知人が地元限定のタウン誌のようなものか、

地元に特化した情報誌の作成を考えているようです。
こういったジャンルで収入を得ようとした場合、
いわゆる出版社と言う形で、法人を設立しなくてはいけないのでしょうか。
また、実際に出版することが困難な場合には、
ネットを通じてこうしたタウン情報等を発信するサイトを検討しているようなのですが、
この場合の法的な制限や業界における制限等はありますでしょうか。

こうしたジャンルでネット運営した場合の主な収入源等についても、
詳しい情報等頂けましたら幸いです。

宜しくお願い致します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/20 14:08:04
  • 終了:--

回答(4件)

id:den666 No.1

den666回答回数323ベストアンサー獲得回数12005/12/20 14:20:26

ポイント17pt

http://www.hotpepper.jp/

お得なクーポングルメサイト!ホットペッパー.jp(hotpepper.jp)

主な収入源は広告代金になります。

http://www.isbn-center.jp/shutoku/index.html

図書コード取得のご案内

流通・販売するには雑誌コードが必要です。

フリぺなら不用です。

id:kamo-kamo

早速のご回答ありがとうございます。

なるほど、広告収入ですね。

サイトで運営した場合には、

閲覧者が多いサイトに育てれば広告主も納得して

広告代金を払ってくれるという考え方で良いでしょうか。

流通販売というのは、書籍として発行した場合ということでしょうか。

なるほど、細かい縛りがあるのですね。

勉強になります。

フリペというのは、書籍自体に対価としての料金を設けず、

無料で配布する場合という考え方でよいでしょうか。

また詳しい情報等ございましたら、宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

2005/12/20 14:33:59
id:Baku7770 No.2

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812005/12/20 14:39:08

ポイント17pt

http://www.n-i-c.or.jp/link/riclist.html

地域情報支援機関(情報センター)ホームページ一覧

 法的には法人にする必要はないと言えますが、現実問題として法人にされた方がいいでしょう。


 もし、「広告主になってください」と挨拶にこられたとして、個人名の名刺を渡されて広告出しますか?


 そういった観点でまず法人化を検討してください。


 次にこういった創業のアドバイザーとして地域情報センターがあります。(URL参照)


 ご質問内容の他に公的資金融資などの情報も握っていますので連絡されてみてはどうですか?

id:kamo-kamo

貴重な情報、ありがとうござます。

広告主への営業の件、私も同感です。

いわゆる権利能力無き社団として、

サークルのようなものに所属する個人と言う形でも、

営業は可能かもしれませんが、信用はされないと思います。

サイト運営を前提とした場合は、

広告主への絵異常の際に与える心象はどうでしょうか。

●○サイト・運営責任者

×田 △朗 

と言った感じです。

・・・いずれにしても、法人化はした方がよいかも知れません。

2005/12/20 14:52:14
id:tyousann No.3

tyousann回答回数1982ベストアンサー獲得回数542005/12/20 14:40:21

ポイント18pt

http://www.tax-navi.com/kokuzei/syotoku/kojinjigyounushi.html

【税金ナビ】 個人事業主に関する税金

お話の限りでは特別に法的な制限や法人化はまったく必要ないかと思われます。

当面は個人事業主で十分でしょう。

法的な制限や免許も必要ないかと思われます。(特殊な事業分野を会う買うのでなければ)

ただし、いっぱい儲かってくれば税金の面とかで考えて法人化したほうがいい場合があります。

あと、対外的な取引や、不動産の登記などを法人の取引として行いたいのであれば法人かもありですが、まずは最初から無理をして法人化のリスクを負うほどの必要性はないかと思います。

id:kamo-kamo

心強いご回答、ありがとうございます。

仮にサイトの運営だとしても、

知人は当初から収入を得ようと躍起になってますが、

私個人としては、最初のうちは信用を得るためにも

まずはネットで集客効果が上がるまで堪えて、

ある程度コンスタントに閲覧者が増え、安定してきてからの

営業でも良いのではないかと思っていたりもします。

個人事業主としてローコストで出版なりサイト運営が出来るならば、

それはすばらしいことだと思います。

ありがとうございました。

2005/12/20 14:56:12
id:TomCat No.4

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/12/20 15:20:26

ポイント18pt

まず原則として、どのような収益事業でも、

許認可や取り引きの関係で個人では難しいものを除けば、

特に法人でなければならないという決まりはありません。


出版事業の場合、取次を通して全国展開しようとすると、

ちょっと個人では難しくなってきそうですが、

地域限定展開で一般の店舗などから配布、といった形態なら、

要は地元の商工業者とのつながりが基本ですから、

これは法人だろうが個人だろうが、

地元への貢献度がどれだけアピールでき、

そしてそれがどれだけ理解されるかが勝負、

ということになってきます。


もっとも法人を設立すると、税金の面で得になったり、

補助金の類が受けやすくなる、ということはあるでしょうが、

事業内容が情報誌の発行だけならば、

このへんはあまり関係は無さそうです。


収入源は、原則として広告収入、ということになってきます。

つまり情報誌は広告媒体、という位置づけですが、

純粋な広告枠による広告募集と共に、

企画記事と組み合わせたタイアップ広告の募集などで

効果を上げていくという手法も考慮していくといいでしょう。


ネットにおけるタウン情報サイトの注意点は、

公的情報の取り扱いでしょう。


ネット上のサイトでは、コンテンツの数を稼ぎたい、

サイトの信頼感を上げたいなどの理由から、

どうしても自治体や地元各種団体などの情報を

たくさん取り扱っていきたくなるものですが、

公的な情報源からの引用や転載は、

無許可で行うとまずい場合が多々あります。


特に非営利の公益活動を営利事業者が利用する、

という形になるのは嫌われますよね。


やはりここでも、地元への貢献度がどれだけアピールできるか、

そしてそれがどれだけ理解されるかで、

相手方の対応は全く変わってきます。


そんなわけで、以上様々なことを考慮すると、

必要なもの地域とのつながり。これひとつですから、

まずは法人になるにせよ個人でやるにせよ、

地元商工会とのつながりを持っていくこと。

これが欠かせない要件となってくるでしょう。


商工会は個人でも参加できます。

事業実績半年以上などの縛りがある所もありますが、

とりあえず、まずは地元商工会に加入して、

そこから人脈を築いていくというのがお勧めです。


予めつながりのある事業者に対してなら、

名刺の肩書きによる信頼感の演出などは不要です。

id:kamo-kamo

すばらしいコメントありがとうございます。

とても参考になりました。

商工会には個人でも出入りできるのでしょうか。

地元密着で頑張るつもりのようなので、

まずが、そういったコネクションも必要になるということですね。

名刺の件もありがとうございます。

心情として合点がいきました。

ご回答、ありがとうございました。

2005/12/24 21:01:19

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません