<200P 防災の市場規模について>防災商品の市場規模について調べています。市場規模、市場伸張の予測について掲載されているHP希望です。推測などはポイント対象の除外とします。ズバリの回答には200P差し上げます。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/12 13:31:03
  • 終了:--

回答(2件)

id:den666 No.1

den666回答回数323ベストアンサー獲得回数12005/12/12 13:42:30

ポイント30pt

2002年で推定5587億円だそうです。

また、関連企業の一覧も掲載されています。

id:doraichi

これ、防犯くくった市場規模なので、質問とすこし違います。防災オンリーで載せてるもの希望です。

2005/12/12 14:51:54
id:popoya No.2

Sunday 写楽回答回数145ベストアンサー獲得回数12005/12/12 23:54:22

ポイント170pt

http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press00.html

富士経済グループ:プレスリリース

「防災商品」のカテゴリーに何を含むかによって市場規模が全然違ってきますので、一発回答のような調査データは難しいのではないでしょうか。

防災関連と思われる商品やサービスの市場規模データを個別に調べて積み上げていく作業が必要になりますが、参考になるのが「富士経済」の市場調査レポートです。例えば、次のようなデータが公開されています。

■ミネラルウオーターをはじめとする清涼飲料水市場

2005年:全体で5兆2000億円、内 ミネラルウオーターその他1兆円強。

■電池関連市場

一次電池(通常タイプ)2004年:327億個 7442億円→2006年:355億個 7475億円(予測)

二次電池(蓄電タイプ)2004年:40億個 1兆9,389億円→2006年:45億個 1兆8,963億円(予測)

■生活用品関連73市場

●アウトドア用品(バーベキューコンロほか)

2004年:273億円/2006年には274億円(予測)

http://www.bousai.go.jp/

�h�Џ����̃y�[�W

質問の趣旨からは外れますが、市場全体の規模を別の角度から把握する資料としては、地震・水害等の災害に関する政府の各種データも参考になると思います。内閣府HP:上記URLに防災情報ページがあり、防災に関するさまざまな公式データが公開されています。


例えば「■災害関係データ>■年度別防災関係予算額」をみると

■「災害予防」に関する予算額は、昭和37年度88億6400万円が、平成13年には1兆円超にまで増額されれています。

■同じく「災害復旧等」関する予算額は、昭和37年度1000億円が、平成13年には6000億円となっており、政府の基本方針が「災害予防」重視に転換していく歴史的な経緯が予算配分から浮かび上がってきます。

「平成17年版:防災白書」の概要

上記のように、防災関係予算が「予防」に重点的に配備されていく背景には、大地震への備えが急務という政府の判断があります。

■首都直下型地震が発生した場合、死者数:約1万1千人 建物全壊棟数:約85万棟 経済被害:約112兆円(国家予算の約1.4倍)という数字が紹介されています。

id:doraichi

ありがとうございます。ご指摘のように、「防災市場」の定義があいまいでした。富士経済は良いページ教えていただきました。あと、官公庁のデータも使わせていただきます。

2005/12/13 09:10:00

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません