不動産鑑定士という資格があります。

試験制度が変わったとの事ですが、
イマイチよく分かりません。

どこがどのように変更になったのかではなくて、
現在の不動産鑑定士試験はこうである、
という分かりやすい説明のされているサイト等を教えて頂けたら幸いです。

また、試験対策についてのコミュニティサイト等も
併せて教えて頂けたら幸甚です。

資格についての一般的な意見等も歓迎です。

どうぞ宜しくお願い致します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/20 21:56:49
  • 終了:--

回答(3件)

id:numak No.1

numak回答回数1941ベストアンサー獲得回数62005/12/20 22:14:05

ポイント20pt

http://www.fudousan-kanteishi.or.jp/

社団法人日本不動産鑑定協会

不動産鑑定士協会のサイトです。

インフォメーションから、

不動産鑑定士の情報が得られます。

http://kanteisi.putilife.net/

不動産鑑定士試験合格ネット

不動産鑑定士に関する情報サイトです。

id:kamo-kamo

ご回答ありがとうございます。

参考に致します。

2005/12/20 22:14:59
id:jyouseki No.2

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382005/12/20 22:21:30

ポイント20pt

http://www5b.biglobe.ne.jp/~hb-use/

不動産鑑定士試験完全克服研究所

こちらはコミュニティサイトがあります。

http://allabout.co.jp/study/cqualification/closeup/CU20050330A/i...

人気・難関資格「不動産鑑定士」が受けやすくなる? 「不動産鑑定士」新試験を目指せ - [仕事に活かせる資格]All About

こちらもお役に立てそうです。

id:kamo-kamo

ご回答ありがとうございます。

参考に致します。

2005/12/20 23:12:09
id:KIKOlove No.3

KIKOlove回答回数210ベストアンサー獲得回数12005/12/21 03:17:20

ポイント20pt

http://law.e-gov.go.jp/fs/cgi-bin/strsearch.cgi

法令データ提供システム

根拠法律


不動産の鑑定評価に関する法律

(昭和三十八年七月十六日法律第百五十二号)

(目的)

第一条

 この法律は、不動産の鑑定評価に関し、不動産鑑定士等の資格及び不動産鑑定業について必要な事項を定め、もつて土地等の適正な価格の形成に資することを目的とする。


(定義)

第二条

 この法律において「不動産の鑑定評価」とは、不動産(土地若しくは建物又はこれらに関する所有権以外の権利をいう。以下同じ。)の経済価値を判定し、その結果を価額に表示することをいう。

2 この法律において「不動産鑑定業」とは、自ら行うと他人を使用して行うとを問わず、他人の求めに応じ報酬を得て、不動産の鑑定評価を業として行うことをいう。

3 この法律において「不動産鑑定業者」とは、第二十四条の規定による登録を受けた者をいう。

第二章 不動産鑑定士及び不動産鑑定士補

第一節 総則

(不動産鑑定士等の業務)

第二条の二

 不動産鑑定士及び不動産鑑定士補は、不動産の鑑定評価を行う。

2 不動産鑑定士又は不動産鑑定士補は、それぞれ不動産鑑定士又は不動産鑑定士補の名称を用いて、不動産の客観的価値に作用する諸要因に関して調査若しくは分析を行い、又は不動産の利用、取引若しくは投資に関する相談に応じることを業とすることができる。ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項については、この限りでない。


法律に基づく省令


不動産の鑑定評価に関する法律施行規則

(昭和三十九年三月二十八日建設省令第九号)


なお、友人に自分で事務所を持つ不動産鑑定士がいますが、まともな鑑定をしようとすると非常に仕事が大変だとのことで、徹夜仕事になることも多いようです。また、収入は増えるかもしれないが経費もかさむので実質的には過剰な実入りを期待できないようでもあります。

一方で安易に鑑定しようとする鑑定士もいるにはいるようです。


今、元一級建築士が行ったことがニュースで話題になっていますが、だいたいの「士業」に共通することとして、その仕事に誇りをもってやることとお金が稼げることとは相反する場合が珍しくはないと思います。営業を活発にして顧客が増えれば稼ぎもよくなるでしょうが、仕事が雑になる可能性も否定できません。かといって概ね「依頼された仕事を断ることはできない」となっているかと思いますので、実際に仕事をするとなると難しい局面に立たされることも多いでしょう。

id:kamo-kamo

ご回答ありがとうございます。

参考に致します。

2005/12/27 12:09:59

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません