すいません。コピペなんですが。どうしても教えていただきたく再度書かせていただきます。


*******質問内容

→リンクは1クリックで別サイトに飛びますので、見た人からすると似たようなテイストのページである場合(相手が公式を真似て作った場合)、どこまでがファンサイトで、どこからが公式サイトが判別しづらい部分があります。※これをなんとかしたいです。

リンクをされたくないのではなく、リンクをしてくるサイトが無許可で弊社サイトのデザインを模倣し、無許可でリンクをしてくるため、弊社サイトなのか、個人の勝手サイトなのかの区別すらつきにくくなって困っているという問題です。何か、手段や、参考事例ないでしょうか?教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/22 10:27:53
  • 終了:--

回答(4件)

id:cooper0524 No.1

cooper0524回答回数296ベストアンサー獲得回数42005/12/22 10:40:28

ポイント25pt

http://www.tohoho-web.com/lng/g200006/00060048.htm

デザインやソースコードや事実の著作権

デザインに関しては著作権の主張は難しいようなので、サイトのトップに「本サイトは○○公式サイトです。似たサイトがありますのでご注意ください」といったような文書を掲載しておくと良いのではないでしょうか。他サイトで「○○公式サイト」は主張できませんから。

id:chata420

大変参考になりますがビジネス的には主張できないように思われます。特許はそのためのものだと思うからです。

2005/12/22 12:01:25
id:komorebi No.2

komorebi回答回数133ベストアンサー獲得回数82005/12/22 10:53:13

ポイント25pt

Webディレクターです。

まず、自サイトに「○○○サイトについて」や「ポリシー」系のページをサブコンテンツとして設け、

そこにリンクについての内容を記載してはどうでしょうか?

つまり、「弊社サイトデザインを模倣と判断した非リンクはお断りしております」など・・・。


しかし、インターネットは、ハイパーリンク(リンク)があってこそですので、リンクがもらえない、もらえなくなるのは致命的です。まして「無許可で」というのは、どうすることも出来ません。

出来るとすれば、ポリシーとして非リンクについてどう対処するのか掲げたり、注意を促すことくらいしか出来ないかもしれません。


デザイン面からすると、Webサイトのデザインも知的財産権になります。

どの程度模倣されているかもよりますが、明らかに模倣している非リンクサイトに対しては、訴訟という方法もあります。

以前、某サイトは医療関連の個人サイトにデザインをパクられ、訴訟問題にも発展した・・・なんていうももあります。


相手のドメインなどをチェックすれば、ドメイン所有者の情報は手に入りますし、サーバーからも情報は入手できるかと思います。

id:chata420

訴訟の結果はどうなんでしょうか?仮に提訴側の勝訴というのであれば、法的に有利とは思いますが、あくまでもひとつの手段的なものですね。実例はないでしょうか?

2005/12/22 14:46:12
id:asakura-t No.3

浅倉卓司回答回数151ベストアンサー獲得回数22005/12/22 16:52:41

ポイント25pt

http://it.nikkei.co.jp/security/news/index.aspx?i=2005112802667c...

ヤフー偽ニュース事件、著作権法違反容疑で男逮捕・警視庁 セキュリティー-最新ニュース:IT-PLUS

 Yahoo!の偽ニュースを作った人は逮捕されていますので、同じ程度類似性を指摘できれば著作権違反で訴えることはできるのではないかと。

 おそらくロゴなどは著作権や商標権などで守られると思いますので(Yahoo!の事件ではここが問題になっているように読めますし)、目立つ位置にロゴマークを表示するようにすれば良いのではないでしょうか。

id:chata420

なるほど参考になります。

2005/12/24 01:01:04
id:yukimasa_2k No.4

yukimasa(仮)回答回数37ベストアンサー獲得回数02005/12/27 23:29:03

ポイント25pt

手段はあまり思いつきませんが。

HTMLを暗号化するツールなどを使ってデザインを盗まれないようにすれば良いんじゃないでしょうか。

素人の戯言ですが。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません