蕎麦や、蕎麦打ちなどで生まれた慣用句、ことわざ、言い回しなどの、意味・語源・由来を教えてください。そのものでなくても、広い意味で当てはまるものでも結構です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/15 02:49:47
  • 終了:--

回答(6件)

id:TomCat No.1

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/12/15 03:18:52

ポイント15pt

http://gogen-allguide.com/so/sobakasu.html

雀斑(そばかす) - 語源由来辞典

ベタですが、「そばかす」。

皮膚表面に現れる、メラノサイトの亢進による

斑点状の色素沈着です。


語源は、もうソバそのもの。

肌の斑点がソバ殻に似て見えるところから、

蕎麦の滓で「そばかす」です。

既に江戸時代にはこの言葉が見られるそうです。

id:komasafarina No.2

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/12/15 05:08:10

ポイント15pt

http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2004/11/post_13.html

落語のあらすじ 千字寄席   : 時そば(ときそば)/落語

「時蕎麦」という有名な古典落語です。

id:komasafarina No.3

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/12/15 05:22:01

ポイント15pt

蕎麦屋の名前に「○○庵」という店名が多い理由の解説です。


「年越し蕎麦」の起源と由来です。


http://www.nichimen.or.jp//yonda/14.html

読んだそばから…第14回 池波正太郎『梅安晦日蕎麦』より “年越しそば”

年越しそばは「歳取りそば」「大年そば」「おおつごもりそば」「除夜そば」などとも呼ばれ、全国的な風習となっている。その由来には、細く長くて縁起がいいから食べるという説や、逆に切れやすいことから旧年の苦労や厄災をきれいさっぱり切り捨てようと食べるという説、金銀細工師が散らかった金粉を寄せるのにそば粉を使っていたため、金を集めるという縁起で始まったという説など多々ある。由来の真偽はともかく、大みそかにそばを食べることは身体から自然にわき出る行為といえよう。

http://www10.ocn.ne.jp/~sobakiri/onihei/onihei-1.html

鬼平犯科帳と蕎麦 そば屋 江戸・中期の食文化 池波正太郎と蕎麦

(附録)

藪ソバ、更級ソバなど

藪ソバ

更科ソバ

id:amanehento No.4

amanehento回答回数84ベストアンサー獲得回数02005/12/15 08:12:30

ポイント15pt

「蕎麦と坊主は田舎がよい」

そばもお坊さんも都会からは良いもの(人)がでない。田舎での私を先生が褒めてくれた時の言葉です。

URLにはほかにも紹介されています。

id:mayonaka23 No.5

mayonaka23回答回数343ベストアンサー獲得回数02005/12/15 10:19:46

ポイント15pt

「そば屋の湯桶」

「そばで首をくくる」

「紺屋のあさって、そば屋のただ今」

など^^

id:impetigo No.6

impetigo回答回数2545ベストアンサー獲得回数82005/12/15 19:36:24

ポイント15pt

蕎麦は「手繰る」。江戸っ子はそばつゆをちょっしかつけないで食べるのが粋!でも、ある落語で臨終の江戸っ子が「あぁ~一度でいいから、たれをどっぷりつけて食べたかったなぁ~」なんてのもありますな。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません