特定口座(源泉あり)を利用して、株式を売却した場合は、年内中の扱いにするのは、約定日ベースOR受渡日ベースどちらでしょうか?

宜しくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/19 05:45:42
  • 終了:--

回答(3件)

id:nontan2005 No.1

nontan2005回答回数492ベストアンサー獲得回数242005/12/19 06:47:05

ポイント15pt

http://kabukan.hp.infoseek.co.jp/help/howto_exec2.html

�g�p���@ �i���������j

私も勉強中なので、良く分かってないのですが上記ページに、約定日、受け渡し日に関連する事が出ていますので見てみて下さい。

画面の一番したの「確定申告支援の利用方法」という項目あたりです。

id:kokusan007

早速の回答ありがとうございます。難しいですね。

2005/12/19 06:56:47
id:newmemo No.2

newmemo回答回数1458ベストアンサー獲得回数2612005/12/19 12:04:45

ポイント30pt

日付の基準は一般的には受渡日となっていて、約定日とすることも出来るようです。但し、特定口座では受渡日となっています。年内の取引とするには、受渡(日)も本年中にしなくてはなりません。


こちらのサイトの一番下に上がっています、次の文をクリックします。

> 特定口座・新証券税制Q&A ~確定申告/譲渡益課税~


> 確定申告は、いつからいつまでの譲渡損益について行うのですか?


> なお、株式等の譲渡益計算を行なう場合、日付の基準は一般的に受渡日とされていますが、約定日とすることも可能ですので、詳細につきましては所轄の税務署にご確認ください。特定口座においては、受渡日をベースとして譲渡損益を計算されます。

> Q8 課税対象は、いつからいつまでの間の所得?

> なお、株式等の譲渡益計算を行う場合、日付の基準は一般に受渡日とされていますが、約定日とすることも可能です。

ただし、特定口座においては、受渡日をベースとして計算されます。

http://www.tokaitokyo.co.jp/main/service/tokutei.html

東海東京証券:サービス案内:特定口座のしくみ

下の方の次の項目に書かれています。


>> 特定口座に関するご留意点

> 特定口座における売買損益の計算、税額計算は受渡日を基準に行います。

id:kokusan007

詳細な回答ありがとうございます。一般口座では別なんですね。

2005/12/20 21:53:45
id:gentle-smile No.3

gentle-smile回答回数206ベストアンサー獲得回数62005/12/19 14:37:22

ポイント15pt

税制上、受渡がベースとなります。従いまして、12月30日(大納会)が受渡となる譲渡分が平成17年内分となります。平成17年の場合は、12月27日約定(12月末権利付き銘柄は12月26日約定)です。なお、確定申告をすることにより、約定日ベースとすることも可能ですが、詳細につきましては所轄の税務署にご確認ください。

となっておりました。

id:kokusan007

ありがとうございます。

2005/12/20 21:54:42

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません