

というか天井めがけて放り上げてしまうという、

厄年早々ケガさせられたらどうすんだっ、

と言いたくなりそうな荒っぽい行事です。

300年の歴史があるそうです。

id:jyouseki No.4

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382005/12/05 18:59:41

ポイント14pt

http://asobiba.jp/news/02/027900.htm

【レポ】佐野厄除け大師 厄払いの護摩がスゴイ

栃木県佐野市にある佐野厄除け大師の厄払いの炎がすごいそうです。

id:yorunosakana No.5

yorunosakana回答回数15ベストアンサー獲得回数02005/12/05 19:01:08

ポイント14pt

長野県では小正月の火祭りに厄年の人がみかんなどを投げて,拾った人に厄を分担してもらうしきたりがあるそうです。

松本市などではうろこ模様の着物を身につけると良いとされているそうです。

他にも色々あるみたいです。

http://wadaphoto.jp/maturi/nakata1.htm

中田裸祭り(祭褌)

中田大国霊神社では、厄年の裸の男達が集まる裸踊りがあるそうです。

id:hanamiyabi No.6

hanamiyabi回答回数2359ベストアンサー獲得回数12005/12/05 20:44:40

ポイント14pt

三河地方のイベント

id:gara_cp No.7

がら回答回数458ベストアンサー獲得回数182005/12/06 10:51:04

ポイント13pt

岩手県一関市大東町大原には

厄除け祈願の男性に

真冬なのに水をかける

「水かけまつり」があります

岩手では「厄払い」のことを

「年祝い」ともいい

職場や同級会でお祝いをします

同級会の場合

女性の大厄のときは男性が

男性の大厄のときは女性が料金持ちで

宴会をします

大抵1月~3月に開かれ

岩手の温泉旅館には

上記URLのような年祝いパックも存在します

その際厄を落とすということで

大きなたわしで厄年の人の体をこすってあげるという風習もあります

盛岡の古くからある荒物屋(金物屋)さんには

店頭に厄落し用の大たわしが売っています

上から3枚目人の顔ほどの大きさです

まあ実際に売れる数は少ないので

ディスプレー効果の方が大きいのですが(笑)

id:yukikun1033 No.8

yukikun1033回答回数154ベストアンサー獲得回数02005/12/07 18:05:21

ポイント13pt

けっこう笑えますよ。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません